肌を美白に導くための洗顔方法のポイント

公開 

うさみ

0 0

スキンケア習慣のひとつとして美白に効果があるとされる洗顔料を使っているという人は多いのではないでしょうか。実際にドラッグストアやインターネットでは美白化粧品と並んで肌が美白になることを謳った洗顔料が溢れています。美白を手に入れるには正しい洗顔料選びと、洗顔法が重要です。

そこで今回は、洗顔と美白の関係性や、美白を実現するために理想的な洗顔法、女美会がおすすめする洗顔フォームなどを含めて紹介します。

洗顔と美白の関係性

美白の意味

まず始めに、美白と洗顔の正しい関係性を理解する必要があります。昨今、とくにインターネットにおいて「美白作用がある洗顔フォーム」や「美白効果がある洗顔法」などの謳い文句が散見されますが、これらは本来の言葉の意味を超越していることもあるため誤解を生みやすい表現です。

一般的に美白という言葉は「シミやくすみを解消すること」や「肌を白くすること」など作業や目的を指すようにして使われていますが、本来の意味は「色素沈着が少なく光の反射量が多い肌」のことを指しています。

また、美白化粧品における美白の意味は「シミやくすみを予防する」ことで、なおかつ厚生労働省が認可した美白有効成分が配合されている必要があります。厚生労働省は美白有効成分を「メラニン生成によるシミやくすみを防ぐ」ことと定義しています。平たく言えば、美白は「予防」の意味があり「解消」を指す言葉ではありません。

現在、市場では言葉の本来の意味とは異なる解釈が混在しているため、消費者は混乱しやすい状況になっています。販売者は本来の意味、そして法律に沿った謳い文句を使っていますが、美容情報サイトやインターネットのクチコミサイトなどでは本来の意味を成していない言葉が飛び交っているのが実情です。

そのため、美白の本来の意味を正しく捉えているかどうかは、信頼できる販売者か情報提供者かどうかを見極める基準になると言えます。

美白洗顔の正しい解釈とは

市場には美白に効果があるとする洗顔料が存在しますが、洗顔料やボディーソープなどのように洗い流すタイプの洗浄剤には肌を白くするような効果はほとんど見込めないと言えます。

この理由として、美白の状態になるためには美白有効成分が表皮から真皮にかけて浸透する必要があるためで、すぐに洗い流してしまう洗顔料や洗浄洗剤では物理的に美白の状態を作り出すことは難しいのです。仮に、洗い流すタイプの物で美白になる成分があったとしても厚生労働省が安全性の観点で認可しないでしょう。

美白洗顔は、あくまでも洗顔によって古い角質が取れて肌全体のトーンが明るく見えるようになるだけで、肌が白くなっているという訳ではありませんので注意しましょう。

このように、美白という言葉を正しく解釈しないまま洗顔料などを使用すると、そもそも効果がない物に対して過剰な期待をして投資することになるので注意が必要です。

洗顔による美白対策とは

洗顔だけで肌が白くなる(美白の状態)になることは現実的ではありません。しかし、日々の洗顔を通して古くなった角質を除去したり、毛穴の黒ずみを洗い落とすことで肌のトーンが向上することは期待できます。美白に効果的とされる洗顔料には以下のような効果があります。

角質除去

表皮層の最も外側は角質層と呼ばれる層で、最も古い細胞によってできています。古くなっている細胞ということは汚れも付着しており、くすみの原因にもなります。また、人間の体は乾燥しているときは角質層を厚くして潤いを保とうとします。厚くなった角質層は明るさを奪うため肌がくすんでいるように見えます。角質層が常に清潔で適度な厚みをしていることが美白に繋がります。

毛穴の黒ずみ除去

角質と同様に毛穴の黒ずみも美白を阻害する大きな要因です。毛穴のなかに古くなった角質や皮脂が詰まり酸化することで黒くなります。黒くなった毛穴の汚れは肌全体で肌色のトーンを下げてしまうため洗顔を通じて常に清潔に保つ必要があります。

ターンオーバーの正常化

美白に効果的とされる洗顔は、肌の新陳代謝であるターンオーバーを正常化させることにもつながります。とくに、古い角質を取り除くことで白く綺麗な肌が透けるようにして見えるため美白の状態に近づきます。なかでもピーリング効果が高いAHA(アルファヒドロキシ酸)と呼ばれるフルーツ酸はターンオーバーを円滑にさせる効果があるとされています。

