レジャーシーズンの紫外線対策!日焼け止めUVの目的別選び方

公開 

yui (41歳)

0 0

jobikai読者には「絶対紫外線浴びないぞ!」な意識高め美白女子が多いことでしょう。連休の多いレジャーシーズンはあちこちに出かける機会も増えるため、そのシーンごとに日焼け対策が必要になりますね。お出かけや目的ごとに使い分ける日焼け止めの選び方を押さえておいて、紫外線から徹底的にお肌を守りましょう!

まずは日焼け止めの表示・成分の見分け方を知ろう

日焼け止めを選ぶ際、何を基準に選んでいますか?
SPFの値、PAの値は必須として、その次に注目するポイントはなんでしょう。
テクスチャー?容器の形?無添加表記?
使い勝手やお肌のことを考えれば、紫外線防止の効果の高さ、伸びやすさ、効果の持続性、お肌への優しさ、そして最後にお値段、というところかと思います。

商品のキャッチコピーは巧みに心をつかんできますので、誘惑にひきづられて本当に欲しいものでないものを買ってしまう場合があります。自分の求める日焼け止めをきちんと選ぶ目を保つために、日焼け止めの値や成分表示の見分け方をまずは覚えておきましょう。

【SPF〇〇】数値が高いほど日焼けの防御力が高い

SPFは「日焼け止め指数」を英語で表した「Sun Protection Facter」の略です。
日に焼けて赤くヒリヒリするような症状(サンバーン)を防ぐ力を1〜50 +の数字で表します。数字が大きいほど防御力が高く、紫外線に当たって肌が赤くなるまでの時間にSPFの数字をかけた数だけ、サンバーンの時間を遅らせられます。
例えば、15分で肌が赤くなる人の場合、SPF30の日焼け止めを使えば
15×30=450 と計算でき、およそ450分間サンバーンを防ぐことができる、となります。

【PA+〜++++】+の数が多いほど紫外線の防止効果が高い

PAは「紫外線A波の防止レベル」を英語で表した「Protection grade of uvA」の略です。日焼け後に色素沈着などを起こす(サンタン)までの時間を、+の数だけ引き伸ばせます。例えば、PA++は4〜8倍に引き延ばすことができます。
しかしサンタンの時間は個人差があり、明確な基準があるわけではないので、利用シーンなどに応じてPAのレベルを判断しましょう。

【紫外線吸収剤】肌に“刺激強め”の日焼け止め成分

日焼けを防ぐ成分には大きく二つあり、その一つが紫外線吸収剤です。
透明で肌への伸びがよいため、一見して肌に優しそうな感じがしますが、実はそうでもありません。
合成の成分が紫外線を浴びると化学反応を起こし紫外線を吸収することで、肌に紫外線が入り込むのを防ぐ仕組みです。その化学変化で吸収剤から熱を放出するため、肌への刺激になることがあります。
(肌への刺激を抑えるように作られた吸収剤も存在します。)

顔以外の、多少肌に負担があってもそんなに気にならないボディ用としては吸収剤の方が使いやすいです。商品としては、汗に強いものが多いですが、化学変化で効果が弱るために塗り直しは必要です。

<代表的な紫外線吸収剤の成分表示>
これらの成分が含まれているものは、肌への伸びがよいですが、肌への刺激がつよめです。
・t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
・オキシベンゾン-3

【紫外線散乱剤】肌に”刺激弱め”の日焼け止め成分

日焼けを防ぐ成分を大別したもう一方が、紫外線散乱剤です。
敏感肌向けに「ノンケミカル」と謳っている日焼け止めは、吸収剤を使わずに、散乱剤を使っている商品です。
天然の鉱物を原料とし、光を乱反射させることで紫外線を物理的にブロックする仕組みです。
肌への刺激が少ない反面、日焼け止めとしては白浮きしやすく、塗り心地もこってりして伸びが悪いものが多いです。また、汗や水などで流れやすく、塗り直しが要ります。

<代表的な紫外線散乱剤の成分表示>
これらの成分が含まれているものは、肌への白浮きなどがしやすいですが、肌への刺激は弱めです。
・酸化チタン
・酸化亜鉛
など

目的別!日焼け止めの選び方

①.普段のメイク前に顔につけておきたい

・とにかく肌への負担を軽減できるものを
・吸収剤より散乱剤使用のもの
・PAは+〜++くらいでOK
・日焼け止め効果のある化粧下地でもOK

<おすすめ商品>
「オルビス サンスクリーンオンフェイス」SPF34/PA+++
肌に優しい処方でありながら、日焼け止め効果も高いので、朝つけておけば日中のある程度の紫外線はガードできます。色付きで肌の色の補正もしてくれます。

