【母の日レシピ】簡単×華やか×美容効果抜群! 桃フラワーのレアチーズケーキ

もうすぐ母の日。普段は言えない感謝の気持ちもこの日は素直に伝えたいですね。大切なお母さんに「桃フラワーのレアチーズケーキ」を作ってみませんか? いつまでも元気で若々しいお母さんでいてもらうために、必要な栄養素を効果的に摂取できるよう計算された“とっておき”のケーキに仕上げました♪
とても華やかなケーキで一見ハードルが高そうですが、お菓子作り初心者でもご安心ください♡ こちらは混ぜて冷やすだけの簡単レシピです。身近な桃の缶詰を使用するので、面倒な皮むきも必要ありません。
お母さんへ、感謝の気持ちを込めて作りましょう♡

【レシピ】桃フラワーのレアチーズケーキ

甘さ控えめのサッパリとしたレアチーズケーキは材料を用意したら混ぜて冷やすだけの簡単レシピ。行程数が多いように見えますが、迷わず作れるよう細かくご説明しているだけなのでご安心ください。
そしてこのレシピは、オーブンも火も使いません。加熱するのは電子レンジでゼラチンを溶かす時だけ! ケーキ作りは苦手……という方でも挑戦しやすいですよ♡

〈道具〉

  • ・底が抜けるタイプの18cm型

★ POINT

底が抜けるタイプの型は100円対象外の商品としてですが、100均で売っています。それでも一般的な型よりかなり安く、半額以下の500円前後で購入可能です!
型が手に入らなくても、このように持ち運び便利なカップでも作ることもできます。

こちらのカップ(約4×4×7cm)では11個分作ることができました♪

〈レアチーズケーキ材料〉18cm型1台分

  • ・ビスケット………100g
  • ・無塩バター………50g
  • ・クリームチーズ………200~250g
  • ・(A) はちみつ………40g
  • ・(A) プレーンヨーグルト………150g
  • ・(A) 桃缶シロップ………大さじ5
  • ・(A) レモン汁………大さじ1
  • ・生クリーム………200ml
  • ・(B) ゼラチン………8g
  • ・(B) 水………大さじ3

〈桃フラワーの材料〉

  • ・(C) 白桃(桃缶)………約170g
  • ・(C) 缶詰シロップ………約120g
  • ・(D) ゼラチン………3g
  • ・(D) 水………大さじ2
  • ・食紅………少々

★ POINT

今回使用した桃缶は固形量250gの4号缶です。シロップを計量したところ、生地にシロップ大さじ5を入れると残りのシロップは約120gでした。
桃はカットの太さにもよると思いますが、私が使用した量は約170gです。余った桃を潰して生地に混ぜ込んでもおいしいので、その際は行程④で加えてください♡

〈下準備〉

  • ・(C)の白桃を2ミリほどの厚さにカットする。カットした桃と(C)のシロップを食紅で色付けをし、冷蔵庫で数時間浸しておく

★ POINT

食紅は少量でしっかり色が付きます。添付のスプーンいっぱいだと量が多すぎることがあるので、取り扱いに慣れていない方は爪楊枝の先で少しずつ加えて色を調整してください。

  • ・(B)(D)それぞれのゼラチンを別々に水に振り入れ、ふやかしておく
  • ・クリームチーズを常温に戻して、柔らかくしておく
  • ・無塩バターを電子レンジ700wで1分ほど加熱して溶かしておく(溶ければOK!)

〈作り方〉

① まずはケーキの土台作りから。
ビスケットをジップロックに入れ、粉々に砕く。ボウルに移し替え、下準備で溶かした無塩バターを加えてよく混ぜる

② 型に①を入れて、ラップの上から押し固めていく

③ 次にレアチーズケーキの生地を作っていきましょう!
下準備で常温に戻したクリームチーズを泡だて器で混ぜ、クリーム状にする

④ ③に(A)を全て入れて、泡だて器でよく混ぜ合わせる。余った桃を加える場合はここで入れる

★ POINT

ヨーグルトはそのまま使うとあっさり、水切りをして使用すると濃厚なケーキに仕上がります。
ヨーグルトの水切り法は「【簡単レシピ4選】真っ赤な野菜ビーツdeスイーツ祭り♡」の「【レシピ②】ビーツのヨーグルトクリーム」でご紹介しているので、そちらを参考にしてください♪

記事を読む

⑤ ふやかしておいた(B)のゼラチンを電子レンジ700wで30秒加熱して溶かし、④に混ぜる

★ POINT

ゼラチンが溶け残り、ダマがあるようならもう少し加熱してしっかり溶かしましょう!

⑥ 別のボウルで生クリームをとろみが出るまで(7分立てほど)泡立てる

★ POINT

生クリームは泡立てが進むほどフワフワなムースのような仕上がりに、あまり泡立てないとずっしりとした仕上がりになります。レシピでは7分立てを目安にご紹介していますが、お好みで調整してください。

⑦ ⑤の生地と⑥で泡立てた生クリームをしっかりと混ぜ合わせる

⑧ ビスケットを敷いた型に流し込み、冷蔵庫で2時間ほど冷やす

⑨ 土台となるレアチーズケーキがしっかり固まったら、デコレーション!
色を付けておいた(C)の桃をキッチンペーパーで水気を切り、外側から重ねるように並べていく

⑩ (C)のシロップを一度茶こしに通し、ふやかした(D)のゼラチンを電子レンジ700wで20秒加熱してシロップに混ぜる

★ POINT

こちらも⑤と同じです。ゼラチンにダマがあれば、様子を見ながら加熱してしっかり溶かします。

⑪ 型に⑩のシロップを静かに流し入れ、1時間ほど冷蔵庫で冷やし固める

⑫ シロップがしっかり固まったら、型から外して出来上がり!

