夏の疲れ肌はエイジングのサイン。秋口に始めるリカバリーケア

公開 

momoka

2 2

晩夏や秋口の肌は疲れ気味。夏に受けた紫外線や冷房のダメージで放っておくと静かに老化が進行していきます。本格的な秋になる前にしっかりケアしておかないと、秋冬の乾燥も相まって、肌は取り返しのつかない状態に……。だからこそ夏の終わりのこの時期にしっかりケアすることがこの先の肌の運命を左右するのです。
さあ、お疲れ肌への「労(いたわ)りケア」を始めましょう。

あなたは大丈夫? よくある夏の肌トラブル

□なんだか肌がどよーんと「くすんでいる」
□夏の終わりは「シミが増えた」気がする
□「肌がごわごわ」して化粧水が浸透しない
□夏なのに「乾燥」が気になる

これらのよくある夏の肌トラブル、あなたはいくつ当てはまりましたか? 他にもある!という細かいことまで挙げだしたらキリがない、こんな夏の肌トラブルの原因は、ほとんどが紫外線と冷房による「乾燥」・「冷え」です。
これらを放っておくと秋冬の乾燥も相まって、今よりさらにひどい状態になってしまう恐れも。つまり、夏に受けた肌ダメージをどれだけ早くリカバリーできるかがこれからの肌状態を左右するのです!

血行不良によるくすみケアは「ホットタオル」

夏は冷たい食べ物や飲み物を摂る機会が多かったり、薄着だったりと、ついつい体を冷やす行為をしがち。それのみならず、1日中冷房の冷たい空気にさらされているので、無意識に体が冷えて血行不良になってしまいます。
血行不良になってしまうと、美肌に必要な栄養素や酸素が隅々まで運ばれません。なぜなら、肌に必要な栄養素や酸素は血液が運ぶからです。さらに、血液は老廃物や二酸化炭素の回収もしているため、血行不良によって老廃物や二酸化酸素が溜まってしまい肌の老化につながります。よって、血行不良は美肌の天敵なのです! 
ちなみに、老けて見える青クマも血行不良が原因です。

そんな血行不良を解消するには、ホットタオルでケアしましょう。血行不良対策にはマッサージもおすすめですが、力加減を誤ってしまうとシミや色素沈着の原因になってしまうので、お手軽にできるホットタオルケアがおすすめです。

やり方は、とっても簡単! タオルを水で濡らしてしぼり、レンジで1分ほどチンをして軽く冷ましてから洗顔後の顔にのせるだけ。暖かくて気持ち良いと感じる温度にしてくださいね。
その後いつものようにスキンケアをしてください。

化粧ノリが悪い原因! ごわつきケア

化粧水がうまく浸透しないような、肌のごわつきの正体は、ターンオーバーが乱れることによって古い角質が肌に溜まってしまうこと。夏は紫外線や血行不良によって特にターンオーバーが乱れがち。
そんなお肌のごわつきは、酵素洗顔やふき取り化粧水を取り入れてケアしましょう。酵素洗顔やふき取り化粧水は肌が敏感な人にとっては敬遠しがちなケアですよね。適切な頻度を守れば角質ケアは怖いことはありません。しかし、毎日やってしまうと未発達の角質まではがれて「ビニール肌」の状態になってしまい、バリア機能が低下してしまいます。初めは2週間に1回と様子を見ながら取り入れてみてくださいね。よほどのことがない限り1週間に1回がおすすめです。

夏のトラブル№1。秋に持ち越したくないシミケア

楽しい夏の思い出の代償がシミ。老けて見えるので絶対に持ち越したくないところ。
シミが気になる方は美白コスメをとりいれることはもちろん大切です。美白コスメは予防なので紫外線が気になる夏だけでなく365日毎日使うようにしましょう。

もう一つ大切なのが保湿です! シミを目立たなくさせたいのにどうして保湿? と思いますよね。それは、しっかり肌が潤っているとターンオーバーが正常になり肌の生まれ変わりとともにシミを排出してくれるからです。保湿に欠かせない成分は、「セラミドとアミノ酸」です。これらは肌のバリア機能を担っている成分に似ているのでバリア機能を高めるにはぴったりの成分です。

保湿効果を高めるために、化粧水は1度づけではなく少しずつ優しくなじませて肌がもちっとするまで何度か重ね付けをしましょう。その時々の肌状態によって肌が必要とする化粧水の量は違います。肌がもういらない! というまでしっかり化粧水をなじませることが大切です。

秋になって肌の老けを感じてからでは遅い! 夏終わりの今時期からしっかりケアをすることが今年の肌運命を握ります。秋老け顔にならないために早めに夏のダメージをリカバリ―しましょう。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

ライター紹介

momoka

 

momokaさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

「ADDICTION ザアイシャドウ」をパーソナルカラー分析!おすすめメイク法もご紹介

「ADDICTION ザアイシャドウ」をパーソナルカラー分析!おすすめメイク法もご紹介

コスメ好きの心をわしづかみしている単色シャドウと言えば「ADDICTION ザアイシャドウ」。その色展開はなんと99色。ベーシックに使えるブラウンからちょっぴり挑戦的な色味まで様々な色味を取り揃えています。しかし正直99色もあると、どれが自分に似合うかわからないですよね。そんなあ [»続きを読む]

