シミ解消のためのサプリ・飲み薬の種類と選び方

みなさんはシミを改善するためのサプリメント選びにどのような基準をお持ちでしょうか。市場ではシミに効果があるとされるサプリがたくさんあるため、実際にどれが効果的なのか、さらにはどれがコストパフォーマンスが良いのか、と悩みが多く選ぶのにひと苦労しているのではないでしょうか。

そこで今回はシミを解消するサプリメントの種類や選び方なども含めながら、おすすめのサプリを厳選してご紹介します。正しい知識を身につけてシミ用のサプリメントを選ぶ際に役立てください。

シミ対策に飲む「サプリメント」・「医薬品」とは

一般的にシミ対策に飲むサプリメントと呼ばれるものとして、大きく分けて2種類あり、一つはいわゆる飲み薬と言われる医薬品、そしてもう一つはいわゆる健康食品と言われているような医薬品以外のものです。
多くの人はこれらを総じて「サプリメント」と解釈しているかと思います。
しかし厳密に言えばこのふたつには、医薬品であるかそうでないかという明確な違いがあります。そのため、法律上では「サプリメント」は医薬品以外のもののみをさし、医薬品(飲み薬)とサプリメントは明確に区別されます。

「医薬品」とは

ひとつめの医薬品は、シミの予防や治療を目的としており、一定の効果や効能があることが特徴です。サプリメントと比較して医薬品の成分が含まれているため、個人差があるものの副作用が生じやすい一面もあります。国内産の製品は厚生労働省による成分の有効性、安全性が認められた物だけが流通しているため、安全性が担保されシミの解消を実感しやすいと言えます。

「サプリメント」とは

一方サプリメントと言われる医薬品以外のものは、不足した栄養素を簡易的に補えることが最大の特徴ですが、効果や効能をうたうことは法律で禁じられています。あくまでも栄養補給が目的の食品のひとつであるため効果を実感しないこともあります。しかしながら、医薬品と比較して肌荒れなどの副作用が少ないことも特徴と言えるでしょう。

このようにシミを解消するために飲むタブレット型のいわゆるサプリメントと呼ばれるものには、厳密に言えば栄養補給が目的の健康食品に該当する「サプリメント」と、厚生労働省が定めた有効成分が配合された飲み薬である「医療品」に該当するものとがあることを理解しておくと選ぶ際に役立つでしょう。

サプリメント・医薬品の選び方で注意すべき点は?

シミを解消するサプリ選びで注意すべき点は、シミに有効な成分が含まれているか否か、そしてご自身のシミの種類に合わせてサプリメントを選ぶという2つです。

さらに、個人差があるものの中長期的な使用が経済的な負担にならないこと、ご自身への肌ストレスなどの影響がないかどうか、入手しやすいかどうかも大切な基準になります。このような様々な条件のなかでも、シミに有効な成分が配合されていることと、シミの種類に合わせることは重要な基準と言えます。

ここではサプリメント・医薬品を選ぶ際に確認しておきたい主な成分と、一般的なシミのタイプごとに効果的な成分を解説します。

シミのタイプ別 サプリメントの選び方

サプリメント・医薬品に含まれる成分と同様に、シミの種類に合わせてサプリメントを選ぶことも大切です。一言でシミと言っても複数の種類があるため、サプリメントを選ぶ前にご自身のシミがどのタイプのシミに該当するかを理解する必要があります。一般的に成人女性のシミには老人性色素斑、炎症性色素沈着、肝班などがあります。

・老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

老人性色素斑はシミの代表ともされるほど典型的なタイプで、シミで悩む大半の人はこれに該当すると考えていいでしょう。老人性色素斑は紫外線を浴びることで発症し、加齢も原因のひとつとされているため出来るだけ早めの対策が有効です。

老人性色素斑のシミは薄い茶色から始まり次第に色が濃くなることが特徴です。大きさは米粒程度のものもあれば5センチ程度に広がる場合もあります。紫外線が当たりやすい頬骨周辺にできやすいとされています。

老人性色素斑のシミは紫外線が主な原因のため、日焼け止めや日傘などを使って予防することが最も効果的な対策です。しかし、既に出来ているシミについては直接還元作用があるビタミンC(アスコルビン酸)が多く含まれているサプリメントが有効でしょう。

・炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

炎症性色素沈着はニキビによる炎症、摩擦による刺激、虫刺されなどが原因でできるシミです。主に口の周辺やおでこなどニキビができやすい場所にできるシミで、茶色や褐色をしていることが特徴です。

元々は傷であることから自然治癒しますが、炎症の度合いによっては黒っぽいシミになることもあります。ニキビが出来やすい顔や背中だけでなく、虫に刺されやすい腕や足にもできることがあります。

炎症性色素沈着のシミにはメラニンの生成を抑制するビタミンC(アスコルビン酸)や、浸透力が高いビタミンC誘導体などが効果的で、L-システイン(システイン)によるお肌のターンオーバーを促進することも有効とされています。

・肝班(かんぱん)

肝班は女性ホルモンの乱れや更年期が原因でできるシミです。加えて、紫外線を受けることで悪化しやすくなるとされています。多くのケースで頬骨に沿うようにして左右対称に出来ることが特徴です。妊娠中やピルを服用した際にも出来やすく、30歳から50歳代特有のシミと言われています。

