化粧品が原因でシミ・くすみに? 女子顔面黒皮症について

ほおやひたいなどにいつの間にかできる黒ずみ。肌への刺激が積もり積もって現れる「女子顔面黒皮症」かも。
お肌を綺麗にするためにしていたことで、かえってひどい状態になったら嫌ですよね。肌への刺激が引き起こす顔面黒皮症のリスクや原因などを知り、予防しましょう。

女子顔面黒皮症(リール黒皮症)というものをご存知でしょうか?
言葉の通り、顔の皮膚がシミやくすみのように黒くなってしまう症状の事ですが、化粧品の歴史を語る上でも重要なものになっているこの症状について、ご紹介します。

1960年代。原因不明の症状として発生

戦後、日本が復興・成長していく最中にある1960年代頃、この女子顔面黒皮症は問題となってきました。
女子顔面黒皮症は文字通り、特に女性の顔の一部が黒くなっていってしまう症状で、白人や黒人には見られず、外国ではほとんど発生していない症状であったため、日本国内で解消しなければならなかったのも、この問題が大きな問題となった一因です。

原因は化粧品に含まれる刺激性のある成分

女子顔面黒皮症の原因を結論から言えば、それは化粧品の中に含まれる刺激が強い成分でした。
今でこそ刺激が強い成分などは規制され、化粧品に配合されないようになっていますが、当時はまだ化粧品の製造に対する安全基準などが特に定まっておらず、戦後復興の勢いで色々な商品が販売されてきた時代であるため、この問題が発生したのです。

化粧品成分の刺激がメラニンの生成を促す

女子顔面黒皮症は特に化粧品に配合された着色料や保存料などが影響して発生した症状で、これらの成分が肌に付着すると、肌に対しての刺激・ダメージとなります。
すると、肌は紫外線によるダメージを受けた時と同様、肌を守るためにメラニンを作り出すようになり、これが長期間にわたって継続していくと、肌内部のメラニンが蓄積し、広い範囲において肌が黒くなってしまうのです。

化粧品の成分が原因であったため、女子顔面黒皮症を発症するのはほとんどが女性。そのことから病名にも女子という言葉が入っていますが、肌に刺激がある成分を使用し続ければ男性でも同じような症状が発生します。

現在は化粧品の安全基準引き上げで稀な症状に

こうした問題を受けて、肌に刺激がある成分の使用量などをしっかりと定め、安全基準が定められていますので、現在では女子顔面黒皮症が発生する事は少なくなってきています。
しかし、だからといって絶対に症状を引き起こさないというものではなく、肌が弱い方や使い方を誤っていると、発生する可能性もあります。
よくコスメの注意文に「刺激などを感じた場合はすぐに使用を中止してください」と表記されていますが、こうした問題はコスメを利用してすぐに発生するわけではなく、継続して利用し続ける事で徐々に蓄積されていくという側面もありますので、何か少しでも違和感を感じた場合は可能な限り医師などに相談するようにすると良いでしょう。

ちゃんとケアしているのに肌がくすんでいると感じたらコスメを変えてみるのも有り

以上のように、コスメの微弱な刺激によってシミが出来たり、くすみになったりするのが女子顔面黒皮症。
ちゃんと紫外線対策や保湿など肌のケアを十分に行っているのにも関わらず、なぜか肌が黒ずんでしまうという場合には、女子顔面黒皮症に近い状態も考えて、コスメを変えてみるのもまた有効な場合があります。
特に、高い化粧品を使っていると「高いから良いもの」という固定概念を持ってしまう場合がありますが、単純に肌に合わない場合は高くても悪影響となりますので、注意してみてはいかがでしょうか。

女子顔面黒皮症になってしまったら

女子顔面黒皮症は基本的には肌への刺激によってメラニンが過剰に作られてしまうだけの症状ですので、レーザーやピーリングによるメラニンの除外、メラニンの排出促進を行う事で改善していく事が可能です。
また、肌への刺激となっている化粧品の使用をやめれば原因も解消されますので、刺激を感じず、肌にあった化粧品をしっかりと選ぶようにすることが大切です。

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

スキンケア > 美白・シミくすみ対策

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録