紫外線吸収剤とは? 日焼け止めなどのUVケアアイテムの安全性と選び方

公開 

なぎ

0 0

日焼け止めなど紫外線対策用のコスメには紫外線が肌に届いてダメージを与える事を防ぐために、紫外線吸収剤とよばれる成分か、紫外線散乱剤と呼ばれる成分のどちらかが含まれています。
紫外線吸収剤はその名前の通り、紫外線を吸収して無害化する成分の事で、紫外線が当たると化学反応によって紫外線のエネルギーを熱エネルギーに変換し、肌に無害な状態に変えるという作用があります。

紫外線吸収剤は危ないって本当?

紫外線吸収剤はその性質により、肌の上で化学反応を起こし、また、紫外線を浴びた時に熱を発するという作用があります。
そこで懸念されるのが、この化学反応や熱、さらにはこの化学反応によって作られた成分が肌に刺激となり、肌が荒れてしまうなどで発生するトラブルです。特に敏感肌の方ではこういった刺激が影響しやすく、かぶれてしまうなどという状態になる場合もあります。

しかし、こうした化学反応や熱が肌に与える影響は紫外線自体のダメージと比べれば大体のケースにおいては弱く、紫外線吸収剤にアレルギー反応などが出ない限りは、しっかりと利用しておいた方が、肌トラブルの予防になるといえるでしょう。

紫外線吸収剤のメリット・デメリット

紫外線吸収剤の最大のメリットは紫外線のダメージを無効化し、肌の細胞を保護しシミなどの肌トラブルを予防できる点です。
紫外線は細胞を破壊する作用があり、その作用のおかげで日光による殺菌などの効果があるのですが、肌に照射し続けると肌の細胞、特に真皮層の細胞がダメージをうける事になります。
真皮層の肌細胞がダメージをうけて破壊されてしまうと、表皮の細胞がうまく作られなくなりターンオーバーが乱れたり、コラーゲンの生成などが減ってシワが出来たりします。ターンオーバーが乱れると肌にメラニンが残り続けるため、シミの原因にもなります。
こうした肌へのダメージを予防できるという点が、紫外線吸収剤の最大のメリットです。

一方、デメリットとしてはやはり肌へのダメージがある点ですが、化学反応や熱による刺激は、アレルギーなどで強い刺激が発生する人でない限り、紫外線のダメージよりも危険というものではありません。
また、紫外線吸収剤が化学反応を起こさなくても肌に刺激を感じる場合はありますが、これは利用する商品の成分や強さをしっかりと選べば軽減する事ができます。

紫外線散乱剤との違い

UVケアアイテムには紫外線吸収剤を利用したものの他に、紫外線散乱剤というものが利用されているものがあります。
紫外線散乱剤は、紫外線を鏡のように跳ね返す事で肌に紫外線ダメージが与えられるのを防ぐ役割で、紫外線を単純に反射しているだけなので肌へのダメージは少なくなります。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の比較

では紫外線吸収剤よりも紫外線散乱剤の方が良いのかというと、そこには一長一短のメリット・デメリットがあります。

まず、紫外線散乱剤は肌の表面を反射材でコーティングする形になるため、肌に塗った時に白浮きしてしまいやすく、目立つ商品が多くなります。
また、塗られている表面での作用となるため、汗に弱く、汗をかいたり水にぬれたりする時は頻繁に塗り直しが必要になります。
紫外線吸収剤の場合は肌への刺激がある分、汗に強く白浮きせず、塗り心地としてもさらさらで人気がある使い心地になるので、UVケアアイテムの多くは紫外線吸収剤を利用しています。ただ、紫外線吸収剤の場合は化学反応で徐々に効果が弱まっていくので、ある程度の時間経過とともに塗り直しは必要となります。

このように紫外線吸収剤と紫外線散乱剤には一長一短な面がありますが、最近では紫外線吸収剤の肌への負担もよい軽減されてきているため、肌への安全面でも安心して使えるものが増えてきています。

子供の肌でも安全?

