水谷雅子のエクササイズ「仙人体操って?」

「キレイすぎる主婦」として話題沸騰中の水谷雅子さん。美容研究家としての一面もあり、48歳とは思えない肌のハリとツヤは見る者を圧倒させます。
さらにお肌のハリ・ツヤだけでなくスタイルも抜群の水谷さん。一般的に年齢と共にスタイルは乱れがちとなりますが、水谷さんは「運動だと続かない」と無理のない動きでも、効果のある2種類の体操を取り入れスタイルを維持しているそう。

お休み前の体操でくびれを作る!

水谷さんは寝る前に必ず体操をしています。 それは布団の上に寝転んだ状態で行うのだそうです。

  • (1)布団に寝転んだ状態で足をそろえて45度上げる
  • (2)その状態のまま、足で1~20まで数字を書く

腹筋運動でポッコリお腹を撃退し、下半身も締まる効果があります。 これを習慣づけてやっているそうです。 とても簡単で楽ちんに見えますが、実は初めて挑戦する人だと“5”くらいでギブアップしてしまうほどの負荷がかかっています。

布団じゃなくても体操はできますが、硬い床で行うと腰に負担がかかるので避けましょう。つらい時は腰に手を当てたり、布団に手をついたりしても構いません。
ただし足はしっかり伸ばしてください。

仙人体操!? タイの健康法でリラックス

仙人体操ってご存知ですか? タイで昔から受け継がれた健康法で、ラジオ体操のような位置付けのようです。ストレッチや自ら施す整体のようなイメージでしょうか。

水谷さんはとても体が硬いそう。ヨガやティラピスに通いましたが、ポーズをとるのに必死で何回もカラダを痛めてしまいました。
しかし仙人体操は独自の呼吸法を取り入れた、ゆるやかな動きが基本。老若男女問わず行える体操なので、体が硬くても行えます。

初心者でも簡単に行える動きを教えてもらいました。

【仙人体操・初級編】肩甲骨を動かして“温活”しよう

こちらは肩甲骨を動かすため、肩こりに効くそうです。

  • (1)両肘を曲げ、手のひらは真正面
  • (2)鼻からゆっくり息を吸って肩甲骨を左右寄せるように後ろへグーッと倒す
  • (3)息を5秒止める
  • (4)鼻から息を吐いてゆっくり体を元の位置に戻す

これを3セット繰り返すとより効果的。

肩甲骨とは肩の下部にある出っ張った骨。この動きが悪くなると周囲にある筋肉の血行が滞り、肩こりの原因になります。
日常生活で肩甲骨周りの筋肉はあまり動かすことがありません。このようにしっかり動かして血流を促すことで、肩こりの解消が望めます。

さらにうれしいのがダイエット効果! 血流が良くなることでその周囲が発熱し、代謝が上がります。

「アツい……」(LiLiCoさん)
「うわぁ、(体に)きますね」(山田まりやさん)

呼吸を整えることでリラックス効果も期待できます。

美しくいるために「毎日コツコツやる努力が大事」と話す水谷さん。
まさに美は1日にしてならず。あきらめないことが何より結果につながっているんですね。

コメント

コメントを書く

お気に入り

5 5

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

体型・フェイスライン > エクササイズ・筋力トレーニング

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録