ポークソテー 病み付きシークワシャーソースがけ

焼くだけの簡単レシピですが、ソースの一工夫でワンランク上の深い味に。糖質制限中でも満足感ある美味しいお肉料理です。

材料

豚肉ロース・・・1枚
(以下お好みで)
野菜(ピーマン、もやし、小松菜など)・・・適量

【ソース】
シークワシャー果汁(もしくはレモン汁)・・・大さじ1
バター・・・5g
醤油・・・大さじ1/2
(以下お好みで)
バルサミコ酢・・・大さじ1/2

下ごしらえ

豚ロースにフォークでぶすぶすと穴をつけます。特に筋のところは筋に沿ってフォークを刺していきましょう。
これによって肉質が柔らかく、火が通りやすく、味も染み込みやすくなります。

1.お肉を焼く

フライパンを熱し、油を敷かずにフライパンを熱します。温まってきたら豚ロースを焼きます。
(油を使わずに、豚の脂だけで焼くとよりヘルシーです)

片面が茶色く、パリッとほどよい焼き目が付いてきたら、火を弱めずにもう片方の面も焼きます。

同じように両面焼けたら、火を止め、野菜をフライパンに入れ、蓋をして余熱で蒸し焼きします。

これにより豚肉は程よく中に熱が通り、柔らかく仕上がります。
野菜も、焼きすぎて変色する、といったことがなく、程よく熱が入ります。

そのまま3〜5分おき、野菜に焦げ目がついた頃、焼きの工程は完了です。

(豚肉はしっかり火を通すことが大事です。切ってみたときに中が赤いようであれば、もう一度火を通しましょう)

2.ソースを作る

フライパンは洗わずに、お肉を焼いたときに出た肉汁を使います。

まずフライパンから焼いたお肉と野菜を取り出し、お皿に盛り付けます。

肉汁の残ったフライパンに、バター、醤油、シークワシャー、バルサミコ酢の順に入れます。

フライパンの熱で溶かして混ぜれば、ソースの完成です。

盛り付けと仕上げのコツ

豚のロース肉は、お皿に盛り付ける前に、まな板で斜めにスライスするように切りましょう。すると見た目に少しボリューム感が出て、少ない量でもたくさんたべれたような気持ちになれます。

ソースは、そのままかけてもいいですし、先に出したお肉と野菜をもう一度絡めて焼き直してもいいと思います。
お好みで使い分けてください。

お砂糖を使っていないのに、甘みとコクが!

甘いものを1つも使っていないのに、不思議とコクが出ますので、ただの塩コショウで味付けするよりもずっと美味しくなります。

見た目にも、簡単なのに本格的になりますので、手抜きがバレません笑

忙しい時でも使える簡単レシピですので、ぜひお試しを。

コメント

コメントを書く

お気に入り

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

グルメ > 自炊・お弁当

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録