美白・シミくすみ対策

いつの間にかできた青あざを早く消すための方法&裏技

体をどこかにぶつけたりすると、その後に出来るアザ。アザにも色々な種類がありますが、ぶつけてできるアザは青や黒っぽい色をしている事が多く、青あざとよく呼ばれます。 青あざは気が付いたら出来ている事も多く、場所によってはなんだか気になるものですよね。今回は、出来る限り早く青あざを消

なぎ

医療機関で売っている飲む日焼け止め「ヘリオケア」サプリメントの特徴と効果

紫外線による肌老化や日焼けから肌を守るケア方法の一つとして、近年注目を浴びるようになってきているものの一つが「飲む日焼け止め」と呼ばれる、いわゆるサプリメントによる体内からのケア。 その中でも、医療機関の取り扱いで販売されている「ヘリオケア」について、その効果や特徴をご紹介しま

うさみ

ハイドロキノンはシミにどう効果を発揮する? その仕組みと利用方法

肌の漂白剤とも言われるくらい、シミなど肌の色素トラブルを解消する作用が強いとして知られているハイドロキノンをご存知でしょうか? 市販の美白化粧品に含まれているものや医療機関で医師の処方の元利用できるものまであるハイドロキノンですが、その効果や仕組み、最適な使い方などをご紹介しま

うさみ

脱毛の跡に「黒ずみ」が出来る事があるって知ってた? 黒ずみの原因と解消法を紹介

「毎日のムダ毛処理が面倒」「毛の処理をすると肌があれる」 そんな悩みをスッキリ解決してくれる方法が「永久脱毛」なのですが、脱毛をした後、ちゃんとしたケアをしないと脱毛部位になんだか嫌な「黒ずみ」が出来ちゃう場合があるって知ってました? せっかくムダ毛が無くなってキレイなツルス

なぎ

シミ予防や解消に保湿が重要な理由と最適なケア方法

保湿はスキンケアの基本といわれていますが、シミの予防や改善をしたいのであればなおさら行わなくてはなりません。そして、ここで気になるのが、なぜシミの予防や改善に保湿が必要なのか?という部分なのではないでしょうか。そこには、聞いてみれば納得する理由がちゃんと存在しています。それでは、

なぎ

シミをセルフケアで早く簡単に消したいなら 米のとぎ汁洗顔がおすすめ!

みなさんはシミができてしまったらどのようなセルフケア法を行っていますか? シミを消したいと思っても、セルフケアで消すなんて無理!と思っている方、ここでは簡単にシミを消すセルフケア法についてお教えします。 シミができてしまってもあきらめる必要などありません。 今日からしっ

うさみ

日焼け止めの種類はどういうものがあるの? それぞれの特徴と選び方

紫外線からお肌を守る方法には、手袋や日傘、帽子などを利用するという方法がありますが、もっとお手軽にそして確実に紫外線をブロックしたいのなら、日焼け止めの使用が最もおすすめできるでしょう。とはいえ、日焼け止めは数種類に分類されており、シーンごとに使い分ける必要があります。今回は、日

なぎ

シミ解消のためのサプリ・飲み薬の種類と選び方

みなさんはシミを改善するためのサプリメント選びにどのような基準をお持ちでしょうか。市場ではシミに効果があるとされるサプリがたくさんあるため、実際にどれが効果的なのか、さらにはどれがコストパフォーマンスが良いのか、と悩みが多く選ぶのにひと苦労しているのではないでしょうか。 そ

うさみ

Web通販で買える 顔用日焼け止めオススメ商品3つ〜敏感肌向け・崩れにくさ重視〜

顔に使う日焼け止めはやはり肌に負担が少なく、かつしっかりと紫外線からガードしてくれる定着の良さと紫外線防御効果が欲しいですよね。そんな、美容的にも機能的にも優れた顔用UVをWeb通販で購入できるものに限定していくつかご紹介します。

jobikai編集長

しゅん

夏の跡を残さない!内と外、両方から美白が叶う「ホワイピュア」をシミ・くすみで徹底検証!

