紫外線対策”3S” 皮膚がん発生率世界一だったオーストラリアに学ぶ

公開 

キャノン美佳 (46歳)

3 3

オーストラリアの紫外線は、日本の3~5倍あると言われ、皮膚がんの発生率も世界一でした。その皮膚がんの発生率下げることに成功したオーストラリアの紫外線に負けない努力と知恵を一緒に実践してみましょう!

オーストラリアの皮膚がん発生率を下げる努力

紫外線対策「3つのS」

オーストラリアは、皮膚がんの発生率がとても高い国で、長らく世界一でしたが、今ではニュージーランドが世界一となっています。その陰には、オーストラリアの国をあげての紫外線対策への呼びかけが大きく貢献しています。

「SLIP」「SLOP」「SLAP」の習慣

もうこれは、オーストラリアが呪文のように唱える言葉。SLIP「肌を露出せず、服を着ること」SLOP「日焼け止めをつけること」SLAP「つばの大きい帽子をかぶること」を政府があらゆる機会に、口を酸っぱくして伝えています。
この3つに加えて、「日陰を見つけてなるべく日陰に入る」「サングラスをする」も大切な要素としていつも挙げられています。

ここでみなさんお気付きのように、紫外線対策は、日焼け止めだけでは十分ではない、ということ。
日焼け止めをつけた上で、さらにいくつか紫外線対策を組み合わせることが強く勧められています。

日焼けサロンの禁止

オーストラリアでは、なんと日焼けサロンの営業は法律で禁止されています。 日焼けカプセルの紫外線は、真夏の日中の紫外線の6倍ほどの強さがあります。日焼けは時と共に薄くなっても、紫外線によるダメージは残ったままです。35歳までに日焼けカプセルを使った人は、使わない人に比べると59%も皮膚がんになるリスクが高まります。

さらに言うと、紫外線対策は、なるべく若いうちから始めるのが良い、ということ。様々な対策により皮膚がんの発生率が低下しているオーストラリアでも、依然として50歳以上の人の皮膚がんの発生率は高いのだそう。これは、50代の人が若いころには、紫外線対策のコンセプトがまだなく、すでにたくさんの紫外線ダメージを負ってしまっていたからです。

正しく日焼け止めをつける

オーストラリアの人は、日焼けしたがり。特に白人の人は、肌が白いのを隠して、なるべく肌を黒くしたいのです。オーストラリアの人は、そのほうが健康的に見えてスタイリッシュだと考えます。
そのため、日焼け止めをつけていても、十分についていないこともあり、正しい日焼け止めのつけ方も広める努力がなされています。
それぞれの日焼け止めの指示に従って使うことが前提ですが、

・出かける15分ほど前につける
・乾いた肌に伸ばす
・顔と首と耳につける日焼け止めの目安はティースプーン半分ほど
・全身日焼け止めをつけるとき、大人の場合ティースプーン1杯、35mlほどが目安量
・2時間おきに日焼け止めを塗りなおす

とアドバイスされています。

日焼け止めを選ぶときのポイント

正しい日焼け止めの塗り方の次に話題に上るのが、どんな日焼け止めを選んだらよいのか、ということ。オーガニックなコスメや自然に沿った暮らしに充実したオーストラリアでは、日焼け止めを選ぶときにも、単にSPF値が高い、汗に落ちにくい、といったような日焼けしない機能だけでなく、肌に害がないかも吟味したい点。
いろいろな選択のための要素がありますが、その中で、大きな3点をご紹介いたしますね。

紫外線吸収剤VS紫外線反射剤

日焼け止めの原材料には、「紫外線吸収剤」か「紫外線反射剤」が使われています。(両方の場合もあると思います)
紫外線吸収剤は、高い日焼け止め効果を出しやすく、紫外線がお肌に届かないように、活動粒子が紫外線より波動エネルギーレベルを上げて、紫外線を「吸収」します。
紫外線吸収剤の欠点は、外から帰って、室内に入り、紫外線量が減ったとき、日焼け止め成分粒子のエネルギーレベルが低下し、取り込んだ紫外線エネルギーを放出し始め、皮膚に到達してダメージを与えてしまうという点です。

それに対し、紫外線反射剤は、紫外線を反射させ、お肌に浸透することがなく、紫外線A波もブロックできます。
しかし、紫外線反射剤にも欠点があります。それは、紫外線反射剤は、厚く塗ると毛穴を詰まらせる原因になりかねません。代表的な紫外線反射剤の酸化亜鉛は、塗ったとき肌が白くなりやすい、というのも欠点の一つです。