美白につながる洗顔は角質除去、毛穴の黒ずみ除去、そしてターンオーバーの正常化が重要なポイントです。次では、これらを効率的に実現するための洗顔料選びを解説します。

肌質別の美白を導く洗顔料選びのポイント

洗顔を通じて美白を手に入れるためには洗顔料選びも大切です。さらに、自身の肌質を見極めて、それに適した洗顔料を選ばなければいけません。ここでは、肌のタイプ別に具体的な洗顔料を紹介します。

肌タイプ別

乾燥肌
乾燥肌タイプの人は、保湿成分と低刺激成分に注意して選びましょう。洗顔は肌を清潔にする一方で、水分を奪う行為でもあるため乾燥を進行させるリスクがあります。

そのため、洗顔料にコラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分が豊富に含まれているのが理想です。洗浄力を向上させるための界面活性剤やオイル系は刺激が強くなるので避けるようにして、摩擦を減らすために泡やフォーム、クリームタイプを選ぶといいでしょう。


敏感肌
敏感肌タイプの人は、天然成分でできた固形石鹸や無添加成分の泡タイプの洗顔料がおすすめです。敏感肌の人は化学成分による刺激や乾燥、摩擦が主な原因のためこれらを避ける必要があります。色々な成分が含まれているよりも、シンプルな洗顔料を選ぶことをおすすめします。


オイリー肌(脂性肌)
オイリー肌の人は、一度の洗顔で汚れや余計な脂を洗い落とせる固形石鹸やパウダータイプの洗顔料がおすすめです。脂を洗い落とそうと洗浄力が強いものを使うとかえって皮脂の分泌が促進されますので、油分や添加物が少ない固形石鹸タイプがいいでしょう。

美白につながる洗顔料の成分

美白につながる洗顔では洗顔料に含まれている成分も重要です。角質や黒ずみの除去、そしてターンオーバーの正常化に効果的な成分を解説します。

酵素

角質汚れや毛穴の黒ずみを落とすのに有効な成分が酵素です。酵素には毛穴に詰まった汚れ(角栓)を分解する作用があるため、肌全体のくすみを解消して肌を本来の色に近づけます。乾燥肌、敏感肌の人は酵素の配合濃度が低い物から使い始めるといいでしょう。

AHA(アルファヒドロキシ酸)

古い角質を除去するのに有効とされるのがAHA(アルファヒドロキシ酸)です。角質のピーリング効果があるものの、低刺激なため酵素と並ぶ洗顔の基本成分と言えるでしょう。

コラーゲンとヒアルロン酸

保湿効果があるコラーゲンとヒアルロン酸は肌のハリやツヤには欠かせない成分です。同時に肌の乾燥を防ぐため、肌色のトーンダウンを防止します。美白のベースとなる成分です。

ビタミンC誘導体

抗酸化作用があるビタミンC誘導体は紫外線などの刺激によって生じる活性酸素を抑制する作用がある一方で、還元作用によってシミの予防と解消に貢献します。洗顔料では浸透力が高い水溶性のビタミンC誘導体が含まれている物がおすすめです。

プラセンタエキス

プラセンタにはメラニンを抑制する効果があります。活性酸素やチロシナーゼなどのシミにつながる成分を除去する力で美白の維持に有効です。

これらが含まれている洗顔料を使えば肌が白くなるというわけではありませんが、科学的に美白に有効とされる成分ですので、洗顔料選びの際にひとつの基準にするといいでしょう。

美白につながる正しい洗顔法

美白効果を高めるためには理想的とされる洗顔法を身につけるようにしましょう。間違ったスキンケアは肌トラブルの原因にもなりますので注意が必要です。

ぬるま湯

クレンジングや洗顔は34度から36度のぬるま湯を使いましょう。これは日本人の平均体温から導き出された温度であり、クレンジングや洗顔に最も適しているとされています。ぬるま湯には皮脂を溶かしつつ、毛穴を閉じさせないという利点があります。

摩擦を避ける

クレンジングや洗顔において最も気をつけたい行為が摩擦です。摩擦によるダメージでメラニンが生成されることもあり、結果的にシミの原因につながります。泡やフォームタイプの洗顔料が推奨されるのは摩擦が生じにくいという利点があるためです。

すすぎは入念に

意外に見落としがちなのがすすぎの行程です。とくに短時間で済ませようとするあまり、髪の生え際、鼻の周辺、フェイスラインに洗顔料が残りやすい傾向があります。残った洗顔料は時間の経過と共に肌にダメージを与える原因になります。

水分の拭き取りはやさしく

洗顔後はタオルで顔を拭きますが、その際の力加減に注意してください。角質が落ちて敏感な状態になっているときのタオルによる摩擦は肌ダメージの大きな原因です。加えて、清潔なタオルを使うことも忘れないようにしましょう。

