神田うの流ストレッチで美bodyを手に入れよう<その2>腰からお尻

上半身に引き続き、腰からお尻にかけてのストレッチを紹介していきます。腰は年齢とともに硬くなりやすいところ。硬い腰だとぎっくり腰の原因にもなるのでストレッチをして柔らかくしましょう。

上半身のストレッチはこちらをCheck!

神田うの流ストレッチ ~腰からお尻編~

「開脚をしてやると意外と大変なので、ヒザは曲げた状態でストレッチします」(神田うのさん)


こういうポーズでゆらゆらとゆれてみましょう。尾骶骨が気持ち良くなるそうです。

そのまま前へ倒れます。

☆Point!☆

きついという方は脚の裏をくっつけずにほどいても大丈夫です。

右斜め前へ倒れていきます

「右斜め前へ遠くに伸ばします。なるべく指先が遠くにいくようにします」(神田うのさん)


脚をほどいている方は左足を前にして右斜め前へ倒れましょう。

では同様に左もストレッチしていきます。
足を入れ替えましょう。

このストレッチをするときの注意!

「このようになっていると思うので」(神田さん)

「息を吐きながらできるだけ沈むように心がけましょう」(神田うのさん)

お尻が浮くギリギリのところまでキープしましょう。

まとめ

「みなさま、ストレッチはとても重要なのでぜひご自宅でやってみてくださいね」(神田うのさん)
毎日やれば必ずやわらかくなるそうです。ぜひお試しください。

コメント

コメントを書く

お気に入り

3 3

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

体型・フェイスライン > エクササイズ・筋力トレーニング

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録