忘れてない?うっかり日焼けしがちなUVケアすべきパーツ8選

公開 

yui (43歳)

0 0

冬場は忘れがちだけど、夏は毎日日焼け止めは欠かさない!というあなた、でもちょっと待って。本当に忘れていませんか? 顔や腕、脚など、目に見えて範囲の広い体のパーツはきちんとUVケアしていても、実は日焼けリスクがあるのに忘れがちなパーツを見落としている可能性があります。UV対策しっかりしたい人はこれを読んで「うっかり焼け」を予防しましょう。

日焼け止めやUVケアを忘れがちなパーツはこれ!

髪・頭皮

全身で最も紫外線を受けやすい部分、それは顔でも腕でもなく、頭です。二足歩行で立って歩く人間にとって最も太陽に近い頭皮や髪は、なんと顔の2倍以上の紫外線を浴びていると言われています。
しかも、一年の中で7〜8月は12〜1月の2倍以上の紫外線量がありますので、カラーやパーマをする以上のダメージを受けてしまいます。夏は湿気も強いことからスタイリングを楽にしようとパーマをかける方も多いと思いますので、パーマダメージと紫外線ダメージ両方を受けないためにもUVケアはしておきたいところ。
また、ヘアカラーは紫外線が褪色や変色に大きく影響しますので、綺麗なカラーの維持のためにも正しいヘアケアをしましょう。

夏の髪・頭皮ケア方法については、こちらの記事を参考にしてください。

<関連>頭皮と髪はカラダの2倍以上紫外線を受けている!?夏に気を付けるべきヘアケア3か条

うなじ

外出が多い日に、気がついたらうなじ焼けしてしまっていた、なんて経験ありませんか? 日焼け止めが洋服に着くのが嫌、自分で見えなくて塗りにくい、などの理由から、UVケアを怠りがちになってしまう部位です。
もし服につくのを避けたい場合は、うなじを覆えるような髪型にしたり、うなじまで隠れる日よけや帽子をかぶると簡単に紫外線が防げます。日傘などもおすすめです。

耳も頭の次くらいに、紫外線を特に浴びる箇所。皮膚が薄い分、日やけどすぐに皮がめくれたりしやすいですよね。
メイクの時など、顔に日焼け止めを塗る時についでに耳にもつけておくようにしましょう。

日中に目を開けて生活する以上、当然ながら目も紫外線を浴びます。単純に目が乾燥してしまい紫外線ダメージを受けてしまうというのもリスクとしてありますが、目に紫外線が入ると、脳が紫外線からの体の防御力をあげようと、メラニンを生成する命令を出すなど、シミなどの原因を作ってしまうと言われています。目から受ける紫外線リスクを防ぐためにも、つばのついた帽子やUVカットメガネ、サングラスなどを活用しましょう。

唇も顔の一部ですが、日焼け止めを塗るという人はおそらくほとんどいないでしょう。でも顔の肌よりも皮膚が薄くシミにもなりやすい部分ですので、UVケアをしておくに越したことはありません。
リップクリームに日焼け止め機能のついたものがありますので、活用しましょう。

手の甲

腕に日焼け止めを塗る時、手や指先まできちんと塗っていますか?
手は年齢が誤魔化せないと言われるほど年齢が出やすく、老化が顕著に現れる部位。老化の主な原因は手も顔と同じく紫外線ですので、特に紫外線を浴びやすい夏こそ、ハンドケアが必要なのです。
手に日焼け止めを塗るにしても、べたつくのが嫌という場合は、ベタつきを抑えたつけ心地のライトな日焼け止めもありますので、こまめに塗り直しましょう。また、夏用のメッシュ手袋などもありますので、活用しましょう。

足首〜足の甲

「うっかり日焼け」の代表格といえば、足首や足の甲ではないでしょうか。
足元はあまり人に見られないからと、日焼けリスクを気にしない人は多いと思いますが、サンダルや靴下などのライン通りに日焼けしてしまってから後悔するというのは夏のあるあるですよね。
サンダルや靴下を履く前に、忘れずに日焼け止めを塗りましょう。

