海外でも人気のLEDマスク美顔器、カレントボディを1ヶ月間使ってみた! 詳細レビュー

美肌   エイジング   美容機器   動画コンテンツ   春コスメ&美容   おうち時間   リアル体験レポート   敏感肌のスキンケア&コスメ   美容医療  
公開 

EXPERT jobikai編集長

しゅん (40歳)

0 0

ハリウッドセレブや多くの美容専門家が愛用しているという、世界で人気のLEDマスク「カレントボディ」。その特徴や、実際に使ってみての感想を、詳しくまとめました。
文末にはお得な情報もありますので、ぜひ最後までご覧ください。

LEDマスクとは?

LEDマスクは、光の波長による美肌ケアのデバイスの一つの形。侵襲がなく手軽に行える美容法でありながらも、長期的に継続することで高い効果が得られることから、今大変注目されています。

LEDライトを美容目的で使用する場合、置き型のものから、美顔器のように手に持ちながら使用するものまで、さまざまな製品があります。中でも、マスク型のものは、ウェアラブルということでハンズフリーで手軽に使えるため、LEDのセルフケアアイテムとして美容好きの方から人気があります。

そんな LEDマスクは、ハリウッドセレブや、メイクアップアーティスト、美容エディターなど、長く愛用してきた人が多く、長年を経てその効果を実感する人が増えてきたのか、最近は特に人気が高まってきています。
また、LED治療を導入している美容クリニックも多く、その美容治療後のダウンタイム中のアフターケアとして取り入れているクリニックも増えています。


CurrentBody skin LEDライトセラピーマスク

コートニー・カーダシアンやレネー・ゼルウィガー、ケイリー・クオコなど、ハリウッドセレブにも愛用者多数、さらに人気ドラマ「エミリー、パリへ行く」にも登場した、大人気LEDマスク。海外のみならず、日本国内でも美容関連の賞を多数受賞している商品です。

米人気ドラマ、「エミリー、パリへ行く」にも、カレントボディーのLEDマスクが登場。


ですが、「有名人が使っているから人気があるんでしょ?」といってしまうのはまだ早いです。実はこちらの「カレントボディスキン」のLEDマスクは、なんとアメリカ版の厚労省FDA認証というお墨付き。しかも、柔らかなシリコンは、なんと特許取得済みの素材。
このように、製品として国から認められている安全性の高さも、多くの人に利用される理由の裏付けとなっています。

内包物紹介

『カレントボディ スキン LEDライトケアマスク』のセット内容 

・本体
・USB タイプC 充電ケーブル
・取扱い説明書
・ゴーグル(眩しく感じる方に。ゴーグルは無しでも使用可能です。)
・コントローラー
・ストラップ
・専用ポーチ
価格:55,000円(税込)

(オプション)CurrentBody Skin ハイドロゲル フェイス マスク

カレントボディスキン LEDライトケアマスクのためだけに作られた、専用のシートマスク。無色透明のジェル状のシートで、光をしっかり透過しながら、肌の潤いを閉じ込めます。ひんやりとした感触で、LEDマスクをつけている間も快適な使い心地です。
こちらは本体には付属せず、別売りとなっており、使用を希望する場合のみ購入することとなっています。

価格: 1,500円(税込)

製品特徴と機能

2種類の波長:「近赤外線(830nm) 」と「赤色光(633nm) 」

マスクの内側には66個のライトがついており、そこから1回10分間、近赤外線と、赤色光が照射されます。侵襲性のない優しい光で毎日のケアに取り入れられます。
近赤外線と赤色光により、肌の深部を温め、巡りをよくし細胞の活性に働きます。

特許取得済みの特殊なシリコーン素材による高いフィット性

メディカルグレードの柔らかく肌あたりの優しいシリコンで作られているため、他のプラスチック製マスクや手持ち型のデバイスとは違い、一人ひとりの顔のカーブに沿うことができ、顔全体に効率的に光を届けられ、肌あたりも快適です。

肌のハリ・キメ・透明感にアプローチ

直後は血流UPによる肌の透明感UPが期待でき、長期間継続して使用することで、肌のハリやキメを整え、活き活きとした印象の肌を育てます。

赤色LEDと、近赤外線による美肌効果

(使用直後の写真)

今回のLEDマスクは、「近赤外線(830nm) 」「赤色光(633nm) 」という2種類の波長で光が照射されます。
これらによって、期待できる美肌効果として

・肌のハリ・つや
・キメを整える
・血色改善による、透明感UP
・血流促進によるターンオーバーの正常化
・リンパの流れ改善による、すっきり効果


などが期待できます。

光の波長によるスキンケア効果の仕組み

LEDライトは、特定の可視光線の波長を安定的に照射することができるため、その波長が持つ性質による違いを利用して、スキンケアにも使われます。例えば代表的なもので言うと、赤色光や、青色光、黄色光といったものです。
LEDマスクも同様で、このような光の波長の違いによる性質の違いを利用しています。

