美白命! とにかく焼けたくない人のための完全遮光グッズ

いくら日焼け止めを塗って、飲む日焼け止めを飲んでも長時間外にいるとうっすら焼けてしまうなんてこともありますよね。そんなうっすら日焼けも許せない美白命の筆者がおすすめの完全遮光グッズをリアルな声とともに紹介します。これを身につければうっすら日焼けも防げること間違いなしです。見た目はちょっと暑苦しいですが、本当に日焼けしたくないなら見た目を気にしていられない!

遮光率 100%と99.9%の違いは大きい

皆さんは日傘がほしい! と思った時選ぶポイントはなんですか? デザイン? それとも持ち歩きのしやすさ? それから、日焼けしたくない人にとってはなによりUVカット率を気にしますよね。
デパートやバラエティショップでよく見る日傘のUVカット率は「99.9%以上」なんてものが多いですが、ほぼ100%だから安心だと思っていませんか? 残念ながらその「0.1%」がうっすら日焼けには命とりなんです。
紫外線は目に見えないのですが、UVカット率99.9%の日傘は少しだけ光を通しています。蛍光灯に向かって傘をさすと少しだけ光を通しているのがわかりますよ。この隙間が紫外線を通しているということが想像できますよね。しかし完全遮光の日傘はまったく光を通していません。たかが「0.1%」、されど「0.1%」なのです。この「0.1%」の隙間を通り抜けた紫外線が蓄積されるとうっすら日焼けに繋がってしまいます。また、長い目で見るとそれが将来のシミやしわの原因になってしまうかもしれません。この「0.1%」の紫外線のエネルギーも侮ることができません。
だからこそ美白命の私は、100%完全遮光日傘をおすすめします。ちなみに、よく見る「一級遮光」の表記ですが、数値にするとこちらも遮光率「99.99%以下」なのでご注意ください。

完全遮光アイテムブランド「サンバリア100」と「芦屋ロサブラン」

こだわりの完全遮光アイテムですが、実はまだほとんど普及しておらずリアル店舗ではほとんど購入できないのが現状です。その中でも信頼できる完全遮光のブランドは「サンバリア」と「芦屋ロサブラン」です。この2大ブランドの違いは、性能的にはほとんどありませんが、価格やデザイン、製造地が違います。お好みで選んでくださいね。

サンバリア100 芦屋ロサブラン

まずは定番「サンバリア100 完全遮光日傘 2段折フリル 13500円」

完全遮光の日傘と言えば「サンバリア100」の日傘ではないでしょうか。私はコンパクトに収納したかったので、2段折を購入しましたが、折っても45㎝なので意外とコンパクトではありません。そのため折って持ち歩くことは全くないです。
柄が‘ストレート’か、‘木曲がり’が選べるのですが、手にひっかけられて置き忘れ対策にもなるので絶対木曲がりがおすすめです。

足元までカバーできないのが難点

傘の直径は約85㎝、傘全長:約66cm(木曲がり手元)、約60cm(木ストレート手元)です。
傘を広げた大きさでみても足まではカバーできていない気がするので、次購入するときは絶対ロングにします。
しかし、安心感と信頼感はさすがのサンバリア100です。紫外線はもちろんのこと可視光線も全く通さないので涼しい! 内側が黒く、紫外線と可視光線を吸収してくれるので照り返し対策にもなります。
完全遮光グッズデビューにはもってこいのアイテムです。


日傘にしては値段が高いなと感じるかもしれませんが、UVカット率が低い日傘は紫外線防止成分が傘本体に織り込まれているので使っているうちにUVカット率が落ちてしまいます。そのため数年ごとに買い替える必要があります。ところが、サンバリア100の日傘は傘の生地自体でUVカットしているので生地が破けない限りUVカット率が落ちることはありません。つまり破けない限りずっと使うことができます。
私は、この日傘に絶大な信頼を置いているので曇りの日でもないと不安です。雨が降らない限りは常に持ち歩いています。晴雨兼用として使えるように撥水加工をしているようですが、傘が傷んで汚れてしまうのが嫌なので私は雨の日はあまり使わないようにしています。

