脂肪にバイバイ!豆腐で作った白玉のホットチェー

ちょっと前まで半袖で過ごしていた気がするのに、今はコートが手放せないほどプルプル震える寒さが身に沁みます。
お外に出たくな~い!
寒いからカラダを動かすのも、めんどくさ~い!
な~んて怠けていると、あっという間にプクプクと太ってしまうわけで……。

そんな時はダイエットに最適な、あったかいスイーツを作ってみてはいかがでしょう?
脂肪の燃焼を助けるココナッツミルクに、たっぷりの豆腐で作ったふわふわモチモチの白玉を加えたスイーツは腹持ちも抜群ですよ♪
今回はダイエットに励む皆さんをお助けしちゃいま~す!

「チェー」ってどんなスイーツ?

ベトナムのローカルスイーツである「チェー」は日本のぜんざいやあんみつのようなスイーツ。
甘く煮た豆やイモ類、タピオカ、寒天、フルーツなどを組み合わせて食べます。
主にベトナム北部ではホット、南部はアイスで食べられていて、どちらの食べ方でもココナッツミルクが入っているモノが多い印象。
組み合わせる食材で味が変わるので、楽しみ方は無限大なんですよ~!
優しい甘さが特徴的で、バリエーションも豊富なので、好みの味を探求したくなっちゃいます♪

ホットでホッとする甘さのカラダに優しいチェーはいかが?

プルプル震えちゃうほど、お外はすっかり寒くなりましたね。
そんな時はおうちでホッとする甘さのあったかいチェーを作ってみてはいかがでしょう?
ホットのチェーをオススメするのは、ただカラダがあったまるから―という理由だけではありません!
太ってしまいがちな冬にうれしい効果がいっぱいなんです♪

体脂肪を燃やすお手伝いをするココナッツミルク!

今回使用するココナッツミルクはダイエットの強い味方!
ココナッツミルクとは実の内側にある白い果肉(固形胚乳)をすりおろして煮出し、濾したもので“ミルク”といっても牛乳は含まれていません。
「カラダにいい」というイメージはあると思いますが、具体的にどのような効果があるかご存知ですか?
ココナッツミルクに含まれる成分と効果ってすごいんですよ~♪

  • ・中鎖脂肪酸………体脂肪を効率よく燃やす働きがあり、摂取しても体内で脂肪になりにくい
  • ・ラウリン酸………免疫力を高める
  • ・カリウム………むくみの予防、改善に役立つ
  • ・鉄分………赤血球のヘモグロビンの構成成分。貧血予防につながる
  • ・亜鉛………ホルモンバランスを保つ働きがある
  • ・マグネシウム………エネルギーの代謝を助ける
  • ・ビタミンE………抗酸化作用があり、活性酸素を抑制。アンチエイジング効果

特にこの中鎖脂肪酸がダイエットに効果てきめん♪
吸収、分解が早く、すぐにエネルギーに変換され、体内に脂肪酸が蓄積されません。
なんと一般的な油と比べて約5倍も早くエネルギーになってくれます!
脂肪の燃焼が促進され、ダイエットに効果的なんですね~。

ココナッツミルク自体は低糖質

無加糖のココナッツミルクはとっても糖質が少なく、牛乳の約1/4、豆乳の半分程度。
なんと糖尿病の食事療法に取り入れられるほどの食材だったりします!
あの濃厚な味わいのおかげで、砂糖を入れなくても満足感を得られるんですね♪
購入する際は原材料をよく見て、加糖されていない商品を選びましょ~。

食べる時間でダイエット効果がパワーアップ

ココナッツミルクの成分は体内に入ると肝臓で分解され「ケトン体」になります。
ケトン体には脂肪を分解し、エネルギーを作るという以外に、食欲を抑えてくれる効果があるんです!

ダイエットのために食事量を抑えたいのは昼食、そして夕食ですよね。
食欲を抑えるためには、効果のピークが食事のタイミングに重なるよう摂取したいところ。
ケトン体の血中濃度は合成されてから約4時間後に最も高くなります。
そこから食べる時間を逆算しましょう。
すると朝食とおやつの時間にココナッツミルクを取り入れると、より効果的だとわかります!
ただし糖質と一緒に摂取すると、せっかくの効果が減少してしまうのだとか。
合わせる食材にも気を付けたいですね~。

摂りすぎには気を付けて

これだけダイエットにうれしい効果がいっぱいのココナッツミルクですが、100gあたりのカロリーは約150kcalなので、低カロリーだとは言えません。
いくらダイエットに向いている食材とはいえ、摂りすぎはよくないです!
気を付けましょ~。

白玉×豆腐でカロリー&糖質オフ!

