カーヴィーを日常に! キュッとしたくびれの秘訣

1996年に15歳でデビューし、人気を博した山田まりやさん。
現在は36歳になりましたが、出産をしても当時と変わらぬ美しいくびれを維持しています。
その秘訣はなんと7年間地道に続けているカーヴィーダンス! さらにそこから応用したエクササイズを日常に取り入れているそうです。

地味な動きでジワジワと

年齢を重ね、出産をしても美しいボディラインをキープしている秘訣は7年間も通うカーヴィーダンス!
日常生活でもカーヴィーの動きを意識し、応用して取り入れ、くびれを意識した生活をしているそうです。

「(カーヴィーダンスの考案者である)樫木裕実先生の…… 」(山田さん)
「私も行ってました! でも難しくてできなかったの」(秋本祐希さん)
「1対1のトレーニングだと本当に地味な、ジワジワ効くトレーニングをしてくれる」(山田さん)

スタジオでも実際の動きを披露してくれました。

山田流くびれキープ術

立ち上がって上半身は動かさず、粘りをきかせて腰だけを回すのがポイント!
肩を閉じ膝の力を抜き、股関節に腰がおまけで乗っているようなイメージだとか。
上半身を伸ばしたまま一切、力を入れないことが重要です。腰を前後に動かすようにするといいそうです。

さらに肩甲骨を動かすと脂肪が燃え、代謝もアップします!
山田さんも「ただ回すって結構、難しいんです。7年前は本当に酷かったんです!」というように、慣れない間はこのような動きがスムーズにできなかったそうです。
しかしコツコツと努力を積み重ね、ようやく理想的なエクササイズができるようになったとのこと。

ハマりすぎてトイレでもエクササイズ

いつでもどこでもこの動きを取り入れ「トイレの個室とかでも」エクササイズをしてしまうそう。
「カラダがだるいな」と思うと腰を回しているようです。体が温まり、ほぐれるのだとか。

「ローマは1日にしてならず」の言葉通り、カーヴィーの動きを習得し、日常に取り入れること7年。努力を積み重ねた結果が今のくびれにつながっているのですね!

コメント

コメントを書く

お気に入り

3 3

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

体型・フェイスライン > エクササイズ・筋力トレーニング

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録