まだ使ってないの!? 知れば使いたくなるミスト化粧水

これからググンと暑い夏の季節ですね。汗や皮脂の分泌量が盛んになり、ベタつきが気になりやすい夏でも、実はお肌の内部では乾燥が起きていることを知っていますか?

夏もお肌がカサカサする、皮がめくれる、痒い、ブツブツ肌荒れ、メイク崩れしやすいなどといった状態を起こさないためには、夏も保湿ケアが必須です。

夏の乾燥肌にお役立ちアイテムであるミスト化粧水の活用法をご紹介したいと思います。

ミスト化粧水の主成分である水溶成分は、お肌に水分を与え保湿し、お肌を整えます。また、潤いを与えるだけでなく、いろんな活用法があります。

外出先でも簡単に使えますので是非覚えておいてくださいね。

■ミスト化粧水の活用法

(1)化粧水、ブースターとして活用する

一番メジャーな活用の仕方は、お風呂あがりに化粧水代わりとして使う方法ではないでしょうか?

ミストタイプの化粧水はキメが細かいので、簡単にまんべんなく吹きかけることができるのでお手軽ですよね。
しかし、吹きかけ方によってはお肌になじむトータル量が少ない場合もありますので、思っているよりもお肌に浸透していないこともあります。
しっかりと肌に浸透させるために、顔全体にシューっと吹きかけた後、ハンドプレスをしてなじませましょう。これを2.3回繰り返すことをオススメします。

他にも、化粧水前のブースターとして、シューっとミストを吹きかけた後にボトル化粧水を手に取りお肌に化粧水をたっぷりと与えましょう。

(2)メイクの仕上げに活用する

メイクの仕上げに少し離した場所からシュッとひと吹きして、エアコンなどの乾燥からお肌を守る方法です。

休憩時間や仕事終わりにメイクを直すときにも、シュッとひと吹きし、ティッシュで皮脂を軽く抑えてからメイク直しをしましょう。化粧崩れの防止にもなります。

(3)ヘアスタイリングにも活用

夏になると紫外線などで髪が日焼けしやすくなったり、爽やかな季節に合わせて髪色を明るくすることでカラーダメージによる乾燥が目立ちやすくなったり...。髪の表面も内部も水分が不足します。

パサパサで潤いのない髪よりも潤いのあるみずみずしい髪の方が美しく若々しく見えるので、朝出かける前に髪にもシューとミストしたり、出先でサッとひと吹きしたりするのもいいですね。

これから暑くなって汗や皮脂の分泌も盛んになりますが、お肌の中はインナードライが起こりやすくなります。
日頃のスキンケアやお出かけ前や出先などにサッとミストをひと吹きしてみてはいかがですか?

現役エステティシャンが教える「覚えておきたい!美容の知識」 の記事

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

スキンケア > スキンケアコスメ

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録