可視光線とは人の目で感知することができる光の事で、400nmくらいの波長が短い紫色から800nm前後の波長の長い赤色までの範囲です。この波長の間で光がグラデーションのように色が違って見えます。
ちなみに、可視光線で1番波長が短い紫色と隣り合っているのが紫外線で、これは目に見える紫色の外側の波長だから、”紫外線”といいます。逆に、赤よりも長い波長で赤と隣り合っているのが赤外線となり、こちらも目に見えません。

よく紫外線が肌に悪いといわれるのは、波長が短い光はエネルギーが強いために肌の細胞へダメージを与えてしまうからで、波長が長くなるほど肌への刺激は緩やかになっていきます。

また、同じ強さの光を照射した場合には波長が短い光は肌の表面にしか届かず、波長が長い光は体の深部にまで届きやすい性質があります。そのため赤色の波長や赤外線は刺激が優しく、光を強くする事で表面よりも深いところからじんわり温める作用があります。

赤外線には、可視光線の赤色に近い近赤外線と、より波長の長い遠赤外線があり、近赤外線の方が表面に近い部分を効率よく温めるのに向いています。
今回のLEDマスクにも搭載された赤色LEDは、633nmという赤外線に近い波長の可視光線で、近赤外線と似た温熱効果ですが、赤外線より肌の表面側を効率良く温める性質があります。光の当て方や強さ、当てる時間にもよっては来るのですが、特に真皮層周囲やその直下の組織への温熱効果が高く、コラーゲンの増殖や血流促進によって肌のハリをもたらすなど、エイジングサインのケアに効果的です。

使い方

洗顔後、タオルドライをして清潔なお肌に使用します。
基本的には、スキンケアコスメなどをつけずに、素肌に装着します。
スイッチを入れ、10分間経つと自動的に照射がオフになります。
照射終了後、通常のスキンケアを行います。化粧水や美容液といった保湿剤でたっぷりと保湿してケア完了です。
毎日使用可能ですが、週に3〜5日程度の使用がおすすめです。

オプションのハイドロゲルマスクもおすすめ!

オプションとして、専用のハイドロゲルマスクもあります。
CurrentBody Skin ハイドロゲル フェイス マスク 1,500(税込)

プルプルのシートがお肌に優しく吸い付くようにフィットし、ひんやりとした感触に癒されます。LEDマスクが肌に直接当たるのが気になる方や、よりLEDマスクの効果を高めたいと言う方、照射中の肌の乾燥が心配の方は、こちらも一緒にお使いになると良いでしょう。

【注意事項】
カレントボディスキン LEDライトケアマスクは、こちらのシートマスクなど専用のスキンケア以外の同時使用は推奨されていませんので、ご注意ください。

使ってみた

まずは1回使用

まずは、何もつけない素肌に使用してみます!
一番気になっているのは、ほうれい線や目元の小ジワ、そして頬の毛穴の目立ちです。
つけてみました。シリコンが柔らかく、ジェルのような感触で、快適です。重さは、しっかりとした安定感を感じますが、顔にしっかりフィットしている分あまり重いという感じがありません。顔に巻き付けるような感じでフィットしているため、華や頬のあたりにぴったり当たるのですが、額や顎のあたりはちょっと隙間が空きます。
眩しさについてですが、光は結構強いので、つけた直後は眩しく感じ、目が慣れてくるまで数分かかります。人によっては眩しすぎて目を開けられないかもしれませんので、その時は付属品のゴーグルを使用するのをおすすめします。
1〜2分くらい経つと、なんとなく肌の内側がじんわりと温まってきているのを感じます。ただほんの少しの変化であって、熱いと感じるほどではないので安心してください。
10分後、マスクを外すと・・・
あれ? 使った直後にもかかわらず嬉しい変化が!
顔がなんとなく明るく、元気な印象に。よくよく見ると、ほんのり顔色に血色感が出て、肌がぷっくりとハリがある感じに。

継続して効果を感じるものなので直後にはそんなに変化はないだろうとたかを括っていたのですが、1回目から想像以上の美肌効果が出ていたので、これは嬉しい。

1ヶ月間使ってみた

週に3日程度になってしまった時もありましたが、ほとんど1日1回のペースで1ヶ月間続けてみました。
また、週に1回程度、ハイドロゲルマスクも一緒に使用しました。
結果としては、かなり肌のハリが出て、小ジワがほとんど解消されました。
そしてさらに嬉しいのがフェイスラインの変化。頬の下のあたりがすっきりとして、顔全体的にぼんやり感がなくなり、バランスが整った感じです。顔の縦長が短くなったような。
普段であれば、生理前後に肌の調子が崩れることがあったのですが、カレントボディスキンLEDライトケアマスクを使用している期間中は、肌調子が安定していて、調子が崩れることがありませんでした。