頬骨周辺にできる肝班は一般的なシミとは異なる性格とされており、サプリの摂取では改善されにくいのが特徴です。肝班には悪化させない対策が重要で、紫外線対策はもちろんのこと、メラニンの生成を抑えるビタミンC(アスコルビン酸)や、メラノサイト活性化因子を抑制する抗プラスミン作用があるトラネキサム酸が含まれているサプリメントが有効でしょう。

このようにシミにはいくつかの種類がありますが、いずれにも共通してメラニンの生成を抑制し、肌のターンオーバーを促すことが重要と言えます。これらに役立つサプリの成分こそがビタミンC(アスコルビン酸)やL-システイン(システイン)、ビタミンEやB群なのです。

サプリメント・医薬品の正しい飲み方

シミを解消するために飲むべきサプリメントや医薬品がどのような物であるかを理解したうえで、次に注意すべきことは「飲み方」です。摂取する場合は飲むタイミングと過剰な摂取を避けることが大切です。

サプリメントの飲み方

一般的な栄養補給を目的にしたサプリメントは原則としていつでも摂取してよいとされています。ただし、栄養を最大限に摂取するために消化器官が活発になっている食後の30分以内を目安にして飲むことをおすすめします。サプリメントは水がなくても飲める物がほとんどですが、サプリが栄養を吸収する消化器官まで届くようにコップ1杯程度の水と一緒に飲むようにしてください。

医薬品の飲み方

医薬品を飲む場合は、メーカーが定める用法と用量が外箱や製品ラベルに記載してありますので、それに従うようにしてください。多くの製品で朝と夕の2回、もしくは朝、昼、夕の3回の摂取が推奨されています。

シミを解消するためのサプリメントの飲み方で気をつけるべきもうひとつの点として「成分の過剰な摂取」があります。どのサプリメントもシミを解消するために効果的な成分であるビタミンCやビタミンEなどが豊富に含まれています。しかし、これらの成分は大量に摂取すれば良いという訳ではなく、一定量を継続して摂取することが望ましいとされています。とくに複数のサプリメントを摂取する人は注意が必要です。

サプリメントを摂取する際の基準となるものとして、厚生労働省による「日本人の食事摂取基準」があります。これは厚生労働省が毎5年ごとに発表している方針で、健康増進法に基づき「国民の健康の保持・増進を図る上で摂取することが望ましいエネルギー及び栄養素の量の基準」をまとめたものです。

性別、年齢ごとに科学的根拠を基にしてエネルギー、たんぱく質、脂質、ビタミン類などの理想摂取量/日が算出されています。サプリメントを摂取する際にはこの指針をひとつの目安とし、栄養素が過剰にならないように気をつけるといいでしょう。サプリメントはあくまでも補助的な役割であり、栄養が過剰になると下痢、尿路結石、出血傾向などの症状がでる恐れがあります。

シミを解消するためにサプリメントを摂取する場合は、服用するタイミングと栄養の過剰摂取に気をつけるようにしましょう。

おすすめサプリメント・医薬品3選

ここでは筆者が厳選する理想的なシミ解消のサプリメント・医薬品をご紹介します。それぞれに特徴がありますので、サプリメント選びの参考にしてください。

トリプルサン「白肌星」(サプリメント)

ひと粒に含まれる成分の半分以上がL-システインをペプチド化した「システインペプチド」で構成されていることが特徴です。ビタミンC、ビタミンB群、セレプロンFなども含まれており、シミの改善だけでなく肌色が明るくなる効果もあるとされています。医薬品ではなく健康補助食品に該当します。

第一三共ヘルスケア「トラシーノ ホワイトCクリア」(医薬品)

「飲むシミケア」をキャッチフレーズにしているトラシーノは、1日の服用数である4錠中にシミの改善に効果的とされるL-システイン240mgとビタミンC1000mgに加えて「ニコチン酸アミド60mg」が含まれていることが特徴です。ビタミンEやビタミンB群で血行と代謝を促進し、ニコチン酸アミドが肌のターンオーバーを正常に促してシミを改善する医薬品です。

アインファーマシーズ「ロスミンローヤル」(医薬品)

医薬品に該当する「ロスミンローヤル」はシミに効果的なビタミンC(アスコルビン酸)やL-システイン(システイン)の他に、小じわにも効果があるとされる生薬成分が9種類含まれています。シミだけでなく小じわの解消にも効果的なことが特徴です。

まとめ

シミを解消するためのサプリメントは栄養補給を目的とする物と医薬品に該当する物があり、それぞれをご自身のシミの症状に合わせて選ぶことが大切です。また、栄養の過剰摂取にならないように適切な飲み方も意識する必要があります。

シミのサプリメントは絶対的な解決策として考えるのではなく、あくまでも不足しがちな栄養素の補給として捉えて摂取するとよいでしょう。そのためにも、今回ご紹介したようなシミを解消するサプリメントの種類や成分など正しい知識を身につける必要があります。ぜひ、正しい知識を持ってご自身のシミを解消する理想的なサプリメントを選んでください。

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

ヘルスケア・体質 > サプリ、ハーブ、漢方

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録