内ももに隙間が! ものぐさ必見座ったまま美脚エクサ

きっと、この記事を読みながらやってみたくなる、座りながらカンタンにできる美脚エクササイズ

運動したいけどジムに行く余裕がないという方は多いはず。
仕事、家事と忙しくなかなか時間を作ることのできない毎日。
そして、運動自体に苦手意識を持っている方も。

でも座りながら美脚エクササイズができたとしたらどうですか?

オフィスで仕事をしながら、ソファでテレビを見ながら美脚になれちゃう。
今回はそんな方法をご紹介していきます。

美脚に必要な筋肉は内転筋!!

足のラインが気になり始めることの多くは、脚の筋肉が衰えて太ももが横に太く見えることが原因です。
その中でも最も衰えやすいのが内転筋です。

内転筋は太ももの内側についている筋肉で、「内ももの筋肉」と呼ばれたりします。
内転筋が衰えると、太ももの間の隙間が埋まってしまいます。

内転筋が衰えやすい理由は、普段の歩行動作でほとんど使われない筋肉だからです。

太ももの前や後ろについている筋肉は歩行動作など日常動作でもよく使われています。
しかし、内転筋に関しては太ももを内側に動かすときにしか使われないので、日常の動作ではほとんど使われないのです。

そのため、筋肉も衰え、脂肪もつきやすく、太ももが横に太く見えやすくなります。

もし、座った状態で自然に膝が開いてしまうという方は内転筋が弱ってしまっている可能性が高いです。

実践!! 椅子に座りながらエクササイズ

内転筋のエクササイズは椅子に座りながらカンタンに行う事ができます。
用意するもの
・椅子
・500mlペットボトル

手順
1.椅子に座る
2.膝の間にペットボトルを挟みペッボトルをつぶすように内側に力を入れる。
3.力を入れた状態で15秒キープ。
4.2~3を3セット繰り返す。

内ももに力が入っていることを意識してください。

注意点
・両足首を合わせた状態で行う。
・つま先は外を向かずにまっすぐ前を向いている状態にしておく。

※右の二枚目の写真のように足元が開いてしまうと膝に負担がかかってしまうので、必ず足首の真上に膝がくるようにしましょう。

座りながらできてしまう運動ですが、結構キツイです。
膝に挟むだけでも効果がありますので、力を入れるのが苦痛になってきたら膝に挟んだ状態でキープしてみましょう。

力を入れない場合は、なるべく長時間行えるように頑張ってみましょう。
長時間キープする事により、膝が外に開いてしまう癖を改善することもできます。

是非、オフィスでの作業中や家で座っている時にやってみてはいかがでしょうか?

女の筋トレ! 自宅フィットネスでスタイルアップ の記事

コメント

コメントを書く

お気に入り

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

体型・フェイスライン > エクササイズ・筋力トレーニング

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録