放っておくとシワ・シミに! 乾燥肌の正しい対策法3つ

放っておくとシワ・シミに! 乾燥肌の正しい対策法3つ

カサカサ、つっぱり、かゆみ、粉ふき…などなど、冬のこの時期は乾燥肌の悩みは尽きません。とにかくスキンケアでは保湿を意識しているけれど、なんだか効果はいまいち。乾燥肌を放っておくと老けると聞いたこともあるし、化粧ノリも悪くなってしまうから、今年こそ本気で乾燥肌を卒業したいと思ってい [»続きを読む]

美白命が伝授!とにかく焼けたくない人のための完全遮光グッズ

美白命が伝授!とにかく焼けたくない人のための完全遮光グッズ

いくら日焼け止めを塗って、飲む日焼け止めを飲んでも長時間外にいるとうっすら焼けてしまうなんてこともありますよね。そんなうっすら日焼けも許せない美白命の筆者がおすすめの完全遮光グッズをリアルな声とともに紹介します。これを身につければうっすら日焼けも防げること間違いなしです。見た目は [»続きを読む]

【新作コスメ】ティントなのに乾燥しない!「Diorラッカープランプ」レビュー

【新作コスメ】ティントなのに乾燥しない!「Diorラッカープランプ」レビュー

色もちが良いため長時間メイク直しをすることができない日の強い味方、ティントリップ。しかし、色もちが良いゆえ、乾燥や時間が経つと蛍光ピンクに発色してしまう点も気になりますよね。そんなティントのデメリットを解消して、色もち・うるおい・ツヤと求めるものをすべて備えたリップが発売されまし [»続きを読む]

SPF/PAってなに? 焼けたくない人のための日焼け止めの基礎知識

SPF/PAってなに? 焼けたくない人のための日焼け止めの基礎知識

日焼け止めが必須の季節がやってきました。絶対に焼けたくない! と思う方が日焼け止めを購入する際に気にされるのは「SPF/PA」の数値ですよね。しかし、その意味を正しく理解していますか? 「絶対に焼けたくない!」と思うならこれらの意味を理解することでより日焼け止めの効果を高めること [»続きを読む]

美白・シミくすみ対策の新着記事

デイリーに使いたい! 白肌エフェクト&大気汚染から守る日焼け止めがビオレUVから登場

デイリーに使いたい! 白肌エフェクト&大気汚染から守る日焼け止めがビオレUVから登場

光拡散効果で肌トーンアップをしながら、チリや花粉・PM2.5などの微粒子から肌を守る日焼け止めがビオレUV アクアリッチのラインナップに新たにin! 花王独自の微粒子付着抑制技術による効果と、使い心地についてお伝えします。 [»続きを読む]

jobikai編集長

しゅん

ニベアに白い粉を混ぜて美白? ビタブリットCの効果や代替アイテムについて

ニベアに白い粉を混ぜて美白? ビタブリットCの効果や代替アイテムについて

広告などで「ニベアと白い粉を混ぜて使うだけで美白」なんていうもの、見た事ありませんか? 調べてみるとビタブリットCというビタミンCパウダー系のアイテムのようですが、これは本当に効果があるのかどうか、解説します。 [»続きを読む]

やなぎた

マスク焼けを防ぐには〇〇への強さが重要!人気の『アスリズム』がパワーアップして今年も登場!

マスク焼けを防ぐには〇〇への強さが重要!人気の『アスリズム』がパワーアップして今年も登場!

梅雨の真っ只中で雨の日も多いですが、晴れた日には強い紫外線が気になりますよね。今年は外出時には常にマスクを着けていたりと気にすることも増えていますが、だからといって油断できないのがUV対策。紫外線は老化の原因の約8割とも言われているので、しっかりと意識しておきたいところです。 [»続きを読む]

すっぴん美肌をつくる専門家

須田夏美

【読者プレゼント1名様】24時間美白!すっぴんorメイク どっちも使えるIPSAのスキンケアパウダー

【読者プレゼント1名様】24時間美白!すっぴんorメイク どっちも使えるIPSAのスキンケアパウダー

もともと根っこがすぐにズボラになる筆者。 コロナ以前からリモートワークだったのですが、自粛要請が出た途端、急に気が緩み、すっぴん+部屋着という「今日、お休みですか?」と尋ねられても仕方ない状態に突入してしまいました。 好きなだけ仕事をして、一区切りついたらご飯を食べて [»続きを読む]

鈴木のぞ美

【動画】クリニックの美肌治療の効果はどの程度? フォト&RFを編集長が体験レポート

【動画】クリニックの美肌治療の効果はどの程度? フォト&RFを編集長が体験レポート

美容ケアというと、ちょっと前までは化粧水や美容液といったケアが基本で、より美しい肌を目指すならエステサロンに通うというイメージでしたが、最近ではここに新しい選択肢として「美容皮膚科」での美容医療ケアが入ってきていますよね。 でも、美容医療はなんとなく気になっていても、値段も高め [»続きを読む]

jobikai編集長

しゅん

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録