甘いものが好きな人は注意! 黄くすみの原因 糖化を防ごう

新たな老化の原因として最近よく聞く糖化。甘いものが大好きで気になるという人も多いのではないでしょうか。
糖化はしわやたるみ・黄くすみの原因になるだけでなく様々な病気にかかりやすくなるなど美容面だけでなく健康面にも影響を与えます。
とっても怖いものですが、生活習慣の意識を変えるだけで対策できます。
若いうちからやっておくべき老化対策です!

糖化とは焦げている状態

糖化とは簡単に説明すると体の中で焦げが起こる状態のことです。
体内で余分な糖とタンパク質が結び付き体温によって加熱されてAGEs(終末糖化産物)を生成させる反応です。
身近な例でいうとホットケーキは砂糖や小麦粉などの糖質と卵と牛乳のタンパク質を混ぜて焼くと茶色くなりますよね。これが糖化です。
AGEsは体内の様々なものと結びつき肌の老化だけでなく体の健康もむしばむのです。
しかも、AGEsを体の中で分解することができないんです!

肌の老化だけじゃない。様々な病気の原因にも

糖化が原因で悪化したり、引き起こされる不調や病
▽糖尿病
▽動脈硬化
▽アルツハイマー
▽骨粗しょう症
▽白内障
などさまざまな病気の原因になります。

糖化の肌への影響

肌への糖化の影響はタイトルにもなっている黄くすみです。
肌の奥にある真皮層が黄色く変色することで起こります。
また、AGEsはたんぱく質と結びつきやすいのでタンパク質でできているコラーゲン繊維等にくっつき変性させます。その結果ハリや弾力の低下につながります。

糖化の原因

体内で分解することができないAGEs。どういった原因でAGEsが蓄積され糖化が進むのでしょうか?
まず一つは糖分の取りすぎによる不摂生な食生活です。
白い砂糖の入った甘いお菓子が大好きな人、白米が欠かせない人、ジュースを毎日飲んでいる人要注意です。そのほかにも、血糖値の急激な上昇も糖化を進めてしまう原因です。そのため朝食を抜くと昼食後の血糖値が急激に上がるので危険です。

肌の老化の原因としてよく聞く「酸化」との違い

肌老化の原因3兄弟と言えば、「紫外線・酸化・糖化」と言われています。
糖化が焦げなら酸化は錆びです。切ったリンゴが時間経過とともに茶色くなる現象と同じです。酸化の原因は紫外線や飲酒喫煙、大気汚染、ストレス、激しい運動などで活性酸素が増えることにあります。活性酸素が増えるくすみやしわの原因になります。
抗酸化作用のあるスキンケアをしてリコピン、ポリフェノール、ビタミンミネラル類が含まれている食品を積極的にとるようにしましょう。

1日に必要な適切な糖質量

糖化させないためには余分な糖を取らないことが大切です。
厚生労働省によると1日に必要なカロリーの50~70%を炭水化物から摂取するのが望ましいとのことです。
成人女性は1日約2000㎉が必要です。60%を炭水化物から摂取すると1日1200㎉、炭水化物は1g4㎉なので1日300gくらいまでが適切な糖質量です。(白米茶碗1杯は55g)
(※厳密にいうと炭水化物=糖質ではありません。)

GI値のチェックで糖化を防ぐ

GI値とは食品が体内で糖になり血糖値を上げるスピードを測ったものです。
GI値が低いほど血糖値の上昇が緩やかになるため糖化しにくい食品と言えます。
一般的に低GIとよばれるのは60以下です。お米を選ぶなら白米より玄米をなどとGI値を参考に食べ方を意識してみてください。血糖値をコントロールしやすくなります。

調理法の工夫で糖化を防ぐ

AGEsは体内で生成するだけでなく、食べるものからも蓄積されます。
焦げ=糖化なので調理によって茶色くなっているものはAGEsが蓄積されやすいと思ってください。調理法としては「生<蒸す・ゆでる・煮る<焼く<揚げる」の順に糖化しやすいです。また、電子レンジ調理は一気に温度が上がるため注意!

糖化を防ぐ食品を選ぶ

AGEsは体内で分解することはできませんが、食品には抗糖化作用を持つものがあります。そのため、普段の食事から意識することが糖化を防ぐコツです。
▽普段何気なく飲んでいる飲み物をこのお茶に変えるだけ
ルイボスティー、ドクダミ茶、ヨモギ茶、カモミール 甜茶
▽糖質の代謝を助けてくれるビタミンB1、B6の含まれる食品
豚肉、ウナギ、にんにく、酒かす

とくにおすすめはルイボスティー。糖化も酸化も防ぐ奇跡のお茶です。

サプリメントで糖化を防ぐ

糖化を防ぎ、肌の老化対策をするスプリメントもあります。
▽αリポ酸 糖質の代謝をスムーズにする
▽ギムネマ 糖質をブロック
▽ロダンテノンB マンゴスチン由来成分。非常に強い抗糖化成分


化粧品で糖化を防ぐ

化粧品による肌老化の対策として、抗糖化に効くとされている成分はコウエキエキスです。
これが配合されている、「POLA BAシリーズ」、「ディセンシア アヤナス エッセンスコンセントレート(美容液)」は抗糖化におすすめの化粧品です。

その他、美容医療ではαリポ酸点滴などが抗糖化に有効です。糖質の代謝をスムーズにする作用があります。

しかし、化粧品・美容医療ともに「抗糖化」をキーワードにしたものはまだ少ないです。そのためやはり毎日の食事や生活習慣を意識することが糖化を防ぐ近道です。

糖化を防ぐ生活習慣

糖化してしまうと化粧品でも美容医療でも対抗するのが難しいですが、前もって生活習慣を意識するだけで十分対策できます。

▽血糖値を上昇させないために
朝食を必ず摂る、GI値を心がける、野菜から食べる(べジファースト)、よく噛んでゆっくり食べる、食べ過ぎには注意

▽何より健康な肉体が基本
良質な睡眠を6,7時間とる、飲酒や喫煙はほどほどに、ストレスをためない、適度な運動


糖化は黄くすみ、シワたるみだけでなく様々な病気の原因になります。
対策は早ければ早いほどいいです。生活習慣を意識することが抗糖化のカギなのでできることから始めてみましょう

コメント

コメントを書く

お気に入り

2 2

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

スキンケア > 美白・シミくすみ対策

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録