上記の通り、紫外線吸収剤は肌に対しての刺激を発生させますが、基本的には安全性が担保された状態になっていますので、子供の肌に利用したからといって問題が出る事はあまりありません。
しかし、注意が必要な点としては子供の肌はまだ免疫を作っている段階であるため、肌に刺激となるような成分を利用していると、アレルギーを引き起こす可能性が大人の肌に比べて高いという事。
紫外線吸収剤の刺激によってすぐにトラブルを引き起こす事はなくても、刺激から肌を守ろうとしてアレルギー反応を引き起こしてしまう可能性があるという事です。
そのため、子供用として販売されている日焼け止めなどのUVケアアイテムには紫外線吸収剤が使われておらず、紫外線散乱剤が中心で使われているケースも多くなっています。
長期的な視点で考えた場合、なるべく紫外線散乱剤での対策が行える商品が良いでしょう。

紫外線吸収剤が入っている日焼け止めの選び方

紫外線吸収剤が入っている日焼け止めを選ぶ時は、しっかりと用途に合わせた強度の紫外線対策が行える日焼け止めを選びましょう。
日焼け止めには真皮へのダメージを防ぐ強さの「PA」と、肌表面の炎症やヤケド状態を防ぐ強さの「SPF」という目安があります。

PAは「+」から「++++」までの4段階で、日本国内で紫外線が特に強い夏以外の日常生活であれば「+」。屋外でのレジャーや、夏の紫外線が強い日は「++」。夏のレジャーでは「+++」程度を選べばOK。南国など、特に紫外線が強い場所の場合は「++++」を選ぶくらいの感覚で良いといえます。

SPFは10~50+という数値にて表現されますが、この数値は日焼けまでにかかる(赤い斑点が出て炎症を起こし始める)時間を何倍にできるかという基準で設定されています。
例えば、通常であれば紫外線を10分浴びると炎症が出てきてしまうような人の場合、SPFが10であればその時間を100分(1時間40分)。50+であれば500分(8時間20分)以上にまで引き延ばす事ができるという事になります。
この時間の長さは紫外線の強さだけではなく、使用する人の肌の強さにも影響するため、まずはSPF値が低いものから試して、すぐに赤い斑点が出てきてしまうようであればちょっと強めのものにするなど、いくつか試してみるようにすると良いでしょう。

紫外線吸収剤は怖くない! しっかり利用して紫外線ダメージを防ごう

紫外線吸収剤は、何となく肌に刺激があるとうイメージが先行してしまっていますが、実際には紫外線によるダメージの方がより強い刺激となるケースが殆ど。
とはいえ、紫外線の強さ以上のものを利用すれば肌への刺激も強くはなってしまいますので、利用シーンにちゃんと合わせた日焼け止めを選択して、しっかりと紫外線ダメージを防ぐようにしましょう。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

ライター紹介

なぎ

 

なぎさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

【人気コスメ検証】ナチュリエ ハトムギ化粧水の効果と向いている人

【人気コスメ検証】ナチュリエ ハトムギ化粧水の効果と向いている人

ドラッグストアにて低価格で手に入れる事ができて、コスメの口コミサイトなどでも常に高得点の人気商品として紹介される「ナチュリエ ハトムギ化粧水 スキンコンディショナー」。 一体どうしてこんなに人気なのか、その効果とどんな人におすすめかをご紹介します。 [»続きを読む]

自眉毛を太く濃くしたい! おすすめの方法&アイテム

自眉毛を太く濃くしたい! おすすめの方法&アイテム

ちょっと前は細い眉がトレンドでしたが、今やしっかりと太い眉の方がトレンド。 もともと生えている眉を薄くする事は簡単ですが、濃くする事はなかなか難しいので、メイクで太くするも「ベースが無いとちょっと不自然……」な状態になったりしますよね。 今回は、眉毛を元から太くするためのアイ [»続きを読む]

巻き爪がコロナで増加?!その原因と対策法は?

巻き爪がコロナで増加?!その原因と対策法は?

