知ってるつもりになってない?SPF、PA...UVケアの常識

公開 

EXPERT エステサロンオーナー・美容家・美容ライター

寒川あゆみ (33歳)

3 3

これから春夏に向けて、紫外線が気になる季節ですね。
「春や夏になったら美白!」「レジャーに行く時だけUV!」これでは日焼け予防の意味がありません。
日々、年中、紫外線を浴びていますし、日常生活からジワジワと日焼けしています。
しっかり日焼け止めの意味を理解して活用しましょう。

■紫外線からお肌を守るために、年中お肌を乾燥させないこと。

お肌が乾燥していたり、バリア機能が低下することで、お肌の表面が荒れた状態になり、肌の内部へと紫外線の影響をより多く受けやすくなってしまうことでシミやくすみの原因となります。

春先の花粉がお肌に付着したままやアレルギーを起こし肌がガサガサ、ブツブツをそのまま放置してしまったり、汗をかいてるからと言って油断は禁物。意外とエアコンなどの冷気や、汗によってお肌内部は乾燥しています。

シミやくすみを起こさないようにも、お肌のバリア機能を守るためにもしっかり保湿ケアを心がけましょう。

肌の内部には長年浴び続けた紫外線によるダメージがたくさん潜んでおり、数年かけて少しずつ蓄積し、表面に出てきて、気付けばシミ、くすみとなります。
それらをお肌の中に溜め込まないためにも保湿は大切なのです。

■紫外線A波とB波の違い

紫外線A波(UVA)とは肌の奥深く真皮まで届く紫外線。

紫外線A波に長く当たることで、肌内部に活性酸素を作り出し、DNAを傷つけコラーゲンやエラスチンを破壊することによって、「シワ・たるみ」などの肌老化を招きます。
窓ガラスや雲も突き抜けるため、曇りの日や室内でも注意が必要です。


紫外線B波(UVB)とは肌表面が赤くなる炎症を起こす紫外線。

紫外線B波を浴び、肌表面に発生した活性酸素は、紫外線を浴びなくても過剰にメラニン色素をつくり、色素沈着となり「シミ・そばかす」を招きます。別名「レジャー紫外線」とも言われています。

年間を通して、紫外線A波もB波も両方放出されています。

■日焼け止めに書いてるSPFの意味とは?

SPFとはサンプロテクションファクターの略。

主に、UV-B (紫外線B波)の防止効果があり、数字が大きいほど効果が高くなります。

SPF10〜SPF50などありますが、SPF30だからと言って30時間効果があるわけではありません。

紫外線に当たり出してから日焼けするまで、(ぼわっと赤い斑点が出て炎症している状態)個人差はありますが、約15分~20分と言われています。

例えばSPF30なら、30倍遅らせることが出来るという意味です。

日焼け止めを塗ったからといって100%防げているわけではなく、日焼けによるダメージを軽減しているということであり、SPFとは時間ではなく防御力なのです。

■日焼け止めに書いてるPAの意味とは?

PAとはプロテクショングレイドオブ UVAの略。

主に、UV-A (紫外線A波)の防止効果があり、表記されている+の多さがUV-Aに対する効果の高さを示します。

++++ 極めて高い効果がある
 +++ 非常に効果がある
  ++ かなり効果がある
   + 効果がある

■日焼け止めの選び方

日常生活ではSPF20〜30、PA++
レジャーに行く時はSPF50、PA++++

といった選び方が理想。
「日焼け止めだし、これでいっか」と、なんとなく購入するのではなく、日常生活レベルなのか、レジャーレベルなのかをしっかり考えて、それに合ったSPFやPAの日焼け止めを購入しましょう。
レジャーなどの場合は出来るだけこまめに塗り直すのがベストです。メイクをしている場合はスブレータイプの日焼け止めを上から振るのも良いです。

■日焼け止めの量と塗り方 〜お顔〜

私が使用している日焼け止めはクリームタイプのものなのですが、
お顔に塗る際は、パール一つ分くらいの量を目安にスキンケアの後に塗ります。

(1)お顔全体にまず、ポンポンと置きます。ポイントは高い位置に乗せること。
日焼けはお顔の高い位置である、お鼻や頬から焼けやすいので、その部分は少し多めに乗せます。

(2)お顔の中心から外側(あご〜フェイスライン〜首、鼻〜耳の付け根、目元〜こめかみ、眉上〜生え際)と外へ広げるように伸ばしていきます。
目の周りの際や小鼻などの細かいところや首も忘れないように塗ってくださいね。

(3)伸ばすだけだと日焼け止めの白い色が残りやすいので、手のひらで優しく押すようになじませましょう。

■日焼け止めの量と塗り方 〜身体〜

(1)手〜肘、肘〜肩にかけて関節を一つの目安とし、表面と裏面で分けて塗るようにしましょう。
他の場所も同じように(ひざ下、ひざ上の表面、裏面など)部分分けをして塗りましょう。

(2)お顔と同じようにしっかり伸ばしてから手のひらで優しく押すようになじませ、身体のパーツはお顔に比べて面積が広いので2,3回に分けて日焼け止めを重ねて塗るようにしましょう。

現役エステティシャンが教える「覚えておきたい!美容の知識」 の記事

コメント (1)

コメントを書く

EXPERT
しゅん

おでこの髪の生え際とか、まぶた、耳の上、地肌など、つい塗り忘れてしまいそうな部分ほど紫外線が当たりやすく、うっかり焼けしてしまいがち。皆さんも気をつけてくださいねヽ(´o`;

2017-03-29 00:47

4 4

この記事をシェアしよう!

