美容の細か過ぎるギモンや噂の真偽を、編集長に聞いてみた(前編)

美肌   エイジング   動画コンテンツ   間違いだらけのコスメ選び  
公開 

jobikai編集部

編集部スタッフ (32歳)

0 0

美容の情報は数多ありますが、本当なの? 眉唾では? なんてつい疑いの目で見てしまうものもたくさんあります。今回は、jobikai編集部きくちまりこが、そんな巷でよく聞く美容における「細かすぎるギモン」を、読者の方を代表して(?)、編集長に質問してみました。

Q:シャンプーは2日に1回でいいの?

A:2日に1回でOK! 頭皮の痒みがなければ大丈夫

そもそも日本人はかなり清潔で、毎日お風呂に入りますがこれは世界的には少数派。
欧米でもお風呂は1週間に1度だけという事も。アメリカのセレブ女性の間でも、「洗髪は1週間に1回」という人が増えているとか。

ヘアケアについて、表参道の某人気美容師さんに聞いたところでは、シャンプーは2日に1度くらいがむしろ丁度いいという意見もあり、髪の専門家からみても毎日洗う必要はないそう。

ただし、スタイリング剤などを使用している場合は、何日もつけっぱなしにしているのは衛生的にもヘア環境的にも良くないため、その日のうちにシャンプーでしっかりと洗浄が必要です。

では逆に、少なくともどのくらいの頻度で洗う必要があるのかについてですが、これは頭皮環境が清潔に保たれていれば問題ないといえます。
シャンプーは髪ではなく頭皮を洗うというイメージで、頭が痒いとか、ニオイが気になるというような状態であればケアをするというくらいがちょうどいいのではないでしょうか。
場合によってはドライシャンプーなど、頭皮だけをケアするような方法もおすすめです。


また、シャンプーをした方が良い間隔は年齢などによっても変わります。
年齢を重ねると皮脂の分泌量なども減少するため、2~3日放置しても全然べたつかなくなることもありますし、逆に乾燥しやすくなって頭皮環境が悪化してしまう事も。
頭皮が乾燥しているとフケがでやすくなったり、血行が悪くなって良い髪が育たなかったりといったことの原因になるため、マッサージしたり、蒸しタオルなどで血行を改善しながら軽くふき取るようなケアをするなど頭皮ケアのやり方を変えるのも必要になってきます。

習慣的に続けるだけではなく、自分の体の状態を確認しながら最適なケアを行う事が何よりも大切です。

Q:美容液の粒子が大きいと肌に浸透しない?

A:本当です! 粒子が大きいものは角質層に浸透しません。

肌(角質層)は基底層でつくられた角質細胞が積み重なって作られていますが、美容液はこの積み重なった細胞の隙間に入り込んで浸透していく形となっています。

一方で、美容成分はそれぞれ様々な大きさの粒子で構成されていますが、この粒子が角質細胞の隙間より大きければ当然浸透する事はできません。

それではヒアルロン酸など大きな粒子の成分は使っても意味がないのかというとそうではなく、大きな粒子の成分は肌の表面を覆って潤いの膜を作事で肌内部からの水分が流出するのを防ぎ、保湿するなどの効果が期待できます。

もし肌の奥まで美容成分を浸透させたいという事であれば、針状になった美容成分を直接角質層に突き刺すような形で美容成分を深くまで届けるマイクロニードルパッチや、電気の力で角質細胞の間に隙間を作り出し、有効成分を肌に浸透させるイオン導入といった肌の奥まで美容成分を届けるためのケアを行う事が有効です。
こういった方法であれば、粒子が多少大きくても肌の奥まで届けられる可能性があります。

なんて表示されている化粧品であれば奥まで届くの? 粒子が細かいものが良い?

そもそも肌の奥まで届ける必要があるかどうかという部分をまず考える必要があって、粒子が細かくて肌に浸透しやすいものの方が良いというものではありません。
粒子が細かすぎると本当は肌の内部に入ってはいけないような成分まで入ってしまう可能性もあり、それがアレルギーを引き起こす原因となってしまったというケースもあります。

そのため、美容成分の粒子が細かい方が浸透しやすくて良いというものではなく、肌にとって良い作用がある成分が「肌に浸透しやすい形」になっているという事が一つポイントになるといえます。

肌への浸透しやすさという点では例えば「リポソーム化」という加工を美容成分に行っているようなものが挙げられます。
リポソーム化というのは美容成分を水溶性の膜と油溶性の膜が重なり合ったカプセルで包むような加工で、肌はラメラ構造といって水分の層と油分の層が積み重なる事で高いバリア機能を維持しているため、リポソーム化を行う事でこのバリアを通過して肌内部に美容成分が浸透しやすくなります。

肌の奥まで届けたらアレルギーの心配は?

