シミ予防の3大要素 目指せ!シミが出来ない肌

シミは紫外線を浴びるとできる、と思っていませんか。もちろんそれも正解!でも、それ以外にも原因があるのです。シミの3大要素を対策して、美白肌を目指しませんか。

人は生きている限り、紫外線ダメージなどを浴びてシミが作られていきます。
だから、今あるシミを消したところで、予防がちゃんとできていなければ新しいシミがどんどん作られてしまい、キレイな肌を手に入れる事は困難。
シミをしっかりと予防して、本当の美肌を目指しましょう。

シミ予防のための肌ケア3大要素

1.とにかく紫外線防止、UVケアが基本

シミ予防の一つ目であり、一番重要な要素は「紫外線対策」。
紫外線を浴びる事によってシミの原因であるメラニンが作られるため、これはもう半ば常識という域ではありますが、注意したいのは紫外線対策が不十分になりやすいという事。

例えば、紫外線対策のために日焼け止めを使っていても、日焼け止めの使用料が薄ければ十分に効果を発揮できませんし、日傘をさしても内側が銀色の日傘では照り返しでダメージを受けてしまう場合があります。

しっかりと予防するために、以下の事を気を付けてみて下さい。

・UVケアコスメ(日焼け止め)は記載の使用量を守る
・UVケアコスメは数時間毎に塗り直す
・日傘は紫外線カット率の高いものを選ぶ
・日傘は内側も光を反射しないものを選ぶ
・紫外線が強い時はUVカット率の高いサングラスをかける
・なるべく長袖で色の濃い服を選ぶ

2.摩擦しない・肌になるべく刺激を与えない

肌の摩擦刺激や乾燥はあまりシミと関係ないように感じますが、実は重要なポイント。
実は、紫外線の刺激ではなくても摩擦などで肌に刺激が与えられると、メラニンが作られる原因になったりします。
最近は洗顔など摩擦刺激をおさえた方法も広まってきていますが、摩擦などによる刺激を避ける事はシミだけでなく肌トラブル全体の防止にも繋がります。

3.肌を乾燥させない

肌が乾燥した状態にいると、細胞がダメージを受けやすくなったり、ターンオーバーが乱れやすくなります。
シミの原因はメラニンがターンオーバーの乱れによって体外に排出されなくなる事にありますので、肌の潤いを十分に保つ事はとても重要。
しっかりと保湿を心がけて、シミができにくい健康的な肌を保ちましょう。

体の中からもシミを予防する

スキンケアとして、外部からのケアだけではなく、もちろん体の中からのケアも重要です。
シミに限らず、肌トラブルの殆どは食事による摂取栄養素の偏りや睡眠不足、ストレスによる体調変化などから発生するものですので、極力安定した、健康的な生活を送れるようにしましょう。

ただし、トラネキサム酸などの薬を除いては「シミに集中して効果あり」という特効薬的な体内からのケア方法はあまりありませんので、シミの悩みではなく、肌を健康に保つという視点で考えた方が良いでしょう。

飲むシミ予防(日焼け止め)だけでなく 紫外線対策も必ず併用して

最近は、飲むシミ予防としてトラネキサム酸などを主成分とした「メラニンの合成を防ぐ」ためのものもあります。
しかし、これらの利用はメラニンを防ぎはするものの、紫外線による肌のダメージを防ぐものではありませんので、シミの予防として利用はしつつも、紫外線の対策はしっかりと行っておいた方が良いでしょう。

メラニンの合成だけ防止して紫外線をそのままあびると、細胞がダメージを受けやすくなって長期的にみるとシミができやすい肌質になってしまう可能性もありますので、この部分を十分に理解して利用するようにしましょう。

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

スキンケア > 美白・シミくすみ対策

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録