★ POINT

型から外しにくい場合は、周りに包丁を入れるか、熱いおしぼりを型の周りに当てると外しやすくなります。心配な方は、型の周りにクッキングシートを付けて作ると安心です。

カーネーションと一緒に心を込めて作ったケーキをプレゼントすれば、お母さんもきっと喜んでくれますよ♡

いつまでもキレイで若々しいお母さんでいてほしい♡

いつまでも女性は「若々しくいたい」という気持ちを持ち続けているもの。誰だって「○歳には見えない!」「もっと若いと思った!」なんて言われたらうれしいです♡
このケーキはお母さんに若々しくいてもらう栄養素を詰め込みました!

【若々しさのヒミツ①】桃はキレイになるデトックスフルーツ!

“女性をキレイにする果物”と言われる桃は「カリウム」が豊富なフルーツ。カリウムとはミネラルの一種で、人体には欠かせない成分の1つです。余計なナトリウムを体外に排出する働きがあるカリウムは浮腫みの解消が期待できますが、それだけではありません!
カリウムは血圧や細胞の浸透圧を調整する作用があります。年齢を重ねるにしたがって、血圧は上昇しがち。高血圧に悩む方も増えてくるので、血圧を安定させるためにもお母さんには取り入れてほしいですよね♡
しかしカリウムは汗とともに流出してしまいます。暑くなるこれからの季節には、夏バテ防止のためにもカリウムの補給は大切なんです。

香りにもデトックスのヒミツがある!

桃の香り成分である「クマリン」には抗酸化作用、抗菌や抗血液凝固作用があり、リンパの流れをスムーズにして老廃物の排出を促す作用があります。
甘くてジューシーな香りにもデトックスを促す美のヒミツがあるなんて、ますます桃が好きになっちゃう♡

桃は体を冷やさないフルーツ

桃自体が体を温めるフルーツだと言われています。
冷え性の方が多い女性でも安心して食べられることも“女性をキレイにしてくれる果物”と呼ばれる理由かもしれません。

【若々しさのヒミツ②】桃でエイジングケア&冷え性改善!

桃は強力な抗酸化作用のある「ビタミンE」が豊富なフルーツ。“若返りのビタミン”と呼ばれることもあるビタミンEは、エイジングケアには欠かせない成分です。
また、ビタミンEは血行促進作用があるため、冷え性の改善や疲労回復、夏バテ解消効果にも期待できます。
他にも、桃は同じく抗酸化作用のあるポリフェノールの一種「クリサンテミン」や、コラーゲン生成に必須の「ビタミンC」など多くの美肌成分も含んでいるんです。
桃は缶詰でもビタミンE含有量がほとんど変わらないのでご安心を! それにビタミンEはクリームチーズにも多く含まれるので、両方から補うことができますよ♡

【若々しさのヒミツ③】桃がカルシウムの吸収率をアップ!

お母さん世代にとって、美容や健康のために特に必要となるのが「カルシウム」。このケーキでは、桃に含まれる「マグネシウム」がクリームチーズやヨーグルトのカルシウム吸収率をアップしてくれますよ♡
更年期以降、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量は一気に低下し、ホルモンバランスが乱れ、体に変化をきたします。この影響による体調不良が「更年期障害」と呼ばれるもの。しかもエストロゲン分泌の減少により、骨からカルシウムの流出を抑える働きも鈍くなる上にカルシウムの吸収率自体が低下し、骨粗しょう症を招く恐れがあるんです!
こういった健康上の理由だけではありません。美容においても、カルシウムは欠かせない成分です。ターンオーバーのサイクルをスムーズにしたり、筋肉や肌にハリを保ったりするためにもカルシウムは必須。カルシウムが不足するなら補ってあげることが大切です!

【若々しさのヒミツ④】悩みがちな便秘を解消!

女性は加齢によって便秘になってしまいがち。主に次のようなことがその理由です。

  • ・加齢により大腸の動きが鈍化
  • ・食事量の減少により、食物繊維や乳酸菌など腸内環境を整える成分が効率よく摂取できなくなる(腸内環境の悪化)
  • ・筋力の衰えにより、蠕動(ぜんどう)運動自体が低下

今回のレシピでは、ヨーグルトから善玉菌の代表格「乳酸菌」を摂取できます! 非加熱のレシピなので、乳酸菌も生きたまま♪
それに桃もポイントです。桃は水溶性食物繊維「ペクチン」が豊富なフルーツ! ペクチンはただの食物繊維ではなく、善玉菌を活性化する効果も期待できちゃう優れものです♡
ヨーグルトと桃は便秘になってしまう原因のどちらにもアプローチできる組み合わせになっています。先程ご紹介したカルシウムは筋力を保つためには必要な成分なので、こちらに関してもサポートできているんです。
毒素を排出しないと美容にも悪影響。毒素から発生した有害物質が血液に溶け込んで全身を巡って肌の老化や代謝ダウンにつながる前に、しっかりデトックスしましょう♡

普段言えないお母さんへの感謝の気持ちを込めて、若々しさのヒミツがギュッと詰まったケーキを作ってみてくださいね♡

コメント

コメントを書く

お気に入り

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

美グルメ > レシピ

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録