基本的にはアレルギーの原因になるような成分の使用は厚労省で制限されているため、リポソーム化されて肌の奥まで届ける事を想定しているような成分がアレルギーを引き起こすという事はあまり考えられません。
成分が細かすぎての「意図していない」浸透のような形でない限り、大きなトラブルに繋がるという事は稀でしょう。

ただし、新しく開発された成分やまだ研究が十分に進んでいないような成分の場合はやはり多少のリスクは考えられるので、しっかりと情報を集めてから利用してみたり、安全性チェックを十分に行っている大手メーカーの製品から試してみるなどの手順をふんでみた方がいいかもしれません。
また、体質によっては安全と言われている成分でもアレルギー反応などが生じてしまう事はありますので、新しい化粧品を使う際は一度パッチテストなどを行って皮膚への刺激が無いか確認してからにした方が良いでしょう。

Q:コラーゲンは塗っても意味が無い?

A:意味が無いという事はありません。しかし・・・

皆さんがコラーゲンのコスメに対して期待している事はなんでしょうか?
おそらく、コラーゲンは「肌の弾力を作る」「肌のハリを作る」という成分として認識されていると思いますので、コラーゲンを肌に塗ったら肌のハリが取り戻せるのでは? と考えている方も多いのではないでしょうか。
もしそうだとしたら、コラーゲンをコスメとして肌の上から塗ってもそういった効果が期待できるわけではないので、意味が無いと感じてしまうかもしれません。

肌の構造として、コラーゲンが豊富に存在していて肌の弾力を保っている部分は表皮層より深い部分にある「真皮層」という箇所ですが、化粧品はそもそも角質層=表皮層までの浸透が限界であって、表皮層と真皮層の間には基底膜という膜などもありますので、美容成分が真皮層まで浸透するという事はまずありません。
そのため、コラーゲンを肌の上からぬってもそれが真皮層に入り込んで留まるという事はなく、真皮層のハリを取り戻したいという期待には応えられないという事になります。

一方で、コラーゲンは高い保湿作用を持つ成分でもあるため、ヒアルロン酸と同じようにしっかりと肌の保湿を行うという効果は期待できます。
人体に元々存在している成分のため、生体に対して刺激物となる可能性も少ない事から、優秀な保湿成分の一つという意味では「塗っても意味が無い」というのは間違いであると言えるでしょう。

弾力を復活させるためにはどうしたらいい?

それは化粧品の分野ではなくて、例えば完全に折り目が入ったようなシワを改善させたいというようなケースであれば、美容医療など医療分野の力を借りる必要があるといえます。
また、セルフケアとしては肌のハリを作るためのコラーゲンを体内で合成する際に必要となるタンパク質(アミノ酸)やビタミンといった栄養素をしっかり食事で取り入れるという事がまず大切です。
もちろん、化粧品による保湿は肌細胞を健康に保ってシワなどのトラブルが生じにくい状態を維持するという点でとても大切ですので、スキンケアは日々しっかりと行うようにしましょう。

美肌作りで一番大切なのは、やはり日々のケアや食事を「ちゃんと行う」という事です。
それでも出来てしまったトラブルは医療の力で改善する事も可能ですが、まずは日常でのケアをしっかり行って、美しい肌を維持しつづけてくださいね。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

編集部スタッフさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

頬コケ、たるみ。わずかな注入量で若見えするヒアルロン酸注入の匠にヒアルリフトお願いしてみた

頬コケ、たるみ。わずかな注入量で若見えするヒアルロン酸注入の匠にヒアルリフトお願いしてみた

年齢とともに気になってくるのが、頬コケや頬のたるみ。ふっくらと若々しい状態を取り戻したい! そんな思いで美容医療を検討した時に、有力な選択肢として考えられるのがヒアルロン酸注入ではないでしょうか。しかしながら、「いわゆるヒアル顔のような不自然な顔になりそう」「ヒアルロン酸リフトっ [»続きを読む]

見えないところから女子力あげてこ!美容医療のフェムケアリスト

見えないところから女子力あげてこ!美容医療のフェムケアリスト

顔だけじゃなくてさまざまなパーツの美容に対する意識も高まっている中で、女性特有の体の悩みをケアする”フェムケア”への意識も高まっています。 美容医療業界も例外ではなく、さまざまなフェムケア施術が次々登場しています。今回は女性の悩みに特化した美容医療施術やマシン治療をご紹介します [»続きを読む]

