エステティシャンが伝授!美肌を作るスキンケア法 乳液編

毎日、何気なくしているスキンケア。
「ただ塗っているだけ。」「サッと塗って終了!」なんてことはないですか?

きちんと使えば、美肌への効果に繋がります!

美肌を作る為にたっぷり浸透させること

クレンジング、洗顔でしっかりメイク汚れや皮脂汚れを落とした後は化粧水でしっかりと水分を与え、そのままクリーム!なんてことはないですか?
乳液は必須アイテムです。

なぜ乳液は必須アイテム?

スキンケアの目的は「お肌を乾燥させない」はもちろんの事、「肌質をやわらかくし、肌のキメを整えること」です。

スキンケアが浸透するお肌の角質層は水分と皮脂で成り立ちます。

スキンケアを怠れば、乾燥したり、くすみやシワが現れ、一気に老化を早めてしまう原因となるため、日々スキンケアを行うことに意味があります。

その中でも化粧水はお水、クリームは油分という認識があると思います。

面倒くさいからと、乳液を省く方も多くいらっしゃいます。
なぜ、乳液は必須アイテムなのか?

原理的に水と油とは弾き合うもの。すんなりと馴染みにくいため、水分(化粧水)と油分(クリーム)を馴染ませやすくしてくれるブースターのようなものが乳液なのです。

乳液のつけ方

(1)乳液を手のひらにとり、お顔全体に伸ばします。

(2)手のひらの温度で温めるようにお顔全体を包み馴染ませます。
手のひらをお顔に密着して優しく押すように、1分間行いましょう。

乾燥が強く、すぐに吸収する場合は2,3回繰り返しましょう。

現役エステティシャンが教える「覚えておきたい!美容の知識」 の記事

コメント

コメントを書く

お気に入り

4 4

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

スキンケア > 保湿ケア

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録