オバさん体型回避!お家で出来る美姿勢ストレッチ

自分の後ろ姿、きちんと確認していますか?だらっとした姿勢より、シャンと綺麗な姿勢の方が美人度もアップ。

何気ない立ち姿や姿勢は日々の積み重ねです。下着に乗っかるお肉、猫背姿勢、隠れてしまっている肩甲骨・・アラサーからのオバさん体型まではあっという間に始まります。
自分ではなかなか見えない場所ですが、後ろから誰かに見られているかもしれません。

エステティシャンの筆者がお家で簡単に出来る美姿勢ストレッチ法をご紹介します。

■真っ直ぐの壁に姿勢を真っ直ぐ

(1)真っ直ぐの壁にかかと・お尻・二の腕をピッタリとくっつけ腹筋をしっかりと締めましょう。

■NG姿勢

かかとを壁につけた状態で何も考えずに立ってみるとよくわかるのですが、壁からお尻や背中、肩が離れませんか?肩が内側に入り腹筋も緩みませんか?これがNG姿勢。
自分の体がどのようになっているのかもチェックしておきましょう。

■肩の位置で腕を真っ直ぐ持ち上げる

(2)かかと・お尻・肩(肩甲骨)を壁に付けた状態で、そのまま腕を真っ直ぐに肩の高さまで持ち上げます。
この時も腹筋は締めながら呼吸をしましょう。

■両腕を肩の高さで開く

(3)そのままゆっくりと両腕を開きます。肩の高さから腕の位置が下がらないように広げると首の後ろや肩甲骨が壁に当たるようになります。

(4)かかと・お尻・肩甲骨 が壁に付いたまま、腹筋も締めたままで手のひらは外に向けた状態でゆっくり腕を下ろします。

この状態を20秒キープ×5回繰り返しを行いましょう。

■美姿勢まとめ

これが本来の正しい姿勢です。
この姿勢の状態で背中や腹筋がしんどい、筋肉がつりそうという場合は、普段背筋や腹筋を使っていない証拠です。

テレビを見ながらや朝の出掛ける前や1日の終わりに行いましょう。
慣れてくると繰り返す回数を増やしても構いません。日中、歩くときや座る時も肩の位置や腹筋の締め方も意識すると良いですね。

肩や腕が開くことで、見た目の姿勢や立ち姿が綺麗になるだけでなく呼吸も深くなります。
毎日繰り返し行い、体で覚え、後ろ姿がオバさん体型にならないような綺麗な姿勢を作りませんか?

現役エステティシャンが教える「覚えておきたい!美容の知識」 の記事

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

体型・フェイスライン > エクササイズ・筋力トレーニング

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録