お休みを利用してさりげなく美をアップデート! GW中におすすめの美容医療

お休みを利用してさりげなく美をアップデート! GW中におすすめの美容医療

2024年のGW(ゴールデンウィーク)は、3日間の平日を挟んだ飛び石連休。中のお休みもとってしまえばなんと10連休というビッグホリデイとなります。週末の到来を今か今かと待ち侘びている皆さん、せっかくの連休は毎日おでかけもいいですが、長い連休を利用しての美容施術などはいかがでしょう [»続きを読む]

冬もシミ対策! シミの改善に効果的な化粧品・サプリメント(薬含む)5選

冬もシミ対策! シミの改善に効果的な化粧品・サプリメント(薬含む)5選

冬は夏ほど紫外線が気になりにくく、UVケアを怠りがち。ですが冬は肌が乾燥しやすく、日差しが強くなくても紫外線のダメージを受けやすい状態ですので注意が必要です。 放っておくと、シミやくすみが目立ってくることも。 日焼け止めや適度な保湿はもちろんですが、さらにスキンケア製品やサプ [»続きを読む]

意外と見落としがち!ケアすれば見違えるほど美肌になる肌のエイジングサイン

意外と見落としがち!ケアすれば見違えるほど美肌になる肌のエイジングサイン

美しい肌を保つためには、日々のスキンケアが欠かせません。しかし、年齢を重ねると共に現れるエイジングサインは、自分でも意識しづらい部分も多くあります。そこで今回は、「意外と見落としがちなエイジングサイン」について詳しく解説します。これらのサインを早期に察知し、適切なケアを行うことで [»続きを読む]

保湿ケアの新着記事

春の全身美に近づく、トータルビューティセットが発売

春の全身美に近づく、トータルビューティセットが発売

ウールコートの中が少し汗ばんで、そろそろスプリングコートに変えようかな、と思ったら、それはもう春の訪れ。 軽やかに新しい季節を迎えるとき、メイクやスキンケアはもちろんのこと、髪やボディもふんわり軽く気分をチェンジしたいですよね。 毎月、ハッピーなサプライズボックスが届けら [»続きを読む]

jobikai ビューティーウォッチ

今年どんな美容が流行りそう? 美容専門家が注目している美容法とは

今年どんな美容が流行りそう? 美容専門家が注目している美容法とは

2023年も後半に近づいてまいりました。もし来年、今年を振り返ったときに、こんなのはやったね〜、なんていうことも想像できますが、それをあえて今から、予告してみようということで、まさに今流行り始めている、また、今年はやるであろうものを、美容感度の高いお二人に伺ってみました。 [»続きを読む]

jobikai ビューティーウォッチ

夏でも保湿は重要! 7月からの潤いボディケア特集

夏でも保湿は重要! 7月からの潤いボディケア特集

いよいよ夏本番が近づいてまいりました。 夏は汗をかいたりベタつきが気になりやすいため、ついつい保湿を忘れがちですが、実は冬とは少し違う理由でしっかりと潤いケアがとても重要になります。 逆に適切な保湿を怠ると、乾燥、肌荒れ、ニキビ、光老化を起こしてしまうかも! 今回は、夏の潤 [»続きを読む]

jobikai編集部

編集部スタッフ

肌の乾燥が気になる季節に◎お家で潤いチャージが叶う、おすすめアイテム

肌の乾燥が気になる季節に◎お家で潤いチャージが叶う、おすすめアイテム

空気が乾燥しやすいこれからの時期、簡単に潤いチャージできるアイテムに頼ってみて! 今回はお家で気軽にできる、潤いチャージアイテムをご紹介します。 [»続きを読む]

美容家

船山葵

ナチュラルデザインで新年スタート! 1月のMy Little Boxはニールズやproductのワックス入り

ナチュラルデザインで新年スタート! 1月のMy Little Boxはニールズやproductのワックス入り

新たな年が始まりましたね。 筆者は年末年始の運動不足からか、新年初出社はもうぐったりでした(笑) スタートダッシュで頑張ったみなさんは、そろそろ疲れがでてきた時期ではないでしょうか。 今回のMy Little Boxにはリラックス効果のあるアイテムやマスク生活でも役に立つア [»続きを読む]

南紫

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録