30代女性のダイエットの悩みは筋トレで解決

30歳を超えてから体重が増えて脚やお腹周りが太くなってきた。
今までは気にならなかったところが、ブヨブヨするようになってきた。
というような経験はないですか?

年齢を重ねると気づかないうちに、体は太りやすくなっていきます。そして、体型の変化に気づくのがちょうど30歳を超えたころです。
「今まで何もしなくても太らなかったから、自分は太らない体質だと油断していた」という方はこれからどうしたらよいか悩んでいるのではないでしょうか?

今回は、30代から始めるダイエット方法について説明していきます。

なぜ、30歳を過ぎると太りやすくなってしまうのか

人間の消費カロリーの70%は基礎代謝が担っています。ダイエットにも大きく影響しています。
しかし、20代に入ると基礎代謝量が年齢を重ねるたびに低下していきます。
30歳になると太り易くなるのではなく、実は20歳から見た目では分からないけど、太りやすくなってるんですよ。
30代になって見た目や体感で初めて太ったって気づくんですね。
実際は30代で太り始めるのではなく、見た目に出やすくなるのが30代という事です。

30代から始めるダイエット法

オススメするダイエット法は運動です。30代は特に基礎代謝が低くなり、ホルモンバラスも乱れやすくなります。それを改善していくために運動を見直していきましょう。

基礎代謝を高めるために筋トレ

基礎代謝を高めるためには筋トレが最も効果的です。
まずは、自分の自重負荷からでもいいので行ってみましょう。
オススメの種目を3つご紹介します。

1.ステーショナリーランジ

一番優先すべき部位は下半身の筋肉ですね。
太ももやお尻といった大きい筋肉が集まっている下半身の筋トレは基礎代謝を向上させてくれます。
ステーショナリーランジは太もも、お尻を鍛える種目としてとても有効な種目です。

ステーショナリーランジの方法についてはこちらの記事

2.プッシュアップ

プッシュアップは胸、二の腕、体幹と上半身の筋肉を網羅的に鍛えることができます。
胸の筋肉という大きな筋肉にプラスして腕、体幹にも刺激が入るので1種目で多くの範囲の筋肉を使い、代謝アップを期待できます。

プッシュアップの方法についてはこちらの記事

3.ヒップリフト

ヒップリフトは体の背面を鍛えることができます。
背中、腰、お尻、太ももの裏に刺激を入れることができます。

ヒップリフトの方法についてはこちらの記事

筋トレをすると脂肪燃焼に効くホルモンが分泌される

上記の3種目のような大きな筋肉を使う種目を行うと、成長ホルモンという脂肪分解に働いてくれるホルモンが分泌されます。
成長ホルモンは脂肪を分解するのに最も強力なホルモンです。

しかし、筋トレの前に有酸素運動を行ってしまうと、この成長ホルモンの分泌が著しく落ちてしまうので、最初に筋トレを行うようにしましょう。

30代からでも代謝を向上して、ダイエットしやすい体に変えることは可能です。
筋トレをライフスタイルに取り入れていきましょう。

女の筋トレ! 自宅フィットネスでスタイルアップ の記事

コメント

コメントを書く

お気に入り

4 4

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

体型・フェイスライン > エクササイズ・筋力トレーニング

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録