シミが出来たら!? 外からケア①美容マシン・フォトフェイシャル

シミが出来ちゃったら・・・美容オタクではない人はけっこう諦めがちだけど、ちょっと贅沢を我慢してシミのためにお金を使うなら・・・絶対に美容医療が効果テキメン!!!

シミ対策は内から外から!わたしはフォトフェイシャルで消してきました!

人生の救世主!フォトフェイシャルとは!

フォトフェイシャルとは光治療用のマシーンのことで、お肌に光と熱を当てることにより深部にちょっとしたダメージを与えてコラーゲンの生成を活性化しシミやクスミやニキビを治療するもので、その人のお肌の悩みに合わせて波長を変えて治療できるので安心です。そしてそのフォトフェイシャルに高周波をプラスしたものがフォトRFです。クリニックによって微妙にネーミングが違いますが、わたしが知っている限りで「IPLフォトフェイシャル」「BBLsスーパーフォトフェイシャル」「●●式フォトフェイシャル」などなど。製造会社が違うようですね。効果はほぼ同じですが日々進化はしているのでクリニックのドクターに聞いてみるのが一番です(^^)/

フォトフェイシャルとレーザー治療は似て非なるもの

レーザー治療というのは単一波長でシミをピンポイントでジジっと焼いて消すもので、フォトフェイシャルのように全体に光を当てて治療する広域波長なものとは同じレーザーでも別物になります。顔中に広がるシミならフォトフェイシャル。ホクロのような濃いシミをバシっと消したいならレーザー治療!レーザー治療は「焼く」のでダウンタイムは傷が治癒するまでになります。

ダウンタイムが少ないフォトフェイシャル

フォトフェイシャルはダウンタイムが少ないこともオススメ理由です。写真は高須クリニック名古屋院の高須英津子先生に照射していただいている最中のワタクシです♪こんな感じに冷たいジェルを厚塗りしてから光を当てるので痛みはかなり軽減されます!

フォトフェイシャルの効果にドハマリ!そして美容人生の幕開け!

運命を変えたフォトフェイシャルとの出会い

思えば小学生の頃から色白で顔中ソバカスでいっぱいでした。30代になった時、そこに年齢によるシミも加わって、のちはピューマか豹かチータのような模様になってしまうんじゃないかと思うほど、顔中のシミソバカスはどんどん増えて行ったのです。その時ちょうどワタクシの代表作「OLヴィジュアル系」という美容漫画を描いておりまして、時代は1999年「プチ整形」という言葉がチラっと出てきたタイミングでした。そんなわたしにあの有名な美容医療のパイオニア!高須クリニックの高須克弥院長が「かなつセンセ!うちにプチ整形受けに来てよ」と人懐っこく言ってくださいまして。まあ、週刊誌の取材と言う形でしたが、そこで生まれて初めて「フォトフェイシャル&ヒアルロン酸注入&ボトックス」なるアンチエイジング三種の神器(?)を体験させていただいたのです。

初体験のフォトフェイシャルに…感動♡

ハッキリ言って注射が痛くてマジ泣きで「もう二度とやらん!」が当時の感想でした。でもフォトフェイシャルに関してはもう目がハート!長年の悩み、にっくきシミが全体に細かくジュジュっと焼けて、5日後にポロポロと取れ始めた時のあの感動は一生忘れません!高須院長、あの時はモンク言ってごめんね(^^)そしてそれから高須クリニックに通いました!フォトフェイシャルはやはり1度では全部のシミが取れるわけではなく回数を重ねて徐々にシミを消していくタイプなので月1で通っているうちにシミは薄くなり全体に元の色白になっていきました。この素晴らしい体験で、わたしの美容オタク人生の幕が開いてしまったというわけです。その後わたしはいろいろな美容法を試してきましたがやはりシミにはこのフォトフェイシャルを越えるものはないと思っています。レーザーは焼くので大変だし他の美白法は効果が遅くてじれったい。なのでこのフォトフェイシャルLOVEなのは今も昔も全く変わっておりません!

シミをフォトフェイシャルで治療して感じた効果は!