ふくらはぎ

「うっかり」どころか、日焼けしていることにすら気が付きにくいのがふくらはぎの日焼け。でも後ろから見たらふくらはぎだけ焼けているのって目立つので要注意!脚のすねなどには日焼け止めをぬていても、ふくらはぎだけ塗り残してしまう、ということはよくあります。でも実はすねよりふくらはぎの方が紫外線を浴びやすいんですよ!

うっかり日焼けを防ぐコツ

服を着る前に日焼け止めを塗る

うなじや足の甲などをうっかり日焼けしてしまう理由は、服や靴を身につけた後だと日焼け止めが塗りにくいから、という部分が大きいのではないでしょうか。それならもう服を着る前に全身に日焼け止めを塗るように習慣づけるのが確実ですね。

UVカット素材の服を着る

うっかり!とまではいかなくても、実は背中やお腹など、服で覆われている部分も日々紫外線を受けてじんわりと少しずつ日焼けしています。紫外線は洋服まで透過して行くんです。
日焼け止めに頼らずとも、遮光・UVカット効果のある肌着やはおりもの、ストールなどを活用すれば、そう言ったジワジワ焼けも防げます。
日焼け止めを塗った時の質感や、服につくなどの心配があって、日焼け止めをつけたくない!という方にもUVカット効果のある衣類はオススメです。

美白命!とにかく焼けたくない人のための完全遮光グッズ

全身に使えるスプレータイプの日焼け止めを常備

顔、体、髪にも使えるスプレーやミストタイプの日焼け止めを、玄関や職場などの手にどどきやすい場所に常備しておくと、外出の際にさっと使えて便利です。

小さい容器の日焼け止めを持ち歩く

日焼け止めは時間が立つほど効果が弱まりますので、やはり一日のうちに何度かこまめに塗り直した方がいいです。かさばるのが嫌なのであれば、全身に使えるタイプのもので、小さい容器のものをバッグに忍ばせておきましょう。

日焼け止めを上手に選ぶシーンやテクスチャ別の使い方

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

ライター紹介

yui (43歳)

 

yuiさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

体の芯からポカポカ♡ぬくもり長続きする 「温熱系」入浴料7選

体の芯からポカポカ♡ぬくもり長続きする 「温熱系」入浴料7選

寒い季節はあったかいお風呂が至福のひと時。床に就くまで体のぽかぽかを持続させるために、体を芯まで温めてくれる入浴料の力を借りましょう。ということで、温熱効果が高く、どっさり使えてコストパフォーマンスの高い温熱系入力料を集めてみました。 [»続きを読む]

塗るボトックス「アルジルリン」はどんな効果の成分? その効果と安全性を解説!

塗るボトックス「アルジルリン」はどんな効果の成分? その効果と安全性を解説!

年齢を感じさせる目尻のしわや、キツい顔に見せる眉間のしわ。化粧品ではなかなか改善できずに悩んでいる人も多いと思います。 とはいえ、美容医療に頼るのはまとまったお金がかかるし、怖い・・という人にぴったりなのが、「アルジルリン」という最新の成分です。通称「塗るボトックス」とも呼ばれ [»続きを読む]

小顔に見せたいならファッションも重要! 顔が小さく見える服装のポイント6選

小顔に見せたいならファッションも重要! 顔が小さく見える服装のポイント6選

せっかくお気に入りの服を着ても、なんだか今日は顔が大きく見えるな・・・と思ったことはありませんか? 実は、それは気のせいではありません。選ぶ洋服によっては、やたらと顔が大きく見えてしまったり、反対に小顔に見えることがあるんです。それを上手に利用すれば、顔の大きさにコンプレックスが [»続きを読む]

エステサロンで小顔になろう!人気メニューの特徴とその効果とは?