顔の次に焼けやすい腕に「芦屋ロサブラン ロングアームカバーL」6,372円

日傘をさしていても腕はむき出しなのでもちろん日焼けは気になります。特に手の甲は年齢が現れやすいので紫外線による老化を防ぐためにしっかり対策しておきたいところ。
以前、腕は日焼け止め+遮光率96%のアームカバーで防御していましたが、伸縮性の高い素材だったため隙間ができやすく紫外線が入り込みやすいと思い怖くなってこちらを購入しました。

めちゃくちゃ暑い

傘と同じ素材なのでシャカシャカします。紫外線、可視光線、赤外線をブロックする完全遮光構造なので風も通しません。そのかわりめちゃくちゃ暑いです。その暑さに考慮されていて内側メッシュです。メッシュの部分から紫外線が入り込んでこないか少し心配ですが日傘差しているから大丈夫かなとも思っています。自転車や車を運転するときの日傘を差せない状況の時におすすめです。特に車の運転はうっかり日焼けしやすいポイントなのでぜひとも対策しましょう。

地面の照り返しに「芦屋ロサブラン スキンケア加工フェイスマスクL」3024円

日傘を差して頭上からの紫外線をブロックしても油断はできません。環境省によると、アスファルトは紫外線の10%を反射します。また、紫外線は散乱もします。「正午頃では紫外線の総量のうち約6割が散乱光です。可視光の場合、散乱光の占める割合は1~2割程度です。(気象庁 紫外線の性質より)」これらのデータから、日陰にいても私たちは紫外線の脅威にさらされています。そのため、私はマスクで反射・散乱する紫外線対策をしています。
マスクの外側は傘と同じ完全遮光素材で、内側はコットン素材。また、当て布がついているので化粧が直接マスクにつくことはあまりありません。立体構造になっていて顔の形に密着して呼吸がしやすいと紹介されていますが、しっかり苦しいです(笑)
また、空気がこもって汗をかくので化粧が当て布につくのも少し気になります。
しかし、顎裏までカバーしてくれるので日焼け止めの塗り忘れが多いところもブロックしてくれて安心です。もう一度言いますが、完全遮光構造でとっても安心できますが苦しいです!(笑)
本当は首までカバーできるものが欲しかったのですが、不審者感が出ますので我慢しました・・・・・・。

目からの紫外線もキケン 「芦屋ロサブラン メラニンサングラス カジュアルタイプ」3888円

目も紫外線の影響を受けるのをご存知ですか? 目から入る紫外線でもメラニンが生成されてシミの原因になってしまうという説もあります。本当かどうかまだ正確なことはわかっていませんが、予防するに越したことはありません。それだけでなく、強い紫外線浴びると紫外線角膜炎や翼状片、白内障の原因になるそうです。
こちらのメラニンサングラスは有害と言われるブルーライト(紫外線や反射光はほぼ100%)をカットしてくれるのに、視界がクリアなので車の運転にももってこいです。また、大きめのレンズなので一番シミができやすい頬骨の高い部分もカバーできます。マスクと組み合わせると完璧に隠れます!

ここまで完全武装するメリット

ここまで過剰な日焼け対策をするメリットは3つあると私は考えています。

① アレルギーだから

紫外線アレルギーとは、その名の通り紫外線に当たると湿疹やかゆみがでる症状です。原因は様々ですが、対処法は日光を物理的に遮ることができるので紫外線からお肌を守ることができます。

② 日焼け止めが肌に合わないから

お肌が弱くて日焼け止めで荒れてしまう人もいます。そんな人でも、これらのアイテムを使うとしっかり紫外線対策ができます。

③ エイジングケアのため

「老化の80%は紫外線が原因」という言葉はご存知ですか? 老けて見えるシミやシワの原因の大部分は紫外線と言われています。将来後悔しないために紫外線対策をすることがとても大切です。

いかがでしたか? ここまで完全装備の人はそんなに見たことがないでしょう。ですから街を歩いていると二度見されることが何度もあります。
すべては、将来後悔しないための紫外線対策です。中途半端な防御ではなく、すべて完全遮光のアイテムなので暑いと感じることもありますが10年後、20年後の美しさのためならなんのその。これら全部をやる必要はないですが、少しでも気になるアイテムがあれば参考にしてみてくださいね。初心者さんなら日傘から車を運転する人ならアームカバーが特におすすめです。

コメント

コメントを書く

お気に入り

2 2

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

スキンケア > 美白・シミくすみ対策

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録