保湿

洗顔後はすみやかに化粧水と保湿クリームを使って保湿しましょう。洗顔後はもっとも肌の水分が蒸発しやすく、外部からの刺激に弱い状態です。洗顔後は肌トラブルのリスクが高いため、すみやかな保湿ケアが望まれます。

おすすめの美白洗顔フォーム

たくさんある洗顔料のなかでも、美白を目指すためにおすすめの洗顔料を厳選しました。
洗顔料を選ぶ際のポイントは、肌に優しい成分、価格(コストパフォーマンス)、入手しやすさ、クチコミでの評価などを基準にしています。

シェルゥーム・コーラルクリア パウダーウォッシュ

これまで何度も「BEST BEAUTY AWARD」の受賞歴がある「コーラルクリア パウダーウォッシュ」は99パーセントが天然由来の成分で出来ており、古い角質を除去するパパイン酵素と、皮脂や角栓除去に有効な天然サンゴの微粉末を配合しています。天然由来の成分であるため、とくに敏感肌や乾燥肌の人に適していると言えます。


主なクチコミ
・洗い上がりがもっちりするようになった
・酵素洗顔でここまで泡立ちが良い物に会えて嬉しい
・毛穴汚れもすっきり
・ピーリングに頼らなくてよくなった
・乾燥するため毎日の使用は控えた方がいいかも

第一三共ヘルスケア・トランシーノ 薬用クリアウォッシュ

シミ対策でも広く知られたトラシーノシリーズの洗顔料です。安心の国内メーカーという点も大きなポイントでしょう。保湿クリームを50パーセント配合し、ビタミンC、アケビアエキスなどのうるおい成分が豊富なことが特徴です。

さらに、薬用肌荒れ防止成分としてグリチルリチン酸2Kも配合されているため、洗顔を通じて肌の調子を整える作用もあります。日本人に多い乾燥肌に最適な洗顔料と言えます。

主なクチコミ
・他の洗顔料よりも明らかに汚れが落ちたと実感した
・初回の使用後は肌が一段明るくなっていた
・少量でも泡立つ
・2、3ヶ月使って肌トラブルが起こらない
・秋頃から毎日使うと乾燥を実感するようになった

ジバンシイ・ブラン ディヴァンフォーム

洗顔し終わった後に一皮むけたような感覚を得られると評判の「ブラン ディヴァンフォーム」は購入価格こそ割高に感じますが、長く使えることからコストパフォーマンスが高いと評判です。泡は軽めで、泡切れがよいため洗顔によるストレスも軽減されます。

ビタミンC誘導体や植物由来成分を複合した独自技術グロウ リバイバーコンプレックスを配合し、メラニンを抑制しシミやくすみを防ぎます。乾燥肌、敏感肌の人におすすめです。

主なクチコミ
・毎朝使用して、くすみが取れて明るくなった気がする
・泡切れがよく、洗い終わった後のつっぱりがない
・フローラル系の香りに癒される
・少しの量で泡立つのでなかなか減らず経済的
・他の製品よりも値段が高い

コーセー・雪肌精 化粧水仕立て 石けん

植物由来成分と和漢植物エキスが豊富に含まれた化粧水成分で出来ている「雪肌精石けん」は、くすみの原因でもあるメラニンや角質を柔らかくして剥がし落とします。石けんタイプではあるものの、ホイップ&モイスト製法によって作られているため泡立ても簡単です。とくに敏感肌、オイリー肌の人に向いているとされています。

主なクチコミ
・固形石鹸だけど濃密な泡がすぐに出来る
・洗い上がりはさっぱりで、肌が白くなった気がする
・美白と言えば雪肌精というイメージ
・泡立ちは良いものの、石鹸を多く使用する
・鼻周りの角栓が取れなかった

まとめ

肌を美白に導くためには、自身の肌質を知り、それに合った洗顔料を選ぶことが大切です。さらに、正しい洗顔法を習慣付けて肌トラブルのリスクを減らすことも心がけましょう。洗顔は毎日の習慣だからこそ、自分に合った洗顔料と正しい方法で取り組むようにしてください。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

ライター紹介

うさみ

 

うさみさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

顎の下ニキビはホルモンバランスが影響大 大人の吹き出物ケアと対処法

顎の下ニキビはホルモンバランスが影響大 大人の吹き出物ケアと対処法

大人ニキビの代表的なものとして、顎の下にできるニキビがあります。 何故顎にニキビが出来てしまうのか、その原因と対処法について解説します。 [»続きを読む]

しわの解消に効果的な再生医療ってどんな治療法?

しわの解消に効果的な再生医療ってどんな治療法?