酸化亜鉛VS酸化チタン

紫外線反射剤の代表的なものに、先ほど挙げた酸化亜鉛ともう一つ、酸化チタンが挙げられます。
どちらも紫外線A波、B波、両方ブロックできるので、ナチュラルな日焼け止めによく配合されています。
ナチュラルな日焼け止めで、酸化チタンよりも酸化亜鉛のほうが好まれる大きな理由の一つは、酸化亜鉛も酸化チタンも紫外線A波、B波両方防御できますが、酸化チタンは、短い紫外線A波しか防げないのに対して、酸化亜鉛は、より長い紫外線A波をブロックできる、という点です。また、酸化亜鉛には、炎症を鎮める作用があり、赤ちゃんのクリームに含まれるほど年齢を問わず使われるのも人気の理由の一つです。
ところが、酸化亜鉛にも先ほども挙げたように、肌が白くなりやすい、毛穴を詰まらせると肌トラブルになる可能性もある、という欠点があります。

ただし、酸化チタンが入った日焼け止めでも、他に日焼け止め効果を上げる成分が入っていたり、アンチエイジングや乾燥を防ぐスキンケア効果に優れていたり、様々な工夫が加えられています。
酸化亜鉛が入った日焼け止めでも、肌が白くならないようなるべく粒子を小さくし、塗ったときの透明感を大切にしている日焼け止めも現在では多く市場に出回るようになりました。
やはり、選択の際は、成分のラベルを見比べて、自分に合わない成分がないか、どんな日焼け止めが欲しいか、など目的にも合わせて選ぶのが良いですね!

ナノ粒子VSノンナノ粒子

酸化亜鉛ベースの日焼け止めの欠点として挙げた、「肌に塗ると肌が白くなる」という点、これを克服するために、現在では、粒子の小さい酸化亜鉛を使うことによって、肌が白くならない酸化亜鉛ベースの日焼け止めがたくさん手に入るようになりました。
それに伴い、オーストラリアでも話題に上るのが、ナノ粒子の日焼け止めとノンナノ粒子の日焼け止めです。
ナノ粒子は、粒子が小さいために、肌への浸透がよくなり、透明感が増す、という利点がありながら、粒子が小さすぎて、肌の奥深くに浸透し、細胞レベルで肌にダメージを与えるのではないか、という懸念もあります。
オーストラリアでは、酸化チタンと酸化亜鉛のナノ粒子の使用が認められていますが、これまでの研究などでは、ナノ粒子でも肌表面に留まり、肌を通ってダメージを与えていない、とのこと。
とはいうものの、ナチュラルな日焼け止めを作るメーカーでは、ナノ粒子を避けているメーカーがほとんどです。サイトなどの説明で「マイクロ粒子」と呼ばれている場合は、小さい粒子ですが、ナノ粒子ほど小さくない粒子を意味します。

しっとり、だけどしっかり紫外線ブロック★Natural InstinctインビジブルナチュラルサンスクリーンSPF30 200g

紫外線リスクの高いオーストラリアから学ぶべきこと

日本では、幸運にも、「日焼け肌」より「色白」を好む美意識が浸透しているので、日焼け止めをつける習慣が身についていますが、紫外線を防ぐつもりがうっかり肌に害になることのないよう、賢い日焼け止め選び、そして、日焼け止めだけに頼らない紫外線対策を心がけたいものですね。
紫外線対策ばっちりで、お日様のまぶしい季節、思い切りお楽しみくださいね♪

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

キャノン美佳さんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

オーストラリアに行ったら必ず買いたいエッセンシャルオイル3選

オーストラリアに行ったら必ず買いたいエッセンシャルオイル3選

オーストラリアと言えば、青い空、広がる大地といった大自然を思い浮かべますでしょう?まさにその通り!東京と神奈川を合わせたくらいの人数が、日本の20倍もある広大な国に住んでいるので、人よりも自然があふれる国。そんなオーストラリアには、、良質なエッセンシャルオイルがいっぱい!その中で [»続きを読む]

汗ばむ季節の体臭は不調のサインかも ニオイの原因別ケア法3選

汗ばむ季節の体臭は不調のサインかも ニオイの原因別ケア法3選

お日様まぶしい夏は、お出かけもたくさんできる楽しい季節ですが、肌の露出も多いだけに、汗をかくたび、ニオイも気になるところ…でもそのニオイ、本当は、体の不調を知らせてくれているのかもしれません!これを機会にニオイを元から断って、ついでにカラダもメインテナンス!男女を問わず、体臭ケア [»続きを読む]