フォトフェイシャル 施術~効果がでるまでの流れ

そんなフォトフェイシャルを詳しく説明いたしますと、洗顔後お顔に冷たいジェルを厚塗りしてくれて顔全体に光が出るマシンを当てて行くわけです。フォトフェイシャルは黒い色に反応するという特徴があるのでシミが濃い部分はジジっと熱い感じがします。シミが全くない部分は何も痛みを感じません。全部で10~15分くらい当てて終了します。そのあとはメイクも出来ます。が、シミがあった部分は茶色く焦げておりデートや合コンはやめておいた方が賢明です。わたしの場合、焦げたシミ部分がカサブタみたいになっていたのですが、そのカサブタが照射5日後くらいにポロっと取れて、なんとシミが跡形もなく無くなっていた!という感動の赤ちゃん肌との再会がありました!全部のシミが無くなったわけではなく濃いシミが焦げて剥がれたようでした。薄いシミはまだまだ残っていました。当時「ソバカスは色が薄くマシンが反応しないから消えない」と複数の医師に言われておりました。が!何回も何回もフォトフェイシャルを回数重ねてしつこくやっていたらソバカスも消えて行きました。

フォトフェイシャル後は保湿ケアとUVケアがマスト

フォトフェイシャルのあとのケアはいつもの保湿やクリームなどでOK!ただ紫外線だけは完璧に防がないと剥がれたあとのベビースキンは無防備です。またすぐにシミ再発となるのでくれぐれもUVケアだけはしないと後悔します。1999年のフォトフェイシャルデビューからもう18年・・・今もわたしは足繁くフォトフェイシャル(&プラスα)に通っております。ソバカスが消えたとはいえ他人には見えない自分にしか見えないソバカスが気になって気になって!そしてUVケアは怠っていなくともいつの間にか出てくるシミというものが歳を取ると出てきます。なのでタイトルにもある「いたちごっこ」なのであります。わたしのフォトフェイシャル人生は死ぬまで終わらないのです。

フォトフェイシャルを受ける上でのポイントや注意点

肝斑にはフォトフェイシャルはNG!

そんな大好きなフォトフェイシャルですがたまに「シミがかえって濃くなったあ!」という話を聞きます。いろいろな理由があるかと思いますがその一つとして「もしかして肝斑では?」があります。肝斑は両頬左右対称に出たりします。肝斑だと治療するマシンが違ってくるので「ちゃんと判断できる医師」と「いろいろな種類のレーザー治療が出来るクリニック」が揃っていることが大切です。そして何でもそうですが「相性」があるのでわたしの愛するフォトちゃんですが効果が全くない!という友人もいました。わたしとしては「シミ体質」の救世主だと思うのですが・・相性が悪ければ他の治療法を模索するしかありません。。。

フォトフェイシャルの注意点

フォトフェイシャルでの注意点はとにかくUVケアを怠らないことです。照射後2か月3か月は海でうっかり日焼け‼なんてことのないよう注意が必要です。つうかフォトフェイシャルを定期的に受けるならもう一生紫外線にさらされる環境にあってはいけないと思います。せっかく薄くなったシミなのに無駄になってしまいますからね。わたしは無駄になるのがいやなのでインナーケアとして日焼け止めサプリなども飲んでいます。そのことはまたの機会に♪

フォトフィシャルのクリニック選び

というわけでシミ治療に季節は関係なく四季を通して一年中、わたしは月1でフォトフェイシャルと・・・あといろいろやっております。そのいろいろはまたの機会に(^^)/クリニック選びで重要なのは「安すぎない」こと。安い所は間違いなくショット数が少ないです。フォトフェイシャルは5万円台が相場でしたが最近は値崩れを起こしているようです。安くても3万円台が安心ですね。でもショット数が少なくてもやらないよりはマシという考えもありますので人それぞれですが。あとはちゃんとした信用のできる医師がいること。当然ですね(^^)/

わたしが行っているクリニックは
・高須クリニック
・TIクリニック
・安さなら湘南美容外科クリニック
・たまにタカナシクリニック

内からと外からのシミ対策をシリーズでご紹介!お楽しみに

今回はシミシリーズとして数回書かせていただく予定です。シミは内から外からアプローチ!が鉄則。その方法を美容オタク漫画家の体験から書いていきたいと思っております!

コメント

コメントを書く

お気に入り

2 2

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

スキンケア > 美白・シミくすみ対策

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録