チェーにはタピオカや寒天など、食感が楽しめる具材が使われています。
食べるならモチモチした食感が欲しいけど、やっぱり気になるのはカロリーや糖質……。
だけど今回作る白玉は、普通の白玉ではありません!
たっぷり豆腐を入れて、ふわふわモチモチのヘルシー白玉にしちゃいます!
水だけで作る白玉より満腹感が得られるので、ダイエットにもぴったりです。
白玉粉よりも豆腐の分量が多いので、自然と白玉粉の糖質をカバーできて、ボリュームもアップ♪

今回は作りやすい量でご紹介するので完成量は多いですが、ラップで包んで冷凍保存ができるので、作りすぎても安心♪
解凍すれば、いつでも気軽にふわふわモチモチ食感が楽しめますよ~。
しかも豆腐白玉は時間が経っても柔らかいままなので、お弁当に入れてもOK!
きな粉やあんこで食べるだけでも、すごく美味しいです♪

寒い時にはあたたかいモノが一番です♪
しかも体温が1℃上がると基礎代謝は12%もアップ!
内臓をしっかり温めてあげるとダイエット効果だけではなく、冷え性や低体温の改善へとつながります。
脂肪燃焼を促すあったかスイーツで、心身ともにほっこりしてくださいね♪
白玉豆腐をお子さんと一緒にコネコネするのも楽しいですよ~。

【レシピ】たっぷり豆腐のもちフワ白玉

ベースを基本に、お好みの味を見つけてください~♪
木綿豆腐でも作ることはできますが、大豆臭さは絹ごし豆腐の方が和らぐのでオススメです!

〈材料〉40~50個分

  • ・白玉粉………200g
  • ・絹ごし豆腐………約260g(豆腐の水分量で多少、量が前後します)
  • ・着色したい場合は食紅………少量

〈作り方〉

①白玉粉と絹ごし豆腐を手で混ぜ合わせる

※まずは絹ごし豆腐の量を250gぐらいにして、混ぜながら様子を見ましょう!

②粉っぽさが残るようなら少しずつ豆腐を加える

※耳たぶぐらいのかたさが目安

③生地を丸めて団子状にする

※色をつけたい場合は団子状にする前に着色する(茹でると少し色が濃くなるので注意)
※型を抜きたい場合は生地を伸ばしてクッキー型で抜く

④沸騰しているお湯で茹でる

⑤団子が浮いてきて1〜2分でお湯から上げ、さっと水に取る。冷えたら水気を切る

【レシピ】チェー

〈材料〉2杯分

  • ・ココナッツミルク………200ml
  • ・豆乳(または牛乳)………100〜150ml
  • ・お好きな具材(さつまいも、バナナ、栗、小豆、タピオカ、寒天、クルミなど)………適量

〈作り方〉

①ココナッツミルクと豆乳(または牛乳)を鍋に入れてあたためる
※甘さが足りない方は、はちみつを少量加えてほんのり甘みをつけてもOK!ただし栄養価は高いですが、はちみつも糖質なので、入れすぎには気を付けましょう

盛り付けましょう♪

器にチェーと豆腐白玉、お好みの具材を盛り付けて完成です♪
サンプルにはバナナとさつまいもが入っています。
私は食べることが大好きなので腹持ちを重視して、糖質はありますがダイエットのストレスを少しでも減らすためにこの具材を選びましたよ~。
一般的に1日の糖質摂取量を130gまで抑えると「糖質オフ」できると言われているので、糖質もある程度の摂取は可能です♪
甘みを一切加えなくてもほんのり甘くて、ちょっとの量でも満足だったので、少しでも腹持ちを良くしたい方にはオススメの組み合わせ!

チェーによく合って、よりダイエット効果がある低糖質な食材の一例は以下の通りです。

  • ・寒天
  • ・クルミ
  • ・アーモンド
  • ・ゴマ
  • ・きな粉
  • ・カボチャの種
  • ・クリームチーズ
  • ・ショウガ

ただしクルミやアーモンドなどの種実類、クリームチーズのカロリーは高めなので、食べ過ぎには注意しましょう。
いろいろな具材を試して、お好みの組み合わせを探してみてください!

ダイエットも少しでもストレスなく、楽しくできる方法を少しでも取り入れたいですよね。
チェーはとっても簡単にどこでも売ってる食材で作れるので、是非お試しください~♪

コメント

コメントを書く

お気に入り

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

グルメ > 自炊・お弁当

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録