写真で撮ってみて比較して見て、思わず目を疑いました。細かいシミが減った? そしてシミが全体的に薄くなった?
これはもっと使いつづけることで、もっともっと綺麗になりそう!とさらに期待が膨らみます。

ちなみに、久しぶりに会った友人に「痩せた?」と言われたり、「肌綺麗すぎる! 絶対何かやってるでしょ?」と言われたりと、美肌効果を実感できる機会が多数ありました。

こんな方におすすめ!

使い続けることで、将来の肌に差をつけたい人

今回は1ヶ月間のレビューとなりましたが、使い続けることで、もっと肌がレベルアップできそうと言う実感を得ることができました。
実際に、数年間使い続けている人からの、「シミだらけの顔から復活できた」等と喜びの口コミも目にしました。(以下動画参照)

毎日使える美顔器が欲しい人

毎日のケアに簡単に取り入れるだけで肌の底上げをしたいと言う方におすすめです

忙しい人、めんどくさがり。

ハンズフリーで"ながら美容"ができます

LEDマスクで失敗したくない人

世界的に愛用者が多く、LEDマスクブランドの中でも有名なブランドで、しかも価格も安すぎず高すぎずと言うところで、LEDマスクの中では特に安心して購入できる製品です。あまりに安すぎるものや、ノーブランドの輸入品の場合は、壊れやすかったり、もし故障した際に保証があるのか心配であったりと、色々と気を揉むことになりますが、FDA認証のでもあるこちらは安心して購入できる品質です。

痛みや、刺激、電気的な何かじゃない、より自然な形で美容ケアしたい人

見た目は「何かやっている感」 がすごいですが、実際は光照射というシンプルで安全性の高い美容なので、肌が物理的な刺激に弱い人でも安心して使用できます。

美容クリニックやエステユーザー

美容クリニックなどで美肌治療などを行う人は、肌のダウンタイムなどもあったり、あるいは治療効果をなるべく持続させたいと思うでしょう。しかし、美容治療の後って、下手にいろんな化粧品を使ったり、電気的なマシンを当てたりすると逆効果になる恐れもあるので、こういうケアはちょうどいいかも。ただし、美肌治療を行う前には念のため、その後にこちらを使って良いかは先生に確認しておくのが無難ですね。

気になったポイント

使い続けていれば気にならなくなったのですが、使用する前は「洗顔後10分間も保湿剤をつけられないなんて...」と、抵抗感は若干ありました。いざ使ってみれば、LEDマスクを当てた後の肌は意外にも乾燥していなく、むしろツヤが出た感じがするくらいでした。
しかし、特に肌が乾燥しやすい方ですと、やはり気になるかもしれませんので、その場合はハイドロゲルマスクも一緒に使う必要があるでしょう。


まとめと評価

評価 ★★★★★ 5/5

評価は5点満点!
侵襲性がなく毎日使え、美肌効果も実感できる、さらにハンズフリーで使い方も簡単となれば、使わない理由なんてないと思います。デザインも、ついSNSでシェアしたくなるような見た目で、さらに価格も美顔器としては決して高価ではないです。日々のスキンケアルーティンに取り入れるだけで、ワンランク上の肌を目指せる、とってもおすすめの商品でした。

【お得情報】jobikai読者限定 特別に15%オフ!

カレントボディスキン LEDライトケアマスクをご購入のお客様に、お得なお知らせ!
jobikai読者の方限定で、15%オフで購入できるクーポンコードをプレゼント。

jobikai 特別割引コード(15%オフ):jobikaiCB

jobikai読者様用 特別購入サイト

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

しゅんさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

髪ちゃんと洗えてる?美髪になるシャンプー方法とアイテムの選び方

髪ちゃんと洗えてる?美髪になるシャンプー方法とアイテムの選び方

皆さんは髪の悩みを解消したい時、何を変えますか? ヘアサロンでのトリートメントや、ホームケアトリートメント、ドライヤーなど...。 もちろん、髪の悩みに適したアイテム選びも重要ですが、実は、シャンプーの仕方を見直すだけでも髪質の改善が可能なんです! 今回は、人気美容室「オブ [»続きを読む]

美容皮膚科歴“四半世紀!” 肌の名医に聞く、シミ対策のセルフケアポイント!

美容皮膚科歴“四半世紀!” 肌の名医に聞く、シミ対策のセルフケアポイント!