最近よく聞くようになった再生医療ですが、再生医療と聞くと病気やケガの治療というイメージが先に来る方は多いでしょう。しかし、その再生医療を美容分野にも用いて、お肌のしわを解消できることをご存知ですか? 今回は、再生医療による「しわの解消」についてご紹介していきたいと思います。 [»続きを読む]

しわを脂肪注入で消す事は可能? 治療効果やデメリットとは

しわを脂肪注入で消す事は可能? 治療効果やデメリットとは

若い頃はダイエットをしてもなかなか落ちなかった顔の肉ですが、年齢を重ねるとともにあんなにふっくらしていた頬が段々こけてきて、顔のしわが気になってきた、という経験はありませんか? 若い頃の健康的な肌を取り戻す為に、美容医療の脂肪注入に興味を持つ方もいらっしゃると思います。今回は、 [»続きを読む]

気になる目尻のしわを治療する方法とは? 症状別に解説します!

気になる目尻のしわを治療する方法とは? 症状別に解説します!

年齢とともに気になりだす目尻のしわ。セルフケアで消そうとしても、一度できてしまったしわはそう簡単に薄くなるものではありません。悪化する前に、美容医療の力を借りて若々しい目元を取り戻すのも有効な方法です。そこで今回は、目尻のしわを改善する治療法を症状別に解説します。自分に合った治療 [»続きを読む]

シミの原因でもあるメラニンは肌の健康を守る重要な働きをしている

シミの原因でもあるメラニンは肌の健康を守る重要な働きをしている

多くの人はシミの原因はメラニン(メラニン色素)であることを理解していると思います。そのため、メラニンは美肌を目指す人たちから嫌われる存在です。しかし、本来のメラニンは人体を有毒なものから守る働きがあるため大切な存在です。それにもかかわらず、メラニンが厄介な存在として認識されている [»続きを読む]

美白・シミくすみ対策の新着記事

上野の格安でシミ取りが出来るおすすめ美容外科5選

上野の格安でシミ取りが出来るおすすめ美容外科5選

東京の玄関口でもある上野駅周辺には格安でシミ取りが受けられる美容外科や皮膚科があります。上野は鉄道でのアクセスが良いということもあって埼玉県、群馬県、千葉県、茨城県などからもシミ取り治療を受けに来る人が集まるエリアでもあります。 そんな上野周辺にあるクリニックの中から「上野 [»続きを読む]

美容リサーチャー

いしだまえ

銀座の格安でシミ取りが出来るおすすめ美容外科8選

銀座の格安でシミ取りが出来るおすすめ美容外科8選

都内屈伸の高級な街として知られる銀座には格安のシミ取りが出来る美容外科や皮膚科が多いということをご存知でしたか?銀座という土地柄、美容を気にする人が集まりやすいため、各クリニックで格安のシミ取りや最新式のシミ取り治療を取り入れるなど、熾烈な競争がおこなわれている街でもあります。 [»続きを読む]

美容リサーチャー

いしだまえ

渋谷の格安でシミ取りが出来るおすすめ美容外科8選

渋谷の格安でシミ取りが出来るおすすめ美容外科8選

若者の街として有名な渋谷にはシミ取りが出来る美容外科や皮膚科がたくさんあります。都内では新宿に並ぶほどの美容激戦区とされているエリアのため、格安なプランや最新治療など各クリニックで集客のための工夫が凝らされています。 たくさんあるクリニックの中からベストなひとつを探すのはな [»続きを読む]

美容リサーチャー

いしだまえ

新宿の格安でシミ取りが出来るおすすめ美容外科8選

新宿の格安でシミ取りが出来るおすすめ美容外科8選

全国でもトップクラスの美容激戦区として知られている新宿には、シミ取りを手がける美容外科や皮膚科が数多くあります。格安な料金は当然のこと、最新治療法やシミ取り放題プランなど、各クリニックで集客のために様々な工夫を凝らしています。しかし、美容外科や皮膚科の激戦区である新宿で自分に最適 [»続きを読む]

美容リサーチャー

いしだまえ

池袋の格安でシミ取りが出来るおすすめ美容外科7選

池袋の格安でシミ取りが出来るおすすめ美容外科7選

若い頃にうっかり紫外線対策を怠ったために頬周辺にシミが出来てしまったという人は多いのではないでしょうか?慌てて美白ケアをしたところでシミは消えてくれるものではありません。頑張ってメイクでごまかしてもスッピンになると目立つシミは困った問題ですよね。 シミは美容外科や皮膚科で簡 [»続きを読む]

美容リサーチャー

いしだまえ

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録