"ムラムラ"から始めてみる、ナチュラル美人のお守り、ブッシュフラワーエッセンス

"ムラムラ"から始めてみる、ナチュラル美人のお守り、ブッシュフラワーエッセンス

「フラワーエッセンスとは、花のエネルギーを転写したエッセンス」と聞くと、なんだか敷居が高くなってしまいますが、「ココロからスキンケアできるお守りみたいなコスメ」を使わないのはもったいない!ココロからリラックスして、素肌美を実現! 忙しい女子の「毎日のちょっとした幸せ」をお手伝い [»続きを読む]

オーストラリア発祥、美容・健康にブリスボールを常備おやつに♪

オーストラリア発祥、美容・健康にブリスボールを常備おやつに♪

オーストラリア生まれの健康おやつであるブリスボールは、白砂糖なし、グルテンフリー、乳製品なし、のロースイーツです。オーストラリアらしい気張らないスイーツで、美肌、ダイエット、エネルギー補給など、忙しい時もカラダに良いものを! [»続きを読む]

現地スーパーで買える!お土産にも喜ばれるオーストラリアのお手軽美容グッズ♪

現地スーパーで買える!お土産にも喜ばれるオーストラリアのお手軽美容グッズ♪

オーストラリアは、オーガニック大国ですが、気負うことはありません。お気軽にスーパーにでも行ってみてください。日本では一般的でないものも何気なく売られていたり、お土産にもなる楽しい美容グッズがたくさんみつかるはずです! [»続きを読む]

美白・シミくすみ対策の新着記事

デイリーに使いたい! 白肌エフェクト&大気汚染から守る日焼け止めがビオレUVから登場

デイリーに使いたい! 白肌エフェクト&大気汚染から守る日焼け止めがビオレUVから登場

光拡散効果で肌トーンアップをしながら、チリや花粉・PM2.5などの微粒子から肌を守る日焼け止めがビオレUV アクアリッチのラインナップに新たにin! 花王独自の微粒子付着抑制技術による効果と、使い心地についてお伝えします。 [»続きを読む]

jobikai編集長

しゅん

ニベアに白い粉を混ぜて美白? ビタブリットCの効果や代替アイテムについて

ニベアに白い粉を混ぜて美白? ビタブリットCの効果や代替アイテムについて

広告などで「ニベアと白い粉を混ぜて使うだけで美白」なんていうもの、見た事ありませんか? 調べてみるとビタブリットCというビタミンCパウダー系のアイテムのようですが、これは本当に効果があるのかどうか、解説します。 [»続きを読む]

やなぎた

マスク焼けを防ぐには〇〇への強さが重要!人気の『アスリズム』がパワーアップして今年も登場!

マスク焼けを防ぐには〇〇への強さが重要!人気の『アスリズム』がパワーアップして今年も登場!

梅雨の真っ只中で雨の日も多いですが、晴れた日には強い紫外線が気になりますよね。今年は外出時には常にマスクを着けていたりと気にすることも増えていますが、だからといって油断できないのがUV対策。紫外線は老化の原因の約8割とも言われているので、しっかりと意識しておきたいところです。 [»続きを読む]

すっぴん美肌をつくる専門家

須田夏美

【読者プレゼント1名様】24時間美白!すっぴんorメイク どっちも使えるIPSAのスキンケアパウダー

【読者プレゼント1名様】24時間美白!すっぴんorメイク どっちも使えるIPSAのスキンケアパウダー

もともと根っこがすぐにズボラになる筆者。 コロナ以前からリモートワークだったのですが、自粛要請が出た途端、急に気が緩み、すっぴん+部屋着という「今日、お休みですか?」と尋ねられても仕方ない状態に突入してしまいました。 好きなだけ仕事をして、一区切りついたらご飯を食べて [»続きを読む]

鈴木のぞ美

【動画】クリニックの美肌治療の効果はどの程度? フォト&RFを編集長が体験レポート

【動画】クリニックの美肌治療の効果はどの程度? フォト&RFを編集長が体験レポート

美容ケアというと、ちょっと前までは化粧水や美容液といったケアが基本で、より美しい肌を目指すならエステサロンに通うというイメージでしたが、最近ではここに新しい選択肢として「美容皮膚科」での美容医療ケアが入ってきていますよね。 でも、美容医療はなんとなく気になっていても、値段も高め [»続きを読む]

jobikai編集長

しゅん

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録