美白命ならやっておくべき!本気で肌を焼かないためのUV対策

美白は七難を隠す! とにかく白くなめらかな肌は美しい女性の象徴ですよね。
本気で美白する人が欠かせない、UV対策方法をまとめました!

日焼けしないファッション選び

UVケアはまず何といっても服から! 紫外線に対して一番防護力が高いのは、体を覆う面積が大きい服です。

トップスは暗め、ボトムスは明るめの色

ファッション選びのポイントとして、一つ目は色使い。
光は白など明るめの色の方が反射しやすくなるので、熱のこもり方などを考えても明るめの服を選んだ方が基本的には正解。
ただ、トップスが明るい色だと服に反射した光で顔が焼けてしまうなどの可能性が高まるので、特に首回りやデコルテ周囲は暗めの色のトップスを選ぶと、UVケア効率が上がります。

なるべく袖が長く密度が高い服を選ぶ

当たり前ですが、布の面積は大きい方が紫外線に対する防護力が高まります。なるべく長袖や長いすそのボトムス選びをしましょう。
また、ただ長くても繊維の密度がスカスカであればあまり意味はありません! しっかりと密度が濃く、肌を紫外線から守ってくれるものを選ぶ事が大切です。

UVカットのアームカバーやタイツを有効活用

とはいえ、長袖にロングスカートなんか着ていたら夏のファッションを楽しめないし、何より暑いですよね。
そこで利用したいのがUVカット効果のある繊維を使ったアームカバーやタイツ。
生地が厚くなくてもしっかりと紫外線をカットしてくれるものが多いので涼しいですし、ファッションの自由度も高まります。
タイツであればUVケアを忘れがちな足先の方までしっかり対策もしやすいので、是非取り入れて下さい。

日傘や帽子、サングラスもしっかり利用

日傘は外が白く、内側が黒いものを

紫外線対策を本気でやるなら、日傘などのアイテムもしっかり利用しましょう。
日傘を選ぶ際は、なるべく外側が白く、内側が黒い色を選ぶと、傘の外では紫外線を反射して熱がこもらず、内側は照り返しが起こらないので日焼けしにくいという状態にする事ができます。

また、UVカット率もしっかりチェックして、紫外線を多くカットするものを選びましょう。

ツバの広い帽子をかぶる

夏のイメージといえば麦わら帽子ですが、ツバの広い帽子は日焼け対策にとっても効果的!
特に、紫外線が一番強い時間帯は頭上からの光になりますので、頭をぐるっと覆うツバがついたタイプのものを選ぶ事で、顔や首回りの日焼けを予防する事が出来ます。
つばの大きさは7㎝以上のものを選んで、しっかりとUV対策に取り入れましょう。

サングラスの着用は絶対!

色々な対策をやっているのに、サングラスをしていない人も多いですが、美白命ならサングラスは絶対!
肌は、目から紫外線が入ってくる事でもメラニンを作り出していきますので、折角肌をケアしていても、サングラスをしていないと日焼けしやすくなってしまいます。
なるべく目を覆う範囲が広いタイプで、UVカット率が高いものを選びましょう。

紫外線対策グッズの選び方はこちらにも

日焼け止めはたっぷりこまめに!

日焼け止めについては、まず目的に合わせた強さのものを選ぶ事が大切ですが、それと同じように利用の仕方も重要。
特に塗り方は重要で、しっかりとUVカット効果を得るために、利用説明に記載されている分量を利用する事や、首など塗り忘れしがちな所までちゃんと塗る事が大切。
伸びが良いからと少なく利用したり、陰になるからと塗り忘れると、紫外線カットが十分に出来なかったり、照り返しの光で日焼けしたりしてしまいます。

また、日焼け止めはある程度の時間がたつと効果が薄れたり、汗で流れてしまいますので、こまめに塗り直しを行うようにしましょう。

日焼け止めの選び方はこちら

飲む日焼け止めなどのサプリメントや医薬品も活用!

飲む日焼け止め

本気で美白を目指すなら、飲む日焼け止めのサプリメントも有効活用しましょう!
飲む日焼け止めは紫外線によって発生する活性酸素の除去や、紫外線による肌の炎症を抑える事で肌を美しく保ちやすくするためのもの。
有名な所では「フェーンブロック」という成分が配合されたものや、「ニュートロックスサン」が配合されたものがあります。
紫外線を直接ブロックするわけではありませんが、紫外線によるダメージをケアしていく事で肌を白く美しく保つ事が出来ますので、補助的に利用しましょう。

肌を白くするL-システインも取り入れて!

美白目的のサプリメントによく配合される「L-システイン」は、メラニンを分解したり、作られるのを防いだり、更には排出されるのを補助するという効果をもった栄養成分。
紫外線対策ではありませんが、肌を白く美しく保つためには是非取り入れておきたいサプリメントです。

美白にオススメのサプリメントは他にも沢山!

目の下のシミ「肝斑」ならトラネキサム酸を

しっかり紫外線対策をしているのに、どうしても目の下や頬が黒ずんでしまうという場合、それは「肝斑」かも。
肝斑は主にホルモンバランスの関係で作られるものなので、紫外線対策をしっかりしていても出てきてしまう可能性があります。
肝斑はトラネキサム酸という医薬品の摂取で防止して肌を白くしていく事ができるので、一度皮膚科などで相談してみましょう。

本気の美白ケアで美しい素肌を!

紫外線のダメージは肌の老化を引き起こす一番大きな要因にもなります。
本気の美白ケアは、若く美しい肌質を保つためにも効果的なので、少しずつでも取り入れてみてくださいね!

コメント

コメントを書く

お気に入り

1 1

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

スキンケア > 美白・シミくすみ対策

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録