エステサロンで小顔になろう!人気メニューの特徴とその効果とは?

ホームケアではちょっともの足りないけど、美容医療まではしたくない。そんな時にぴったりなのがエステサロンです。今は小顔になるためのメニューが充実しているので、じっくり通いたい人から即効性を求める人まで、幅広い目的に合わせて選ぶことができます。 でも、メニューが多いだけに自分にはど [»続きを読む]

ほうれい線をセルフケアで解消する方法とは? やってはいけないNG行動もご紹介します!

ほうれい線をセルフケアで解消する方法とは? やってはいけないNG行動もご紹介します!

シミや小じわなど、年齢とともに目立ってくるエイジングサイン。その中でも、もっとも解消したいのはほうれい線だという人は多いと思います。ほうれい線は、しわのなかでも深さといい、長さといい、かなり目立つ存在。この2本があるだけで、老化を感じさせる恐ろしいものです。 そんな憎いほうれい [»続きを読む]

美白・シミくすみ対策の新着記事

デイリーに使いたい! 白肌エフェクト&大気汚染から守る日焼け止めがビオレUVから登場

デイリーに使いたい! 白肌エフェクト&大気汚染から守る日焼け止めがビオレUVから登場

光拡散効果で肌トーンアップをしながら、チリや花粉・PM2.5などの微粒子から肌を守る日焼け止めがビオレUV アクアリッチのラインナップに新たにin! 花王独自の微粒子付着抑制技術による効果と、使い心地についてお伝えします。 [»続きを読む]

jobikai編集長

しゅん

ニベアに白い粉を混ぜて美白? ビタブリットCの効果や代替アイテムについて

ニベアに白い粉を混ぜて美白? ビタブリットCの効果や代替アイテムについて

広告などで「ニベアと白い粉を混ぜて使うだけで美白」なんていうもの、見た事ありませんか? 調べてみるとビタブリットCというビタミンCパウダー系のアイテムのようですが、これは本当に効果があるのかどうか、解説します。 [»続きを読む]

やなぎた

マスク焼けを防ぐには〇〇への強さが重要!人気の『アスリズム』がパワーアップして今年も登場!

マスク焼けを防ぐには〇〇への強さが重要!人気の『アスリズム』がパワーアップして今年も登場!

梅雨の真っ只中で雨の日も多いですが、晴れた日には強い紫外線が気になりますよね。今年は外出時には常にマスクを着けていたりと気にすることも増えていますが、だからといって油断できないのがUV対策。紫外線は老化の原因の約8割とも言われているので、しっかりと意識しておきたいところです。 [»続きを読む]

すっぴん美肌をつくる専門家

須田夏美

【読者プレゼント1名様】24時間美白!すっぴんorメイク どっちも使えるIPSAのスキンケアパウダー

【読者プレゼント1名様】24時間美白!すっぴんorメイク どっちも使えるIPSAのスキンケアパウダー

もともと根っこがすぐにズボラになる筆者。 コロナ以前からリモートワークだったのですが、自粛要請が出た途端、急に気が緩み、すっぴん+部屋着という「今日、お休みですか?」と尋ねられても仕方ない状態に突入してしまいました。 好きなだけ仕事をして、一区切りついたらご飯を食べて [»続きを読む]

鈴木のぞ美

【動画】クリニックの美肌治療の効果はどの程度? フォト&RFを編集長が体験レポート

【動画】クリニックの美肌治療の効果はどの程度? フォト&RFを編集長が体験レポート

美容ケアというと、ちょっと前までは化粧水や美容液といったケアが基本で、より美しい肌を目指すならエステサロンに通うというイメージでしたが、最近ではここに新しい選択肢として「美容皮膚科」での美容医療ケアが入ってきていますよね。 でも、美容医療はなんとなく気になっていても、値段も高め [»続きを読む]

jobikai編集長

しゅん

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録