大人世代にとって肌の大敵といえば、しみ。またしみの中でも特に肝斑はホルモンバランスが変化しやすい40歳前後に現れやすいそう。 30〜40代がしみ対策としてどのようにセルフケアをすべきか。今回は美肌ケアの専門家として数々の著書を執筆してきた、25年もの美容皮膚科歴をもつよしき銀座 [»続きを読む]

肝斑治療のあらゆる疑問に肌の名医が回答!

肝斑治療のあらゆる疑問に肌の名医が回答!

しみと肝斑の違いって? どうやって治すの? セルフケアできるの? など、さまざまな肝斑治療に関する疑問に対する答えを、美容皮膚科歴四半世紀の肌の名医、よしき銀座クリニック院長 吉木伸子さんに教えていただきました。 [»続きを読む]

カレントボディLEDマスクの最新版「LED 4イン1マスク」1ヶ月使用レビュー

カレントボディLEDマスクの最新版「LED 4イン1マスク」1ヶ月使用レビュー

以前ご紹介して大反響となったカレントボディLEDマスクの最新版「LED 4イン1マスク」。1ヶ月間使って、率直にレビューしました。 ぜひご覧ください。 [»続きを読む]

テレビや雑誌で話題「NEWAリフト」RF美顔器って効果あるの? 使ってみた詳細レビュー

テレビや雑誌で話題「NEWAリフト」RF美顔器って効果あるの? 使ってみた詳細レビュー

ホームケア美容機器界隈が賑わっている昨今ですが、そんな中で一際美容にうるさい美容雑誌の編集者や美容感度の高い芸能人から根強い支持を集めているのが「NEWAリフト」。 一方で、SNSでの反応をみてみると、家庭用の美顔器で、本当に小顔になるの? リフトアップってどれだけ効果があるの [»続きを読む]

美白・シミくすみ対策の新着記事

何にもしたくない時に、よりそうBOX。マイリトルボックス2月をチェック。

何にもしたくない時に、よりそうBOX。マイリトルボックス2月をチェック。

マイリトルボックスから2月BOXが2024年2月1日に発売されました。 今回のBOXテーマは、「 "LA FLEMME" ~あえて何もしない~」。 最近、何にもしたくない日ばかりの編集部Mが内容をチェックしていきます。 [»続きを読む]

jobikai ビューティーウォッチ

美容皮膚科歴“四半世紀!” 肌の名医に聞く、シミ対策のセルフケアポイント!

美容皮膚科歴“四半世紀!” 肌の名医に聞く、シミ対策のセルフケアポイント!

大人世代にとって肌の大敵といえば、しみ。またしみの中でも特に肝斑はホルモンバランスが変化しやすい40歳前後に現れやすいそう。 30〜40代がしみ対策としてどのようにセルフケアをすべきか。今回は美肌ケアの専門家として数々の著書を執筆してきた、25年もの美容皮膚科歴をもつよしき銀座 [»続きを読む]

美容皮膚科医・よしき銀座クリニック院長

監修 吉木伸子

冬もシミ対策! シミの改善に効果的な化粧品・サプリメント(薬含む)5選

冬もシミ対策! シミの改善に効果的な化粧品・サプリメント(薬含む)5選

冬は夏ほど紫外線が気になりにくく、UVケアを怠りがち。ですが冬は肌が乾燥しやすく、日差しが強くなくても紫外線のダメージを受けやすい状態ですので注意が必要です。 放っておくと、シミやくすみが目立ってくることも。 日焼け止めや適度な保湿はもちろんですが、さらにスキンケア製品やサプ [»続きを読む]

jobikai編集部

編集部スタッフ

美容オンライン診療でシミ内服を処方してもらう方法

美容オンライン診療でシミ内服を処方してもらう方法

クリニックに行かずに、医師の診断の上処方箋を受け取ったり薬を送ってもらうことができる「オンライン診療」。外出や人との接触を避けたい社会情勢ということもあり、ここ数年で急速にオンライン診療サービスの普及が広まっています。 最近は保険診療だけではなく、美容においてもオンライン診療が [»続きを読む]

美容リサーチャー

いしだまえ

ピコトーニングで肝斑治療したら-4歳に!? 肝斑治療の効果やリスクを体験レポート -エトワールレジーナクリニック編-

ピコトーニングで肝斑治療したら-4歳に!? 肝斑治療の効果やリスクを体験レポート -エトワールレジーナクリニック編-

肝斑の他にも赤ら顔や肌のくすみを解消でき、肌のキメも整えてくれるレーザートーニングよりも、さらに効果が高いと噂のピコレーザートーニング(ピコトーニング)。 どれくらい効果があるのか? ダウンタイムや痛みは少ないのか? 施術を受ける前に知っておきたい、さまざまな疑問にお答えする [»続きを読む]

PR  

jobikai編集長

しゅん

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録