【簡単レシピ4選】真っ赤な野菜ビーツdeスイーツ祭り♡

美容のために買ったはいいけど、持て余してしまったビーツはありませんか?
現役モデルのスイーツヒーロー・miccoが女性に必要な栄養素が凝縮された“食べる輸血”ビーツを使った春色スイーツをご紹介します。これらはすべて3ステップ以内で完成です! ビーツ特有の土臭さを解消し、どれも子供から大人までおいしく食べられるスイーツになりました♪

すべてのレシピを組み合わせると、サッパリ美味しい豪華なミルクレープに大変身♡ 女子会はもちろん、“ベビーシャワー”にもいかがですか?

ビーツは「食べる輸血」と言われるほどの栄養価

ビーツは健康な血液を作るために必要不可欠な成分「鉄分」と「葉酸」が含まれている野菜で“食べる輸血”と言われています。ビタミンB群の一種である葉酸は、細胞分裂やDNAの合成に必要不可欠な成分で、ビーツはこの葉酸含有量に特化!
ビーツは大根の約3.5倍、キャベツの約1.5倍に相当する100gあたり110μg(マイクログラム)の葉酸を含みます。一般女性の摂取量は1日あたり240μgなので、目安量の約半分をビーツ100gで摂取することが可能です。

葉酸は赤ちゃんの成長を促す大切な成分。妊娠がわかった時は既に妊娠初期です。この時期に細胞分裂やDNAの合成を促す葉酸を摂取することはとても重要。妊活中から日常的に葉酸の多い食品をとるのが理想的です。葉酸は妊活中から意識して摂取しましょう♪

それに葉酸は赤ちゃんだけではなく、母体もサポート! 貧血や高血圧を予防したり、母体の細胞分裂も正常化してくれたりします。

世代を問わず美容・健康に欠かせない栄養が満点

ビーツはビタミン類もバランス良く、たっぷりと含む食材です。

  • ポリフェノール:抗酸化作用
  • ビタミンC:免疫力アップ、コラーゲン生成
  • カリウム:浮腫みや高血圧予防
  • カルシウム:骨や歯を強くする
  • ビタミンA:皮膚や粘膜の正常化、抗酸化作用
  • 食物繊維:整腸作用

どれも世代を問わず美容や健康を保つために欠かせない栄養素ですが、妊娠中の悩みを解消する栄養素でもあります。

たっぷりとビーツを食べてほしい!
その気持ちが強すぎて、レシピも盛りだくさんの内容になってしまいました。(笑)
それぞれ単品でも十分美味しく食べることができますし、これらを組み合わせると豪華なミルクレープになっちゃいます。作り方も簡単、それぞれが3ステップ以内で完成です♡
まずはビーツジャム、ビーツのヨーグルトクリーム、ビーツのガトーショコラのレシピを皆さんに教えちゃいます♪

【レシピ①】ビーツジャム

ビーツジャムはヨーグルトクリーム、ガトーショコラに使用しますが、たっぷり作ってもアレンジ自在! このままジャムとしてトーストに塗ったり、紅茶に入れたり、スムージーにしたり、色々活用できます。

〈材料〉ビーツ1缶分

  • ・ビーツの缶詰………1缶
  • ・甜菜(てんさい)糖………ビーツの固形量と同量
  • ・レモン汁………大さじ1
  • ※ビーツ缶詰の煮汁は捨てずに取っておきましょう。ジャムでは使いませんが、レシピ④のクレープを作る時に使用します。
  • ※缶詰は内容量ではなく固形量を参考にしてください。固形量は缶に記載されています。ビーツの固形量はだいたい1缶200~250gほどです。

〈作り方〉

① 煮汁を別容器に取り置き、果肉だけをミキサーでビーツを細かくする

② ビーツを小鍋に移し替え、甜菜糖、レモン汁を入れて、加熱する。水分を飛ばせばジャムの完成!

【レシピ②】ビーツのヨーグルトクリーム

水切りヨーグルトとジャムを混ぜれば、サッパリ美味しいヨーグルトクリームが作れます。ヨーグルトから出てくる液体「ホエイ」にも栄養はいっぱい! 捨てずに活用しましょう。記事の最後にオススメの使用法をご紹介したので、是非ご覧ください♪

〈材料〉

  • ・ヨーグルト……… 2パック(800~900g)
  • ・ビーツジャム………大さじ2~6(お好みで)
  • ・キッチンペーパー
  • ・小さめのボウル
  • ・ザル
  • ※あまりジャムの分量が多いとビーツ独特の土臭さが気になるかもしれません。

〈作り方〉

① ザルにキッチンペーパーを敷いて、その上からヨーグルトを乗せ、ザルの下に小さめのボウルを置く

② 上からキッチンペーパーでフタをするように包んで、冷蔵庫で一晩冷やす

③ 水切りしたクリーム状のヨーグルトにビーツジャムを混ぜればヨーグルトクリームの完成!