寒川あゆみさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

夏のダメージをリセット!秋の乾燥肌から守るスキンケア法

夏のダメージをリセット!秋の乾燥肌から守るスキンケア法

夏の間に浴び続けた紫外線のダメージ、気温や温度調整のためにエアコンに当たりっぱなしといった外的刺激が続いたことで季節が変わり疲れたような肌の色になっていたり、乾燥しやすくなります。 これから迎える秋に向けてできる、乾燥肌予防スキンケア法を取り入れてみませんか? [»続きを読む]

アレを掃除して美容運気をアップする3つの方法

アレを掃除して美容運気をアップする3つの方法

お肌の見た目も気になるし、恋愛もイマイチ...という女性ならではのお悩みを感じている方、もしかして、◯◯の掃除を見落としていませんか? 美意識が高く、女性らしさをキープし、ライフスタイルを充実させている女性が意識していることとは? [»続きを読む]

印象−5才! 首&デコルテのもたつきスッキリ マッサージ法

印象−5才! 首&デコルテのもたつきスッキリ マッサージ法

忘れられがちなデコルテやお首は意外にも年齢が表れやすい場所。 「モタっとしたお首」と「スッキリしたお首」では全然印象が違います。 お首がすっきりしているだけであごがシャープに見えたり、お顔が小さく見えたりして若々しく見えます。 今回は、すっきりしたデコルテとお首を作るマ [»続きを読む]

5分で鼻高? 鼻をスッキリ高く見せる!お風呂でのマッサージ

5分で鼻高? 鼻をスッキリ高く見せる!お風呂でのマッサージ

「もう少しだけ鼻がスッキリ高くならないかな?」そんなことを思ったことありませんか?日本人は西洋人に比べてお顔の彫りが浅く、鼻が低い印象です。 しかし、生まれ持った顔立ちのせいだけでなく、お顔や鼻周りがむくむことで、さらに鼻が低く見えてしまっている可能性も! 今回は、むくみ [»続きを読む]

「良い汗」かけてる? お肌や美容に良い汗のかき方

「良い汗」かけてる? お肌や美容に良い汗のかき方

身体にとってもお肌にとってもキーポイントとなるのが「汗」。 汗は、体温調節をするだけではなく、肌を良いコンディションに保ったり、身体の内側に溜まった老廃物を排泄したりと、さまざまな役割を担っています。 その汗には「良い汗」と「悪い汗」があることを知っていますか? できる [»続きを読む]

美白・シミくすみ対策の新着記事

デイリーに使いたい! 白肌エフェクト&大気汚染から守る日焼け止めがビオレUVから登場

デイリーに使いたい! 白肌エフェクト&大気汚染から守る日焼け止めがビオレUVから登場

光拡散効果で肌トーンアップをしながら、チリや花粉・PM2.5などの微粒子から肌を守る日焼け止めがビオレUV アクアリッチのラインナップに新たにin! 花王独自の微粒子付着抑制技術による効果と、使い心地についてお伝えします。 [»続きを読む]

jobikai編集長

しゅん

ニベアに白い粉を混ぜて美白? ビタブリットCの効果や代替アイテムについて

ニベアに白い粉を混ぜて美白? ビタブリットCの効果や代替アイテムについて

広告などで「ニベアと白い粉を混ぜて使うだけで美白」なんていうもの、見た事ありませんか? 調べてみるとビタブリットCというビタミンCパウダー系のアイテムのようですが、これは本当に効果があるのかどうか、解説します。 [»続きを読む]

やなぎた

マスク焼けを防ぐには〇〇への強さが重要!人気の『アスリズム』がパワーアップして今年も登場!

マスク焼けを防ぐには〇〇への強さが重要!人気の『アスリズム』がパワーアップして今年も登場!

梅雨の真っ只中で雨の日も多いですが、晴れた日には強い紫外線が気になりますよね。今年は外出時には常にマスクを着けていたりと気にすることも増えていますが、だからといって油断できないのがUV対策。紫外線は老化の原因の約8割とも言われているので、しっかりと意識しておきたいところです。 [»続きを読む]

すっぴん美肌をつくる専門家

須田夏美

【読者プレゼント1名様】24時間美白!すっぴんorメイク どっちも使えるIPSAのスキンケアパウダー

【読者プレゼント1名様】24時間美白!すっぴんorメイク どっちも使えるIPSAのスキンケアパウダー

もともと根っこがすぐにズボラになる筆者。 コロナ以前からリモートワークだったのですが、自粛要請が出た途端、急に気が緩み、すっぴん+部屋着という「今日、お休みですか?」と尋ねられても仕方ない状態に突入してしまいました。 好きなだけ仕事をして、一区切りついたらご飯を食べて [»続きを読む]

鈴木のぞ美

【動画】クリニックの美肌治療の効果はどの程度? フォト&RFを編集長が体験レポート

【動画】クリニックの美肌治療の効果はどの程度? フォト&RFを編集長が体験レポート

美容ケアというと、ちょっと前までは化粧水や美容液といったケアが基本で、より美しい肌を目指すならエステサロンに通うというイメージでしたが、最近ではここに新しい選択肢として「美容皮膚科」での美容医療ケアが入ってきていますよね。 でも、美容医療はなんとなく気になっていても、値段も高め [»続きを読む]

jobikai編集長

しゅん

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録