永遠の謎!? 化粧水をつけるのは「手」「コットン」どっちがいい?

誰しもスキンケアで一度は悩むこと。それは「化粧水は手とコットンどっちで付ければいいの?」ではないでしょうか。コットンでつけると刺激がありそうだし、手でつけるとムラになりそうだし…。一体どっちがいいの?とお悩みの方もたくさんいらっしゃいますよね。そんな、【化粧水手で付けるべきかコットンで付けるべきか問題】をここらで解決しちゃいましょう!

化粧水を手でつけるメリット・デメリット

メリット

化粧水を手でつけることのメリットは、なんといっても肌への摩擦がないことに限ります。
強く手でたたいたりこすったりしないかぎり肌を摩擦することはほとんどないので、刺激が気になる方は安心です。
そのほかにも、自分の手で化粧水をつけると肌に直接触っているので保湿されたかどうか
わかります。また‘お手あて’という言葉がある通り、手で肌を包み込むように化粧水をつけ
ると、リラックス効果も得られたり、手のひらの体温によって化粧水が浸透しやすくなったりします。

デメリット

化粧水を手で付けるデメリットは細かいところにまでしっかりつけられないため、ムラになりやすい点です。また、手を清潔にしないで肌に触れてしまうと衛生的にも気になります。

化粧水をコットンでつけるメリット・デメリット

メリット

コットンで化粧水をつけると、細かいところにもつけることができて、ムラになりにくいのが最大のメリットです。また、軽くパッティングをすることによって肌の温度が下がり毛穴が一時的にきゅっと閉じるという嬉しい効果もありますよ。

デメリット

デメリットは皆さんもお察しの通り、刺激です。正しくパッティングをすればムラなく化粧水をつけることはできるのですが、間違ったコットンの使い方をしてしまうと摩擦によって肌の負担になってしまいます。

ズバリ! どっちがいいの?

化粧水を手・コットンでつける際のメリット・デメリットをお伝えしました。ここまで読んでくださったみなさまならお気づきかと思いますが、どっちがいいの?という答えはズバリ「使い分けるのが正しい!」です。だって、手で付けるのにもコットンで付けるのにもどちらもメリット・デメリットがあるから。どちらかだけを使うのもよいですし、コットンでパッティングしたあとに手で重ねづけするというW使いもいいですし、気分によって使い分けるのも◎

こんな場合は手でつけるのがオススメ

今日はとっても肌が荒れていて敏感だというときにコットンを使うのはおすすめできません。なぜなら、ただでさえ弱っている肌に摩擦による刺激を与えてしまうからです。そんなときは、コットンを使って化粧水をなじませるのはいったんやめましょう。とはいえ、手で強くパッティングをしてしまうのも刺激になってしまうので、化粧水を手のひらにとって優しく包み込むようになじませましょう。

こんな場合はコットンでつけるのがオススメ

コットンを使ってパッティングをすると肌温度が下がって一時的に毛穴が引き締まるため、皮脂が気になる方はぜひコットンを使って化粧水をなじませましょう。コットンパッティングのやり方は、人差し指と小指の間に十分に化粧水を含ませたコットンを挟み、下から上に向かって手首をひねりながらパッティングです。毛穴はやや斜め下に向かってあるので、下から上にパッティングをするとしっかり毛穴を引き締めることができます。

化粧水をつける際にコットンを使うか、手を使うかということは誰しも悩む問題ですよね。
ベストはどちらにもメリット・デメリットがあることを理解して肌状態に合わせて使い分けをすることです。

コメント

コメントを書く

お気に入り

1 1

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

スキンケア > 保湿ケア

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録