日焼け止め 本当に良いのはどっち?紫外線吸収剤VS散乱剤

公開 

momoka

0 0

夏真っ盛りな今時期、外出時には日焼け止めは欠かせない相棒ですよね。その日焼け止めには紫外線をブロックするために「紫外線‘吸収剤’と紫外線‘散乱剤’」が必ず入っています。皆さんは「紫外線吸収剤=肌に悪い」「紫外線散乱剤=肌に優しい」なんてイメージをお持ちではないでしょうか。しかし実際はどちらにもメリットもデメリットもあります。どちらがいいとは一概に言えないのです。日焼け止めを賢く選ぶための知識をつけましょう。

紫外線‘吸収剤’の特徴

〇代表的な紫外線吸収剤(成分名)
・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
・オキシベンゾン
・t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン

紫外線吸収剤はドラックストアにたくさん並んでいる日焼け止めにはほとんど配合されています。紫外線を吸収し、肌の上で熱エネルギーに変換しています。化学反応を起こして紫外線をブロックするイメージです。
使用感の特徴として、肌に伸ばすとスーっとなじむものは紫外線吸収剤配合の日焼け止めです。逆に、「ノンケミカル」とうたっている日焼け止めは、紫外線吸収剤不使用のものです。

紫外線吸収剤のメリット・デメリット

◎メリット
・白浮きせず伸びが良いので使用感がよい
・高い防御効果のあるものをメーカーとして作りやすい
・どこにでも売っているので安価でも手に入れやすい

◎デメリット
・化学反応を起こしてブロックするので、分子が壊れやすい。そのため、時間が経つと効果が薄れやすい(汗や摩擦などでとれることがあるので、そもそもこまめな塗り直しは必要!)
・敏感肌には刺激になることがある

紫外線’散乱剤’の特徴

〇代表的な紫外線散乱剤(成分名)
酸化チタン、酸化亜鉛

最近よく見るノンケミカルの日焼け止めは、紫外線防止効果としては紫外線吸収剤のみが配合されています。
紫外線散乱剤は光そのものを反射するので、肌の上にベールをまとって紫外線をブロックするイメージです。
使用感の特徴として、伸ばすと白く残るものは紫外線散乱剤配合です

紫外線散乱剤のメリット・デメリット

◎メリット
・刺激が少ないので敏感肌の人でも安心
・光そのものを反射するためUVA・UVBともにブロックできる

◎デメリット
・ナノ粒子問題(後程詳しく説明します)
・白浮きする
・紫外線散乱剤だけで高い防御効果を出すのは難しい
・ざらつきや伸びが悪く使用感が吸収剤配合のものよりよくない
・酸化亜鉛は金属アレルギーの人は注意が必要

ナノ粒子問題とは?

ノンケミカルの日焼け止めに欠かせない「酸化チタン・酸化亜鉛」ですが、これらはそのまま配合すると肌に塗った際白浮きしやすく使用感がよくないのが難点です。そのため使いやすくするために粒子を小さくして(=ナノ粒子)配合することがよくあります。すると質感がよくなり、白浮きもしにくくなります。
しかし、小さくなったこと(=ナノ粒子)で肌に浸透したり、肌の上で紫外線と反応して活性酸素を発生させたりという危険も可能性として考えられています。そのため「酸化チタン・酸化亜鉛」はシリカや水酸化Alなどでコーティングしたものを使われることが多いです。コーティングすることで肌への刺激が抑えられ質感も滑らかになるのです。
(ナノ粒子に関しては現在研究段階のため安全性がはっきりしておらず、対策するに越したことはありません。)

結局どっちがいい?

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤のメリット・デメリットをご紹介しましたが、読んでいただくとわかるとおり、どちらにもメリット・デメリットがあるのでどちらが良いとは一概には言えません。

肌に優しいとされている紫外線散乱剤もナノ粒子問題がありますし、刺激が強いとされている紫外線吸収剤をコーティングして低刺激にしているものもあります。

個人的には、絶対に焼けたくないときには絶対に「紫外線吸収剤」入りのものをおすすめします。こまめな塗り直しは必要ですが、紫外線への高い防御効果というと紫外線吸収剤一択です。日常使いでは、顔はノンケミカル(吸収剤不使用)のもの体は紫外線吸収剤入りのものを使っています。

どちらが良いということではなく、使うシーンや部位、などを使い分けて成分や使用感をしっかり見て納得したうえで使い分けるのが賢い使い方です。

まだまだ油断できない紫外線。日焼け止めの成分の特徴をしっかり理解して紫外線対策をしましょう。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

ライター紹介

momoka

 

momokaさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

「ADDICTION ザアイシャドウ」をパーソナルカラー分析!おすすめメイク法もご紹介

「ADDICTION ザアイシャドウ」をパーソナルカラー分析!おすすめメイク法もご紹介

コスメ好きの心をわしづかみしている単色シャドウと言えば「ADDICTION ザアイシャドウ」。その色展開はなんと99色。ベーシックに使えるブラウンからちょっぴり挑戦的な色味まで様々な色味を取り揃えています。しかし正直99色もあると、どれが自分に似合うかわからないですよね。そんなあ [»続きを読む]

