お部屋は自分を映す鏡。部屋と一緒に自分もキレイに♪

エステサロンオーナー・美容家・美容ライター 寒川あゆみ (30歳)

自分の身体とお家は鏡のようなもの。
エステティシャンである私が大切にしていることは部屋の状態と身体(ココロ)のバランスが取れているかを意識するようにしています。
日頃、どのように意識しているかご紹介します。

■玄関=足元のケア

玄関とは外からの気をダイレクトに受ける場所。
身体でいう「足裏」なのです。足裏は目には見えませんが、地面から外気を吸い上げています。ですから良い気を循環させるためには足元のケアは欠かせません。

温かいお湯で足裏を温め、かかとや指の付け根などの古い角質をやすりやスクラブで週に1度は角質ケアしています。削りすぎないようにしましょう。角質ケアの後は必ずクリームを塗って保湿します。

月に1度〜2度は爪やすりで爪を整え、ベティキュアも行います。
ネイルサロンでのフットケアもおすすめです。

■リビング部屋=内臓のリセット

リビングやお部屋に不要な雑貨やゴミやほこりが溜まっていたり、雑然としていませんか?

「部屋の乱れは心の乱れ」という言葉があるように、あれもこれももったいないからと言って、ついつい捨てずに部屋に溜め込む方に多い傾向は「食べ過ぎていませんか?」

甘いものやお菓子、一食の量はコントロール出来るようになります。何でもかんでも部屋に溜め込んでしまう方は「捨てることが苦手、整理整頓することが苦手」の方が多いように思います。

リビング部屋を片付けることが身体をスッキリするコツにも繋がります。

内臓のリセットには1日3食だけファスティングや酵素ドリンク、脂肪燃焼スープなどに置き換えて胃や腸を休ませること。水分をしっかり摂り、トイレにも行きましょう。
翌朝スッキリ起きれたりするので、おすすめです。

■水回り=お顔

キッチンのシンク周りやバスルーム、トイレ、洗面台などどうですか?毎日使う場所だからこそマメな掃除が必要ですよね。

お顔は人の看板とも言える場所。
お肌を清潔な状態、綺麗な状態に整えておくことが大切ですよね。

クレンジングや洗顔はもちろんの事、週に1度はスペシャルケアにパックやマスクなどを取り入れてみましょう。

クレンジングや洗顔をしない!というのは水回りの掃除をしないということと同じ。水垢やカビが溜まるということはお顔でいう毛穴の黒ずみが溜まるのと同じことです。

日々の水回りのお掃除と同じように、スキンケアやスペシャルケアを意識しましょう。

■ベランダ=手や髪

ベランダは外ですよね。
服を着ていない、外気にさらされっぱなしの場所である手や髪。
荒れて逆剥けや乾燥してガサガサ、髪はパサパサになっていませんか?

若い頃に比べて年々「潤い」は減ります。昔は何もしなくても潤っていたのに、手をかけてケアすることが今後にも重要なポイントです。
手元や髪はパッと見て年齢や清潔感が現れやすい場所ですので、ハンドクリームやヘアケアも意識して行いましょう。

出来る範囲のセルフケアでも良し、エステサロンやネイルサロンなどのプロの手を借りるのも良し。

お部屋の窓を全開にして空気を入れ替えるように、身体全体の気の流れを入れ替えることもとても重要です。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

オリジナルサイトで読む

その他のビューティレシピ

本島彩帆里さんが教える! デスクワークの“太りグセ”解消エクササイズ

5分でシミをなかったことに!2アイテムでシミ消しメイク法

敏感肌&アトピー必見!漢方スクールの薬膳ドリンクレッスンで美肌に

シミとそばかすの違いとは? それぞれの特徴と対処法を解説

シミを自然に隠す!厚塗り感0のファンデーション&コンシーラーテク

ファンケルで糖化測定に挑戦―糖質大好き怠け者が実年齢+20歳に愕然!

みんなのビューティレシピを読む