混ぜたばかりだとビーツ特有の臭みが感じられますが、時間が経つとヨーグルトが臭いを緩和してくれます♪

【レシピ③】ビーツのガトーショコラ

ビーツ入りのガトーショコラは混ぜて焼くだけ、分量だって超わかりやすい!
下の方をちょっとカットすればミルクレープの土台にもなっちゃいます。カットしてもバレません。(笑)

〈材料〉15cmの型1台分

  • ・ビーツジャム………100g
  • ・チョコレート………100g
  • ・無塩バター………100g
  • ・薄力粉………100g(ふるわなくてOK!)
  • ・卵………3個

〈下準備〉

  • ・オーブンを180℃に予熱

〈作り方〉

① チョコとバターを小鍋に入れて弱火で軽く溶かす

② 写真程度まで溶けたら火を止め、ジャムを入れ、よく混ぜる

③ 溶いた卵をゆっくり混ぜ合わせ、薄力粉を3回に分けて入れ、ダマがなくなったらケーキ型に入れる。180度のオーブンで25分程焼く

ビーツ入りガトーショコラの完成です!

ガトーショコラはこのまま粉糖をかけて食べてもいいのですが、せっかくなので下の方を1cmだけ切って、ガトーショコラとミルクレープ2品を作りましょう。

ほら。1cm切ってもバレない。(笑)

上部はガトーショコラとしてお召し上がりください♪

【レシピ④】ビーツのクレープ

ビーツの分量が多いほど着色料を入れたようなピンクになります。派手好きの私はビーツをいっぱい使っちゃう!(笑)

〈材料〉約10~15枚分

  • ・牛乳&ビーツの煮汁………合わせて200ml
  • ・卵………1個
  • ・米粉(薄力粉でも可)………100g
  • ※今回、牛乳とビーツは牛乳150ml+ビーツの煮汁50mlの割合で作成しました。全体で200mlになるよう、お好みで調整してください。ビーツの粉末を使用する際は、牛乳190mlに粉末大さじ1混ぜます。

右がビーツなし、左がビーツあり。ほんのりピンクになるのがわかりますか?
この見本はビーツ缶の汁を使用しました。量が多めだと着色したような濃い色になりますよ!

〈作り方〉

① 牛乳とビーツに、卵を加えて混ぜ合わせる

② 米粉(または薄力粉)を加えて混ぜ合わせる。ダマになるので、ザルで濾す

③ 20cm程度のフライパンに薄く引いて、表面が乾いてきたら裏返す。火加減は弱火~中火

焼きあがった生地はこのように一枚ずつキッチンペーパーを挟むとくっつかないです。

焼けるだけ焼きましょう。私は20cmのフライパンで13枚焼けました♪

【合わせ技レシピ】ミルクレープを組み立ててみよう!

ガトーショコラ、クレープ、ヨーグルトクリームを合わせ、豪華なミルクレープにしてみませんか? 土台のガトーショコラがなくても、クレープとヨーグルトクリームがあればミルクレープを作ることが可能です!
組み立て方は至ってシンプル。土台のガトーショコラにヨーグルトクリームを塗り→お好みのフルーツ→クレープ→クリーム→フルーツ→クレープ……好きなだけ重ねてください♡

どんどん重ねたら完成です。お好みで粉糖をかけたり、フルーツをトッピングしたりしてくださいね!

このようなドーム型にしても良し。フルーツとクリームを全体に平たく並べてケーキ型にしても良し。
ポイントはフルーツを重ねる時に一段ずつ同じフルーツにすること! その方が切った時のバランスがいいです。今回はイチゴ、バナナ、キウイを重ねました。

なんて説明をしておきながら、断面が綺麗にならなかった……カット失敗(>_<)
でも層はしっかりキレイに入っていますよ♪

現役モデルのビーツ&ホエイ美容!

今回使ったビーツ、ヨーグルトから抽出されたホエイを私はこのように活用しています。こちらもお試しくださいね♪

ビーツ×甘酒は女性に最強の組み合わせ!

“飲む点滴”と言われている「甘酒」と“飲む輸血”の「ビーツ」を掛け合わせた美容ドリンクは最強です! ホットでもアイスでも美味しくいただけます。

甘酒を手作りしたり、買ったりもしますが、こんなパウダーを常備しておくとお手軽簡単で毎日続けられますよ!

ホエイには美白&美肌効果!

ホエイにはタンパク質が多く含まれているため、疲労回復や筋力アップに効果的! 吸収率も良いので、運動後に飲むといいですよ。ヨーグルトにホエイを更に加え、ビーツエキスを混ぜたスムージーはオススメ!
料理だってパンを焼く時に使うとふんわりするし、肉を漬け込むと柔らかくなります。ホエイに牛乳を混ぜ、酢またはレモン汁を加えるとリコッタチーズも作れちゃう!

それにホエイは美肌&美白効果もあるので、肌に直接つけたり、お風呂に入れたりするのもよくやる方法です♪
ホエイは活用しないともったいない! 美容と健康のために、上手に使いましょ♪

参考アイテム紹介&miccoの過去レシピ

スライスビーツ(リビー)

  • 内容量:426g
Amazonで購入

【スイーツヒーロー・miccoの過去レシピ】

・コネコネ楽しい♪ ハチミツ&きな粉のげんこつ飴

コメント

コメントを書く

お気に入り

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

美グルメ > レシピ

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録