放っておくとシワ・シミに! 乾燥肌の正しい対策法3つ

放っておくとシワ・シミに! 乾燥肌の正しい対策法3つ

カサカサ、つっぱり、かゆみ、粉ふき…などなど、冬のこの時期は乾燥肌の悩みは尽きません。とにかくスキンケアでは保湿を意識しているけれど、なんだか効果はいまいち。乾燥肌を放っておくと老けると聞いたこともあるし、化粧ノリも悪くなってしまうから、今年こそ本気で乾燥肌を卒業したいと思ってい [»続きを読む]

美白命が伝授!とにかく焼けたくない人のための完全遮光グッズ

美白命が伝授!とにかく焼けたくない人のための完全遮光グッズ

いくら日焼け止めを塗って、飲む日焼け止めを飲んでも長時間外にいるとうっすら焼けてしまうなんてこともありますよね。そんなうっすら日焼けも許せない美白命の筆者がおすすめの完全遮光グッズをリアルな声とともに紹介します。これを身につければうっすら日焼けも防げること間違いなしです。見た目は [»続きを読む]

【新作コスメ】ティントなのに乾燥しない!「Diorラッカープランプ」レビュー

【新作コスメ】ティントなのに乾燥しない!「Diorラッカープランプ」レビュー

色もちが良いため長時間メイク直しをすることができない日の強い味方、ティントリップ。しかし、色もちが良いゆえ、乾燥や時間が経つと蛍光ピンクに発色してしまう点も気になりますよね。そんなティントのデメリットを解消して、色もち・うるおい・ツヤと求めるものをすべて備えたリップが発売されまし [»続きを読む]

SPF/PAってなに? 焼けたくない人のための日焼け止めの基礎知識

SPF/PAってなに? 焼けたくない人のための日焼け止めの基礎知識

日焼け止めが必須の季節がやってきました。絶対に焼けたくない! と思う方が日焼け止めを購入する際に気にされるのは「SPF/PA」の数値ですよね。しかし、その意味を正しく理解していますか? 「絶対に焼けたくない!」と思うならこれらの意味を理解することでより日焼け止めの効果を高めること [»続きを読む]

美白・シミくすみ対策の新着記事

デイリーに使いたい! 白肌エフェクト&大気汚染から守る日焼け止めがビオレUVから登場

デイリーに使いたい! 白肌エフェクト&大気汚染から守る日焼け止めがビオレUVから登場

光拡散効果で肌トーンアップをしながら、チリや花粉・PM2.5などの微粒子から肌を守る日焼け止めがビオレUV アクアリッチのラインナップに新たにin! 花王独自の微粒子付着抑制技術による効果と、使い心地についてお伝えします。 [»続きを読む]

jobikai編集長

しゅん

ニベアに白い粉を混ぜて美白? ビタブリットCの効果や代替アイテムについて

ニベアに白い粉を混ぜて美白? ビタブリットCの効果や代替アイテムについて

広告などで「ニベアと白い粉を混ぜて使うだけで美白」なんていうもの、見た事ありませんか? 調べてみるとビタブリットCというビタミンCパウダー系のアイテムのようですが、これは本当に効果があるのかどうか、解説します。 [»続きを読む]

やなぎた

マスク焼けを防ぐには〇〇への強さが重要!人気の『アスリズム』がパワーアップして今年も登場!

マスク焼けを防ぐには〇〇への強さが重要!人気の『アスリズム』がパワーアップして今年も登場!

梅雨の真っ只中で雨の日も多いですが、晴れた日には強い紫外線が気になりますよね。今年は外出時には常にマスクを着けていたりと気にすることも増えていますが、だからといって油断できないのがUV対策。紫外線は老化の原因の約8割とも言われているので、しっかりと意識しておきたいところです。 [»続きを読む]

すっぴん美肌をつくる専門家

須田夏美

【読者プレゼント1名様】24時間美白!すっぴんorメイク どっちも使えるIPSAのスキンケアパウダー

【読者プレゼント1名様】24時間美白!すっぴんorメイク どっちも使えるIPSAのスキンケアパウダー

もともと根っこがすぐにズボラになる筆者。 コロナ以前からリモートワークだったのですが、自粛要請が出た途端、急に気が緩み、すっぴん+部屋着という「今日、お休みですか?」と尋ねられても仕方ない状態に突入してしまいました。 好きなだけ仕事をして、一区切りついたらご飯を食べて [»続きを読む]

鈴木のぞ美

【動画】クリニックの美肌治療の効果はどの程度? フォト&RFを編集長が体験レポート

【動画】クリニックの美肌治療の効果はどの程度? フォト&RFを編集長が体験レポート

美容ケアというと、ちょっと前までは化粧水や美容液といったケアが基本で、より美しい肌を目指すならエステサロンに通うというイメージでしたが、最近ではここに新しい選択肢として「美容皮膚科」での美容医療ケアが入ってきていますよね。 でも、美容医療はなんとなく気になっていても、値段も高め [»続きを読む]

jobikai編集長

しゅん

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録