②.普段、手や首などにこまめに塗り直ししやすいもの

・体なので伸びがよく塗りやすい吸収剤でOK
・服に汚れがつきやすい散乱剤などは避けた方がいいかも
・SPFは15くらい、PAは++くらいでOK
・プッシュポンプタイプをおいておくのが便利
・UVカット機能つきハンドクリームもおすすめ

<おすすめ商品>
「ニベアサン プロテクトウォータージェル」SPF50+・PA++++
化粧水感覚で使え、石けんで落とせるため、入浴時に簡単に落とせます。
ポンプタイプで塗り直しも楽。

③.通勤などのちょっとした外出に髪などの露出部分を守る

・全身にさっとかけられるミスト・スプレータイプが便利(髪にもかけられる)
・服などが汚れにくい透明タイプのものがいい
・SPF30、PA++くらいでOK

<おすすめ商品>
「ラロッシュポゼ UVイデアXLプロテクションミスト」SPF50/PA++++
皮膚科でも売られている低刺激性。ウォータリーで繊細なミストなのでお化粧の邪魔をせず、さらに洗顔料でも落とせるので髪や全身に安心して使えます。

④.旅行や観光など外出が多い時に

・小さい容器で持ち歩きやすく全身に使えるもの
・乳液タイプは薄く伸びて軽いので便利
・長時間の外出が多いなら、SPF50+、PA+++以上のものを

<おすすめ商品>
「アリィ エクストラUVプロテクター ホワイトニング 25ml」SPF50+/PA++++
日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ美白処方。顔・体両方に使え、日常使いにも、炎天下でのレジャー・スポーツなどにも幅広く対応。

⑤.汗や水に強く、全身に使えるもの(海やプール用)

・ウォータープルーフは必須
・SPF50+、PA++++の最強ガードのもの
・ジェルタイプよりもクリームや乳液タイプの方が油分が多く水に強いものが多い

<おすすめ商品>
「サンプレイ スーパーブロック」SPF50+/PA++++
プチプラで惜しみなく使える上、紫外線散乱剤を中心に使った肌への優しさが魅力。隠れたロングセラーアイテム。

⑥.肌トラブルが少なく、使い心地や伸びの良さ重視の人

・白浮きせず肌にしっとり感の残るものがいい、吸収剤タイプを選ぶ
(肌に刺激強めなので顔以外に使うのをおすすめします)
・ジェルやクリームタイプのもので保湿剤の入ったものを選ぶ
・アルコールフリーのものが乾燥しにくい

<おすすめ商品>
「ニベアサン プロテクトプラスUVミルキィエッセンス」SPF50+/PA++++
保湿効果とUVカット効果が高い上、刺激が少なくボディ用のデイリーユース向きです。

⑦.肌が敏感な方の普段使いに

・白浮きしやすいが、散乱剤タイプを選ぶ
・ノンケミカルのものが安心
・アルコールフリーのものが乾燥しにくい
・敏感肌向けは効果が弱いものがあるので塗り直しはこまめに

<おすすめ商品>
「パックスナチュロン ナチュロンUVクリーム」SPF15、PA++
敏感肌のために作られたノンケミカル日焼け止め。効果は低いが塗り直ししても肌負担が軽め。

紫外線だけじゃない!ブルーライト対策も

目に見えなくても肌に影響を与えている紫外線に対し、目に見えていながら肌にも影響を与えているのがブルーライト。そもそも紫外線とブルーライトには明確に境界線があるわけではなく、とても近い波長を持っています。
ですので、スマートフォンやパソコンなどをよく見ているという人は、外出していなくても紫外線を浴びているようなもの。しかもブルーライトの肌への影響はまだはっきりわかっていないため、肌への悪い影響力は未知数なのです。
これを機にブルーライト対策もしておきましょう。

<おすすめ商品>
「ランコム UVエクスペールトーンアップ」SPF50+/PA++++
伸びがよく肌によく密着する上、透明感アップさせ美しく見せてくれます。それなのに紫外線もブルーライトもカット。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録