最近、足の爪が食い込んで痛い…そう、巻き爪に悩んでいる方多いのではないでしょうか? 実はこのコロナ禍で巻き爪の人が増えているそうなんです。 その原因と、巻き爪の解消法をご紹介します。 [»続きを読む]

10月1日は「ピンクリボンデー」。今更聞けない乳がん検診Q&A

10月1日は「ピンクリボンデー」。今更聞けない乳がん検診Q&A

突然ですが、皆さんは乳がん検診を定期的に受けていますか? 乳がんの予防や治療を目的としたピンクリボン運動について知っている方は多いと思いますが、毎年10月は1日のピンクリボンデーから始まり、ピンクリボン月間としてピンクリボンの様々なイベントや活動が行われています。 今回は、今 [»続きを読む]

1日3食? それとも1食? ダイエットに最適な食事回数は?

1日3食? それとも1食? ダイエットに最適な食事回数は?

ダイエットの基本はやはり食事。そもそも、ダイエットは医学的には食事療法の事で、痩せるというよりも健康的な食事習慣を行う事が一番の目的と言えます。 そんな食事ですが、痩せるためにはしっかり1日3回食べた方が良いとか、逆に1食の方が良いとか、いやいや5回以上に分けるべきとか、色んな [»続きを読む]

美白・シミくすみ対策の新着記事

デイリーに使いたい! 白肌エフェクト&大気汚染から守る日焼け止めがビオレUVから登場

デイリーに使いたい! 白肌エフェクト&大気汚染から守る日焼け止めがビオレUVから登場

光拡散効果で肌トーンアップをしながら、チリや花粉・PM2.5などの微粒子から肌を守る日焼け止めがビオレUV アクアリッチのラインナップに新たにin! 花王独自の微粒子付着抑制技術による効果と、使い心地についてお伝えします。 [»続きを読む]

jobikai編集長

しゅん

ニベアに白い粉を混ぜて美白? ビタブリットCの効果や代替アイテムについて

ニベアに白い粉を混ぜて美白? ビタブリットCの効果や代替アイテムについて

広告などで「ニベアと白い粉を混ぜて使うだけで美白」なんていうもの、見た事ありませんか? 調べてみるとビタブリットCというビタミンCパウダー系のアイテムのようですが、これは本当に効果があるのかどうか、解説します。 [»続きを読む]

やなぎた

マスク焼けを防ぐには〇〇への強さが重要!人気の『アスリズム』がパワーアップして今年も登場!

マスク焼けを防ぐには〇〇への強さが重要!人気の『アスリズム』がパワーアップして今年も登場!

梅雨の真っ只中で雨の日も多いですが、晴れた日には強い紫外線が気になりますよね。今年は外出時には常にマスクを着けていたりと気にすることも増えていますが、だからといって油断できないのがUV対策。紫外線は老化の原因の約8割とも言われているので、しっかりと意識しておきたいところです。 [»続きを読む]

すっぴん美肌をつくる専門家

須田夏美

【読者プレゼント1名様】24時間美白!すっぴんorメイク どっちも使えるIPSAのスキンケアパウダー

【読者プレゼント1名様】24時間美白!すっぴんorメイク どっちも使えるIPSAのスキンケアパウダー

もともと根っこがすぐにズボラになる筆者。 コロナ以前からリモートワークだったのですが、自粛要請が出た途端、急に気が緩み、すっぴん+部屋着という「今日、お休みですか?」と尋ねられても仕方ない状態に突入してしまいました。 好きなだけ仕事をして、一区切りついたらご飯を食べて [»続きを読む]

鈴木のぞ美

【動画】クリニックの美肌治療の効果はどの程度? フォト&RFを編集長が体験レポート

【動画】クリニックの美肌治療の効果はどの程度? フォト&RFを編集長が体験レポート

美容ケアというと、ちょっと前までは化粧水や美容液といったケアが基本で、より美しい肌を目指すならエステサロンに通うというイメージでしたが、最近ではここに新しい選択肢として「美容皮膚科」での美容医療ケアが入ってきていますよね。 でも、美容医療はなんとなく気になっていても、値段も高め [»続きを読む]

jobikai編集長

しゅん

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録