キレイは食から。神田うの流おすすめキッチンアイテム「ホタテの力」

今回の座談会メンバー
神田うのさん、LiLiCoさん、中川祐子さん、GENKINGさん

母から教えられた小さい頃の食生活が今の美を支えている

神田うのさんのビューティレシピとはなんでしょうか?

「食べ物にこだわります。
うちの母親もとにかく食べ物にはこだわって、私のことを無添加に育てたんです。お菓子とかも添加物なしで。
ポテトチップとかも、作ったの。袋を開けたりとかなかったの」(うのさん)

「お母さんすごいね〜」(LiLiCoさん)

「パンも作ってたの。酵母パンとか、ロールパンとか。
だから袋とかに入ったパンとか食べたことがなかったの。添加物とかが入ってるからいけませんって言われていたし」(うのさん)

「私、うのちゃんがお母さんになったからこだわるようになったのかなと思ったんだけど、うのちゃんのお母さんがそういう風にやってくれてたのね」(LiLiCoさん)

「私ももちろん、子供を産んで、母からも教わりながら、子育てしているんですけれども。
だから多分こんなにハチャメチャな生活をしても、意外と肌は丈夫だったりとか、髪もツヤが良かったりとか。
だから、”食べ物”なんだな〜って」(うのさん)

そんな、食の安全にこだわりのある神田うのさんから、今回は食に関するビューティレシピを紹介していただきました。

お野菜をキレイに洗う「ホタテパウダー」

神田うのさんがキッチンで愛用しているのが「ホタテの力 海の野菜洗い」という商品。日本さん帆立貝の貝殻を原料にした、天然素材の除菌洗浄剤です。うのさんから、このアイテムの使い方について説明していただきました。

早速ホタテパウダーを使って野菜を洗ってみましょう

「これご存知ですか?“ホタテの力”っていうパウダーなんですけど」(うのさん)

「えー?知らない~」(GENKINGさん)

「お野菜は皆さん普通にお水で洗うでしょう?でもそれだけじゃダメなの。
なので、私はブロッコリーとか、ナスとか、きゅうりとかも、これ全部(水の入った容器に)入れちゃうの。
そしてこのホタテパウダーを、こうやって(入れて)つけておくの」(うのさん)

「まじパウダーだねー!もっとお塩みたいなのかと思ってた!」(LiLiCoさん)

「トマトなんてもうすごいの!油が浮いてきたり、すっごく(水が)黄色くなるの。もう外では食べられなくなっちゃう!」(うのさん)

「えー!待って〜!私、トマト、洗わない~!」(LiLiCoさん)

「えー!ダメ~!ウソ~!」(一同驚き)

「水じゃ落ちないんですか?」(中川祐子さん)

「落ちないんです!普通の水で洗った後に、(ホタテの力を)やってみてください!パックのトマトをば〜!って入れたら、黄色くなりますよ」

さて、先ほどホタテの力を使ってつけおいた野菜はどうなったでしょう

「ほら見て〜!浮いてきたよ!油とか!汚い〜。なんとなく黄色くないですか?
これ食べちゃってたのよ。もっと黄色くなる(時がある)!本当にびっくりするでしょう?」(うのさん)

「なんか、(水面が)膜になってるよ」(LiLiCo)

「そうそう。生で食べるものは、これできちっと落としてあげないと。メイクと一緒ですよね」

手順・方法

大きめの容器に水と野菜を皮ごと入れる

特に生で食べる野菜は汚れなどが気になりますよね。皮は剥かずに丸ごと入れましょう。

ホタテの力くんを入れる

通常水洗いするところを、このホタテの力くんを入れた水で漬け置くだけでよりよく汚れが落ちます。

数分置いて汚れが浮いてきたら終わり

野菜の保存前に使いましょう

野菜は一度「ホタテの力くん 海の野菜洗い」で洗浄してから保存します。

効果

・残留農薬、ワックスの除去
・強アルカリの力で食材についている細菌類を除去

やってみる時のコツ・注意点

あまり長時間つけおきすぎると、表面の皮が荒れてきてしまいますので、説明書をよく読んで使用してください。

アイテム紹介

ホタテの力くん(日本漢方研究所)


ホタテの力 野菜・くだもの洗い

著書紹介

『女も殿であれ! UNO式サクセスルール』



女も殿であれ! UNO式サクセスルール

コメント

コメントを書く

お気に入り

1 1

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

ヘルスケア・体質 > 健康グッズ・アイテム

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録