【バレンタインチョコレシピ】「フェレロロシェ」風クランチトリュフチョコ

バレンタインに職場に手作りチョコレートを差し入れたい! そんな方にオススメなのがトリュフロシェクランチチョコレート。 ばら撒きチョコの定番、トリュフやクッキー、ガトーショコラなどもいいけど、ワンランク上のこちらでみんなに差をつけてみませんか?

人気チョコ「フェレロ・ロシェ」風のチョコレート菓子に挑戦!

あまりに有名なイタリアのチョコレート菓子、「フェレロ・ロシェ」。デパートやコンビニ、スーパーなど、お店で1度は目にしたことがあるかと思います。
サクッとした食感と香ばしい味。一口サイズで贅沢な美味しさが楽しめるとあって、私も大好きなチョコレートです。
ロシェとは、イタリア語で「岩」のこと。見た目がゴツゴツした岩みたいだからですね。

今回はこの人気のチョコレートをイメージした一口サイズのチョコレートのレシピをご紹介します。
たくさん配って、その美味しさにみんなをアッと言わせましょう♡

【レシピ】トリュフ・ロシェ・クランチチョコレート

材料 (30個分)

ビターチョコレート・・・200g
ミルクチョコレート・・・100g
生クリーム・・・120g
マカデミアナッツ・・30個
アーモンドクランチ・・・45g
フィアンティーヌ・・・40g(無糖のコーンフレークでもOK)

作り方

①.ボールに薄く削ったビターチョコレートとミルクチョコレートを入れて、湯せんで溶かす。

②.①に湯煎したままの状態で少しづつ生クリームを加え、なめらかになるまでよく混ぜる。

③.そこにアーモンドクランチとフィアンティーヌを加えてよく混ぜる。

④.③を平らなパッドに入れ替え、冷蔵庫で1時間冷やす。

⑤.④をスプーンなどで取り、マカデミアナッツを真ん中に入れて簡単に丸める。丸めたものはクッキングシートの上に並べる。

⑥.再度冷蔵庫で約30分冷やし固める。

材料はお好みでOK

チョコレートの中に包むのは、今回はマカダミアナッツ。
お好みでカシューナッツでもヘーゼルナッツでも良いです。

フィアンティーヌは知らない方が多いかと思いますが、手に入らなければ作れます。
フィアンティーヌとは、フランスでは伝統的な焼き菓子で、フランス語で「薄く焼いた」という意味を持つ、香ばしく焼き上げたクレープふうの薄い焼き菓子です。それを砕いたものです。
今回使用したフィアンティーヌは、菓子専門の材料屋さん富澤商店で買えます。
もしなければ、コーンフレークでも代用できます。無糖のものを選びましょう。

簡単なのに想像以上の美味しさ! ラッピングを楽しもう

チョコレートを湯煎したら材料を混ぜて固め、ナッツを詰めてまた固めたらあっという間に完成です。

ひとつひとつラッピンして、色なん友人に配りたいチョコレートメニュー。
想像以上に美味しいメニューです!!

コメント

コメントを書く

お気に入り

1 1

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

グルメ > スイーツ・お菓子

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録