8月も終わりに近付き、ときどき秋の気配が感じられるようになってきました。とは言え、まだまだ日差しが強く、UV・美白対策には手を抜けませんよね!夏真っ只中に日焼けしてダメージを受けた肌やお疲れ肌のケアに悩んでいる人も多いはず。今回はそんな悩みに寄り添ってくれるようなアイテムを徹底検

須田夏美

【レシピ】美腸でお肌ツヤツヤ。食物繊維たっぷり「ゴボウのポタージュスープ」

便秘で、肌荒れの経験はないでしょうか? 腸に老廃物が溜まると、身体や肌に様々な支障をきたします。 "腸は第二の脳"と言われるほど神経細胞が多く、身体や肌に与える影響が大きいのです。 そんな腸を良好に保つために大切な栄養が食物繊維です。この食物繊維をたっぷり含むごぼうを使った

chiaki

【レシピ】秋のカサカサ肌予防に!内側からうるおう「パプリカの美肌サラダ」

夏にたっぷりとかいた汗の中には水分だけでなく、お肌に必要な栄養も一緒に流れ出てしまっています。放っておくと、秋には栄養不足でカサカサのお肌に。今のうちに内側と外側から対策しておきたいものです。 内側からのケアとして、ビタミン、ミネラル、たんぱく質がたっぷりの「サラダチキンとパプ

chiaki

シミの原因でもあるメラニンは本当に悪者?肌の健康を守る重要な働きとは

メラニンといえば、シミをつくり出す色素としてよく知られています。そのため、メラニンを悪者と決めつけて体外へ排出させなければ!と考える方は大勢います。ですが、もしメラニンがあなたの健康を守ってくれているとしたら、もう悪者扱いはできなくなるのではないでしょうか。それでは、メラニンの働

うさみ

ヨーグルトパックはピーリング効果。スキンケアでの本当の効能

スキンケアに食品を利用する方法はいくつかありますが、その中でもポピュラーなのがヨーグルトを使ったパック。ヨーグルトパック用の商品なども数多く販売されており、利用した事がある方も多いのではないでしょうか。 最近ではお笑い番組「魔女たちの22時」で、いとうあさこさんが盛田屋さんとい

なぎ

にきびやイボの解消にはまずハトムギ(ヨクイニン)を試してみて

肌にボツボツとふくらみが出来て、見た目にも感触にも嫌なニキビやイボ。顔に出来ると化粧ノリも悪くなるし、なるべく早く解消したいですよね。 そんな時にオススメなグッズが、ハトムギ。ハトムギは食材の他にもヨクイニンとして漢方や薬に使われる他、ハトムギ配合の化粧水も肌を整えたり美白効果

なぎ

身も心も“枯れない女”が理想。ぐんぐん潤いで満たす【Blancy】で夏の快適ケアを。

気持ちにスイッチが入らない、ボディもカサカサ……。そんな状態に陥りやすい夏こそ、体も心も気持ちのよい潤いでたっぷりと満たしてあげるのがベスト。“枯れない女”を目指せるような極上の潤いはもちろん、キュッと引き締めたい、弾力のあるぷるぷる肌を叶えたい人にオススメなのは青山発のケアアイ

美容研究家

船山葵

紫外線を防止する、メラニンなど肌の3つの防御機能

肌の大敵「紫外線」。 紫外線を防御する役割としてメラニンがあるという事は知っている人が多いと思いますが、実は肌にはメラニン以外にも紫外線から体を守る機能が存在しています。

jobikai お悩み解決辞典

顔にくすみが出来るのを予防するために注意するべき生活習慣のポイント

女性ならば、誰しも透明感のある明るい肌に憧れますよね。何より、肌の明るさは若々しさをグンと引き立たせます。しかし実際は、年齢とともに顔のくすみは増すばかり……。くすみがあると、実年齢よりも老けて見られたり雰囲気も暗くなりがちです。 では、どうすればくすみを防ぐことができるの

なぎ

アトピーや敏感肌の場合におすすめの紫外線対策はワセリン+UVカットパウダー

肌の老化を引き起こす最大の原因といえば紫外線ですよね。ちゃんと紫外線対策をしようと思っても、肌が弱いと日焼け止めを塗るのも躊躇するもの。特にアトピー性皮膚炎やすぐに肌が荒れてしまう敏感肌の場合、肌に日焼け止めを塗る事での負担と紫外線の負担のどちらの方が大きいか考えてしまいます。

うさみ

日焼けしやすい人と日焼けしにくい人の違いと特徴

日差しが強くなってくると、わざわざ海やプールに行かなくても自然と肌が真っ黒になってくる人もいれば、頑張って肌を焼こうとしてもなかなか肌が黒く日焼けしない人もいますよね。 日焼けしやすい人と日焼けしにくい人の違いや、それぞれの特徴、メリットデメリットについて紹介します。

jobikai お悩み解決辞典

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録