顎の下ニキビはホルモンバランスが影響大 大人の吹き出物ケアと対処法

大人ニキビの代表的なものとして、顎の下にできるニキビがあります。
何故顎にニキビが出来てしまうのか、その原因と対処法について解説します。

顎の下にニキビができる原因

思春期のニキビが皮の出やすい「おでこ」や「鼻」のTゾーンに出来やすいのに対し、大人になってからのニキビはホルモンバランスの影響によって引き起こされるもので、顎の下にできるニキビもその一つだと聞いたことはないでしょうか。

ホルモンバランスの乱れ=男性ホルモンの影響拡大

よくホルモンバランスの乱れと言われますが、顎の下にニキビが出来てしまうのは、ホルモンバランスの中でも特に男性ホルモンの影響が強く影響しています。

そもそも、男性ホルモンや女性ホルモンという名称はいくつかの種類のホルモンを分かりやすく表しただけのもの。
皮脂の分泌を促進したり、髭の成長を促したりする役割のものを男性ホルモン。
皮脂の分泌を抑えたり、妊娠などに影響するホルモンを女性ホルモンと呼んでいるだけなので、女性でも両方のホルモンを持っているのです。

女性であれば通常は女性ホルモンが強く影響しているため男性ホルモンの影響を受けにくくなっているのですが、ストレスや環境の変化によって「戦う」必要が強まると、男性ホルモンが優位になるなどホルモンバランスが乱れる事になります。

男性ホルモンの影響が高まると皮脂の分泌が増える

男性ホルモンが強まると、まず皮脂の分泌が盛んになります。ニキビは皮脂が毛穴に詰まる事で発生するトラブルのため、皮脂の分泌が増えるとニキビもできやすくなります。

男性ホルモンが顎(あご)の毛穴の活動を盛んにする

ただ、皮脂の分泌が盛んになる事は顎の下だけの問題ではありません。
顎にニキビが出来やすくなる理由としては、男性にひげが生えやすいように、男性ホルモンの影響が強くなると口周りや顎の毛穴の活動が活発になるという事が影響しています。
毛穴の活動が活発になって、この部分の皮脂量が特に増加するため、口周りや顎の下はホルモンバランスの乱れによってニキビが出来やすい箇所だと言われているのです。

顎は乾燥しやすい事も原因の一つ

また、そもそも顎や頬といったいわゆるUゾーンは、顔の中でも乾燥しやすい部位。
肌が乾燥して潤いが無くなると硬くなり、毛穴が詰まりやすくなります。
普段は乾燥しているのに、ホルモンバランスが乱れていきなり皮脂が多く分泌されてくる事で、ニキビが出来やすくなってしまうのです。

顎ニキビのケアの基本

顎に出来るニキビも基本的には他のニキビとケア方法は同じ。
しっかりと泡立てた洗顔料で摩擦しないように洗い、新しくダメージが加わらないように保護していれば、炎症がおさまってニキビが解消に向かいます。
白ニキビなどの状態であれば詰まっている角栓を出してしまう「芯出し」も有効なので、皮膚科などでなどで処置するか、清潔な器具を利用して面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)しても良いでしょう。
ただ、赤ニキビなど炎症が進んでいる状態では何か刺激を加えると余計に悪化していく場合があるので、とにかく刺激を避ける事が重要です。

顎ニキビが繰り返すときの対処法

顎ニキビが繰り返される場合、ホルモンバランスの乱れが続いている状態が予測されます。
男性ホルモンが優位になるホルモンバランスの乱れは、交感神経が優位になるような生活習慣で特に発生しやすいと言えます。
交感神経の働きを落ち着かせ、副交感神経を働かせるためには、リラックスできる環境や生活習慣が大切。十分な睡眠時間を取ったり、ジョギングなど適度な運動をしたりするようにして副交感神経を働かせるようにしましょう。

また、副交感神経を働かせるためにはリラックスする呼吸法も有効です。
よく言われる腹式呼吸方ですが、姿勢を正し、鼻からおへそ辺りに空気を送り込むイメージでゆっくりと息を吸い、お腹がへこむように意識しながらゆっくりと吐き出します。
腹式呼吸による深呼吸を1分行うだけでも、副交感神経が働いてリラックスしやすくなりますので、生活の中で時々取り入れてみると良いでしょう。

顎ニキビ解消に効果的な食べ物

顎ニキビの解消としては、通常のニキビ解消と同じようにビタミンAやビタミンB群、ビタミンEの他、亜鉛などの栄養素を積極的に摂取して肌のターンオーバーが適切に行われるようにする事が大切です。
また、皮脂の分泌そのものを軽減する事も大切で、脂っこい食事や糖分が多い食事を摂り過ぎないようにする事もニキビの改善には必要です。

それ以外では、ホルモンバランスの乱れを解消していくため、ストレスを軽減していくために有効な「GABA」を摂取する事も良いでしょう。
GABAは正式にはガンマアミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)という成分で、脳内で興奮した神経を落ち着けるために利用される物質の一つ。
ストレス軽減に効果的として、チョコレートなどに配合される事も多い成分です。
近年の研究で食事などによって取り入れたGABAが直接脳内に入ってストレス軽減を行う事は無いと分かっていますが、腸などから体内に取り入れる事で、ストレス軽減や血圧の低下などの作用が期待できるとされています。
ストレス社会と呼ばれる現代ではどうしても体内のGABA量が不足してしまいがちなので、積極的に摂取する事がストレスの軽減、そしてホルモンバランスを整えるために有効だと言えます。
GABAはカカオや発芽玄米などに多く含まれているため、毎日のご飯を発芽玄米にしてみたり、カカオ分の多いチョコレートを食べてみたりという事で取り入れやすくなります。

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

カテゴリ

スキンケア > にきび・いぼ・おでき

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録