冷えは様々な体の不調のほか、美容にも悪影響となることは皆さんもご存じでしょう。
しかし、夏だからと、体を温めることを怠っていませんか?
夏はエアコンによる外からの冷えや、体温調節を行う汗による冷え、食材による内臓からの冷えなど、体は冷え続けます。

暑さから体を守り、体温調節をしながら、体の冷えを慢性にしないために覚えておきたい温活法をご紹介します。

■冷えとは?

男性に比べて筋肉量の少ない女性が感じやすい、冷え。主な原因は「血行不良」。

年齢とともに、運動することが減り筋肉量が低下したり、血管が硬くなったりすることで、血液のめぐりが悪くなってしまいます。

血液循環が悪くなり冷えが起きてしまうと、お肌にも影響が。
お肌に必要な栄養は血液によって運ばれるため、お肌にも栄養が行き渡りにくくなってしまうのです。
その他にも、生理痛や頭痛、肩こりなどにもなりやすいとされます。

✔︎お腹やお尻、足先を触ると冷たい
✔︎冷たい飲み物、食べ物をよく食べる
✔︎平熱が35度台
✔︎お風呂に浸からずシャワーのみ
✔︎胃腸が弱い

などが多く当てはまる場合、体が冷えやすい可能性がありますので、体を温めたり、マッサージや軽い運動で血行をよくするように心がけましょう。

■体を温める温活法

■毎日湯船に浸かるよう心がける
入浴の際には、湯船に浸かりながらストレッチやマッサージを行いましょう。
お腹・お尻・太もも・二の腕など太い筋肉がある場所、首・手首・足首など太い血管を温めるように意識しましょう。


■入浴後にもストレッチや足をマッサージを。足先は冷やさないように
入浴後や寝る前にも、テレビを見ながらで構わないのでストレッチやマッサージを行いましょう。靴下や湯たんぽなどで足先を冷やさないように心がけるのもポイントです。


■冬野菜、根菜類を意識する
旬のものを取り入れることはいいのですが、夏野菜は体を冷やす効果が高いので、特に夜は温野菜やスープなど温かいものを取り入れるようにしましょう。

赤やオレンジ、黄、黒の食材は体を温める食材です。

かぼちゃ、にんじん、山芋、ごぼう、レンコン、ニンニク、ニラ、しそ、玉ねぎ、生姜、もち米、そら豆、赤身の魚、白身の魚、鶏肉、ほうじ茶、たんぽぽ茶など。

覚えておきたい!美容知識【7】今から始めるスッキリ足マッサージ法 覚えておきたい!美容の知識【9】スッキリ二の腕マッサージ法

食材やお風呂など日頃の生活の中で、体の内側と外側から温めるように意識し、マッサージなどで血液のめぐりを促すなど、体を冷やさないようにすることが温活の最大の方法です。
ぜひ、取り入れてみてくださいね。

現役エステティシャンが教える「覚えておきたい!美容の知識」 の記事

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

カテゴリ

ヘルスケア・体質 > 冷え性

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録