春のゆらぎ肌の原因はバリア機能の低下!?原因とスキンケア方法

春になると、なんだか肌がムズムズかゆくなって荒れがち、なんてことはありませんか?
春だけでなく季節の変わり目に肌が荒れやすくなってしまうのは、「ゆらぎ肌」の状態かもしれません! ゆらぎ肌はバリア機能が低下して様々な外部刺激に弱くなって肌荒れしてしまっている状態です。そんな「ゆらぎ肌」の原因を知って正しいスキンケアを始めませんか?

春になりやすい「ゆらぎ肌」とは?

「ゆらぎ肌」はいつもと同じスキンケア化粧品が沁みたり、肌がピリピリ痛くなってしまったりします。そのほかにも吹き出物ができるなどの肌トラブルが起きたり化粧ノリが悪くなる状態のこと。
「ゆらぎ肌」はバリア機能が低下して、様々な外部刺激に敏感になってしまっているのです。

ゆらぎ肌の原因

ゆらぎ肌の原因は絶対にこれ! と断定するのは難しいのですが、考えられるものを一つ一つご紹介します。

花粉による刺激

春の悩みと言えば、花粉! 花粉症の方にはとってもつらい時期ですよね。
花粉症は、鼻水・くしゃみ・鼻づまり・目のかゆみなどの代表的な症状のほかに、肌の赤みやかゆみなどの肌荒れ症状も引き起こしてしまいます。この花粉によるゆらぎ肌は花粉症の症状がない方でも肌への刺激がある事で起こってしまうこともあるので注意が必要です。

環境の変化によるストレス

春は出会いと別れの季節。新しい環境に身を置くという方も多いのではないでしょうか。
環境の変化は自分では気づかなくとも無意識のうちにストレスを感じていることが多いです。
ストレスを感じると自律神経が乱れてしまい十分な睡眠をとることが難しくなってしまいます。すると睡眠不足による肌荒れが発生してしまうというわけ。ストレスは百害あって一利なしです!

紫外線

春先は冬に受けた重大なダメージ‘乾燥’を引きずっていて、1年のうちで一番無防備な肌状態と言われています。そこに、2〜3月ごろからじわじわ上昇している紫外線を浴びてしまうと肌には大きなダメージになってしまいます。まだまだ寒いからと紫外線対策をおろそかにしてしまうと知らない間に紫外線のダメージを受けてゆらぎ肌に繋がってしまうのです。

ゆらぎ肌をすこやかに保つスキンケアのポイント

①帰ってきたら1番に洗顔する

ゆらぎ肌が気になる方は、帰宅したら一番にクレンジング・洗顔をしましょう。外出時についた花粉などの肌荒れに繋がってしまう要因を一刻も早く洗い流すことが大切です。

バリア機能が低下して肌が弱っている状態なので、脱脂力が強いものを選んでしまうと更に肌に負担になってしまいます。クレンジングはミルクやクリームタイプのものを選びましょう。また、洗顔は余計なものが入っていないシンプルな固形石鹸を選ぶのをおすすめします。クレンジング・洗顔ともに肌にのせている時間は1分以内、体温より低い32~24度のぬるま湯で素早くゆすいでタオルで優しく水滴をおさえたら完了です。

②スキンケアはシンプルに! バリア機能を高めるために「セラミド」入りのものを

ゆらぎ肌が気になるからと、あれもこれも肌に栄養をたっぷり与えるのは厳禁! 胃が弱っているときに焼き肉を食べるのと同じこと。弱っているときにこそシンプルなスキンケアを心がけましょう。

しかし、シンプルな化粧水・乳液だけのスキンケアなら何でもよいかというと違います。弱ったバリア機能を高めるために、バリア機能のほとんどを担っている「セラミド」入りのスキンケアアイテムを選びましょう。肌をこすらず、これでもか!としっかり保湿をするのが、ゆらぎ肌に欠かせないスキンケアです。これだけ?と思うかもしれませんが、シンプルに必要なものだけを肌に届けるのが大切なんです。

また、なにを使っても沁みてしまうというときは、ワセリンのみを肌になじませるスキンケアに切り替えて下さい。ワセリン自身に保湿力はありませんが肌の保護膜となってくれます。

③UV対策は欠かさずに。ただしアイテム選びに注意

紫外線はバリア機能低下の原因になってしまう一つの要因なので、365日毎日必ず日焼け止めを塗りましょう。しかし、紫外線防止成分は肌に刺激になってしまうこともあります。ゆらぎ肌で敏感になっている方は「紫外線吸収剤不使用」のものを選びましょう。紫外線吸収剤は、皮膚の上で紫外線を化学エネルギーに変換して紫外線を防いでいます。そのため、肌に刺激になってしまう可能性があるのです。‘ノンケミカル’と記載されているものは紫外線吸収剤不使用のものですよ。

ゆらぎ肌のメイクのポイント

肌がゆらいでいたってメイクは楽しみたい! ゆらぎ肌メイクのポイントをご紹介します。

①ミネラルコスメを活用する

ミネラルコスメとは、一般にクレンジング不使用・石鹸で落とすことができるメイクアイテムのことを指します。クレンジングはどうしてもその洗浄力の高さゆえ肌に必要な皮脂を奪いすぎてしまい、バリア機能を低下させてしまう恐れがあるので、石鹸で落とすことのできるミネラルコスメはゆらぎ肌の方にピッタリなんです。ただ、ややカバー力が弱いのが難点…。そこまで肌荒れがひどくない方は、肌はパウダーファンデーション、皮膚が薄く荒れやすい目元周りはミネラルコスメと使い分けるもの◎!

②日焼け止め+マスクとポイントメイクだけ

花粉症が原因で肌がゆらいでしまっている方にとって、春先はマスクが手放せないですよね。しかしマスクをしているからってメイクを手抜きしていませんか? ただでさえ花粉症やゆらぎ肌でテンションが下がっているのに、メイクができないなんてつまらない! マスクをしていても見える範囲の目元・頬はしっかりメイクをしましょう。
まず、紫外線は日焼けやエイジングサインだけでなくゆらぎ肌の原因となってしまうため日焼け止めはマスト。目元はいつもより気合を入れてまつ毛をカール、チークは少し高めの位置に入れてマスクから見えるところまで入れるとマスクを外した時にも自然な血色感が出て◎! こうすることで、マスクをしていてもメイクを楽しむことができますよ♡

春のゆらぎ肌は冬のうちのスキンケアで症状を抑えることができる!

ゆらぎ肌の原因は、バリア機能が低下していまい様々な外部刺激に敏感になってしまっていること。逆を言えば、バリア機能さえ正常だったら少しの刺激にもびくともしない強い肌を作ることができるのです! なので、冬の今時期からバリア機能を整えるためにしっかり保湿のスキンケアをすることでゆらぎ肌を少しでもマシにすることができますよ。

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

スキンケア > 肌質改善

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録