美と健康は食事から!田中美奈子さんおすすめの食事法

"美脚"と同じぐらい”パワフルで元気”というイメージが強い田中美奈子さん。
そんな田中さんの元気の秘訣は毎日の食事にあるんだとか。
今回は、田中さんが毎日口にしているおすすめフードをご紹介!

食へのこだわりは強いです

子供がまだ小さいこともあって、食へのこだわりは強いです。普段は、5分づきと発芽玄米をブレンドしたお米を食べるようにしています。果物や野菜は産地にもこだわり、食べる際にはなるべく皮や種などもそのまま食べています。

※種や皮を食べる際には、食べても問題ないものなのかを調べ、しっかりと水洗いを行いましょう。

わさびと梅干しは毎日食べています

※わさびの抗酸化作用による美肌効果が期待できます。さらにデトックス効果によるむくみ防止にも良いとされています。

※梅干しはミネラルやクエン酸が豊富で、疲労回復や血流の流れや代謝を良くする働きなどが期待できるので夏バテ予防にも最適です。

「わさびは梅干しと一緒に食べてもいいし、ドレッシングや納豆に混ぜてもおいしいですよ」
「梅干しとわさび……?」(LiLiCoさん)
「梅干しを潰して果肉とわさびをあえて食べるんです。わさびはいくらでも使いようがあって便利ですよ」

1番のおすすめは黒酢漬け野菜!

黒酢は美肌や疲労回復効果のほか、血糖値の上昇を穏やかにし生活習慣病の予防やダイエットにも効果的!今回は玉ねぎとしょうがの2種類をご紹介!

玉ねぎ + 黒酢

美肌や疲労回復に良い黒酢と動脈硬化や高血圧の予防に良い玉ねぎを合わせることで、各々の効果が相乗効果で高まります。

「ピクルスみたいな感覚なんですかね?」(熊田曜子さん)
「そこまで甘くはなくてそのままでは食べにくいので、サラダなどにわさびと混ぜると食べやすくておいしいですよ」

実際にスタジオで試食してみると、
「もっと酢が強いかと思ったけど、思ったほどでもないですね」(LiLiCoさん)
おいしい!とスタジオのみなさんから大好評!
「まさかのリアクションですね」
と田中さん自身も驚いていました。

しょうが + 黒酢

冷え性の改善(加熱した場合のみ)や胃腸の働きを整え免疫力の向上などが期待できます。

この時期、エアコンや冷たい食べ物で冷えすぎた体を内側から温めるのにも最適な一品ですね。

しょうがの黒酢漬けも薬味として重宝しています。
「黒酢の酸味がマイルドになって食べやすい!」(加藤紀子さん)
「のどにもいいですし、体も温まっていいんです」
「二日酔いに良さそう!」(LiLiCoさん)

女美会編集部が実際に作ってみました

田中さんおすすめの玉ねぎとしょうがを黒酢漬けにしました。

玉ねぎはらっきょうに近い味で、しょうがは紅しょうがやガリなどに近い味ですね。

田中さんは、しょうがの黒酢漬けを薬味として使うといいとおすすめしていたので、うどんに入れてみたところコレが絶品!皆さんも是非試してみてください!

そして、美味しい食べ方を発見した場合は、美活メモを活用して皆さんにも教えてあげてくださいね。

コメント

コメントを書く

お気に入り

1 1

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

グルメ > 美容食・栄養

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録