【コラム】シミ予防の食べ物の落とし穴!? ソラレンを知って上手に美白しよう

ビタミンCといえば、お肌の強い味方! 柑橘類に多く含まれていることから、レモンやオレンジを美白のために積極的にとっているという方、多いですよね。
ですが・・・
食べ方次第では、シミを作る食べ物になってしまうとしたら…?
美白の大敵、ソラレンを知り上手に食べてシミ予防しましょう!最後にシミ予防のための朝スムージーレシピもご紹介します。

シミ予防するなら食べ物に含まれる「ソラレン」を知っておくべし

「ソラレン」という言葉をご存知ですか?
主に柑橘類や一部の野菜に含まれている物質です。
ソラレンは、紫外線による反応が出やすくなる「光毒性」という性質を持った成分です。
紫外線によるメラニンの生成を抑える成分ビタミンCを多く含む食材には、実はこのソラレンも含まれることが多いのです。

シミの原因となる「光毒性」

なんでシミができるの?
みなさんご存知、太陽にあたると紫外線のダメージに反応し、シミができます。
実は紫外線よりも注意が必要なのが「光毒性」です。光毒性とは、紫外線を浴びることで起きる日焼けや肌の炎症などの反応を引き起こしやすくする性質です。
光毒性を持つ成分は幾つかありますが、「ソラレン」もその一つ。

ソラレンを食べた直後(消化により吸収され始めてから)は、ソラレンによる光毒性の影響で普段よりも強く紫外線ダメージを受けるため、日焼けや炎症を引き起こしやすく、結果としてシミがたくさん出来やすくなります。
その上、色素沈着を起こすとさらに深刻な状態になってしまうことも。
このソラレンの厄介な作用は、摂取してから約2〜7時間も続くのです。

シミ予防にはビタミンCを摂る時間帯・タイミングが重要

先ほど説明した通り、朝にビタミンCを摂るとソラレンが紫外線のダメージを増幅してしまい、シミの原因になってしまいます。ですので、柑橘類は夜に摂ることをオススメします!

朝食・ランチにはソラレンを多く含む食材を控えることが大事です。
柑橘系フルーツというと健康的なイメージがありますが、肌のシミ対策として考えると紫外線の多い時間帯はオススメしません。
摂取するタイミングを覚えておきましょう。

時間帯以外にもオススメなタイミングがあります。
果物は空腹時に食べるのがオススメです。特に美肌に良い栄養素がスムーズに身体に吸収されるからです。

ソラレンを多く含む食材を知って シミ予防に

こちらがソラレンを多く含む食材です。なるべく紫外線に当たる日中に食べるのを避け、夕方以降の日の出ていない時間帯に食べましょう。

<ソラレンが多く、朝とらない方がいい食べ物>
・レモン
・オレンジ
・グレープフルーツ
・アセロラ
・きゅうり
・人参
・パセリ
・セロリ
・しそ
・春菊
・三つ葉
・イチジク
・じゃがいも
など

ソラレンが少なくてシミ対策に有効な食材

ソラレンが少なく、シミを予防するのにおすすめな食材はこちらです。

・レタス
・大根(皮をむいたもの)
・トマト
・かぼちゃ
など

朝摂るならこれ! ソラレンが少ないスムージーレシピ

果物・野菜を使ったスムージー、皆さん朝に飲みたいですよね。
ソラレンが少なく、ビタミンCが豊富な、簡単に作れる「朝スムージー」をご紹介します。
ソラレンを気にせずにガブガブ飲めます!

材料

・トマト(キングオブ美白のトマトを必ず入れましょう。吸収率がアップします)
・パプリカ
・りんご
・バナナ
・スイカ
・桃
・いちご
・小松菜
・ほうれん草

朝にスムージーが飲みたい皆さん、この食材たちの中から、
お好みの味を選んで作ってください。葉物やナッツ類を加えると食物繊維もたっぷりで便秘解消にも効果的です。

食べてシミ予防するならソラレンと上手に付き合おう

ビタミンCの大切さを改めて

ソラレンが怖くて、ビタミンCの果物は食べたくないなんて思わないように。
ビタミンCは美白効果・肌の再生・ニキビの抑制・メラニンの生成抑制・活性酸素を取り除く作用・コラーゲン生成促進などなど。。。
ビタミンCは、老化の原因の酸化を守ります。

ソラレンを朝・昼に摂らないように頭に入れて、紫外線の少ない時間にたっぷりのビタミンCを摂取して、シミのない美しいお肌を保ちましょう。

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

スキンケア > 美白・シミくすみ対策

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録