プラセンタってホントのところどうなの?美容や健康への効果と副作用とは?

プラセンタは美白や若返りなど、女性の美容に効果が高い!という噂は聞くけど、副作用などの話も耳にするし...。ホントのところどうなの?という疑問にお答えします。

プラセンタとは?

プラセンタとは英語でplacentaと書きますが、意味は哺乳類の「胎盤」。妊娠している時に羊膜(胎児を包む袋)と子宮を結ぶ所で、胎児に栄養などを受け渡ししている部分です。
サプリメントや美容医療で利用されているプラセンタは胎盤から抽出した成分を含有するもので、主に豚や馬のプラセンタなどが利用されています。
自然界では、多くの動物が出産した後に自分の胎盤を食べるという行動をとる事があり、出産によって低下した体力の回復や、ホルモンの分泌を促進する (子育てのために「乳」を出すようにする) 成分の摂取に役立っていると言われています。

プラセンタの効果

プラセンタには豊富なアミノ酸を始め、ビタミンやミネラル、様々な酵素といった栄養素が豊富に含まれているため、摂取による高い健康効果が期待されます。
また、プラセンタにはEGFなどの成長因子が多く含まれているため、これがコスメとしてもサプリメントとしても効果を発揮し、アンチエイジングに役立つとされています。

プラセンタの美肌効果

プラセンタをコスメとして利用した場合に期待できる美肌効果は、ターンオーバーの正常化と肌表面を整え弾力を与えるなどのエイジングケアです。
これらの効果は特にプラセンタに含まれる成長因子の影響によるもので、EGF---上皮(表皮層の細胞)成長因子やFGF---繊維芽細胞(真皮層の細胞)成長因子を単体で使用するのではなく、それが複合的に含まれているからこそ、相乗効果で美肌に導く事が可能となります。

細胞のダメージを防ぐ効果

プラセンタにはコスメやサプリとして利用する事で活性酸素を抑制する抗酸化作用があります。
活性酸素は肌にダメージを与える性質があり、紫外線の刺激やストレスなどによって日々体内で作られてしまうもの。この活性酸素を抑制する事で、細胞のダメージを防ぎアンチエイジングに効果を発揮する事が可能となります。

体の免疫力強化

サプリとして利用した場合、プラセンタに含まれる核酸やアミノ酸が体の免疫力強化に役立つとされています。
核酸はガンの抑制に効果を発揮する他、糖尿病の改善などに効果があるなど免疫力の強化に効果があると言われている成分です。

ヒアルロン酸・コラーゲンとの違い

ヒアルロン酸やコラーゲンもプラセンタと同様コスメやサプリに配合されやすい成分ですが、その性質は全く異なります。

ヒアルロン酸は大量の水分を保つ性質をもつ成分

ヒアルロン酸は1グラムで6リットルもの水分を保持できるといわれている成分で、人の体内では眼球のレンズ部分や軟骨部分にある他、肌や筋肉で細胞と細胞を繋ぎ合わせる役割を果たしています。
体内に元々ある成分でもあるため安全性が高く、その高い水分保持力を活かして表皮の潤いを保つ役割としてスキンケアコスメなどによく配合されています。

コラーゲンは肌のハリを保つ成分

コラーゲンは体内では真皮内で作られる成分で、肌の弾力を保つ機能を持ちます。
コラーゲンが減少すると肌はハリが無くなり、シワができやすくなるので、エイジングケアとしてとても重要な成分です。
コラーゲンはアミノ酸が結合したものであり、体内に摂取するとタンパク質と同様、分解されてアミノ酸となり吸収されます。
スキンケアコスメとして利用される場合はヒアルロン酸と同様、角質の潤いを保つ成分として効果を発揮します。

副作用が起こるって本当?

今現在、プラセンタを摂取または利用する事による副作用は特にないとされています。
しかし、実際にはプラセンタ注射による副作用が数例報告されていて、ラエンネックというプラセンタの注射により肝機能障害という重篤な症状が発生した例もあるようです。
また2004年には「日本胎盤医療研究会理事会」という機関から、プラセンタを点滴によって利用した際に、ショック症状となる副作用が4件あったと発表されており、これらの副作用はプラセンタの利用方法として認可されていない「静脈注射(点滴)」での利用によって発生しているという面もありますので、プラセンタの副作用を避けるためにはちゃんとした利用方法などを守っている所を選んだ方が良いでしょう。

ヒトプラセンタ注射をすると献血ができなくなる

また、プラセンタに対して副作用が心配というイメージがある要因としては、ヒトプラセンタの注射を受けた事がある人は献血が出来なくなるという事が理由の一つにあります。
なぜヒトプラセンタ注射をすると献血できなくなるかというと、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)という難病が、人の臓器などを移植した場合に発生する可能性があると考えられ、ヒトプラセンタは人の胎盤から抽出されたものであり、リスクを持っている可能性があると日本赤十字が判断しているためです。
とはいえ、前述の通り現在までに数多くのヒトプラセンタの利用がありますが、副作用として発生しているものはありませんし、日本赤十字の対応も「念のため」に行っている対応だといえます。

尚、現在の所献血が出来ないのはヒトプラセンタの注射を行った場合のみで、サプリなどでの摂取やヒト以外のプラセンタを利用した場合などに対する制限は特にありません。

プラセンタ注射の治療の特徴

プラセンタを最大限有効活用するための方法として、プラセンタ注射があります。
プラセンタをそのまま体内に取り入れる事で、豊富な栄養が持つ健康効果や美容効果。成長因子などによるアンチエイジング効果を最大限に活用するというものです。

プラセンタ注射で期待できる効果

プラセンタ注射で期待できる主な効果は下記のようなものとされています。
・美白効果
・更年期障害や生理不順などの改善(ホルモンバランス調整)
・アトピーや花粉症の改善
・疲労回復、二日酔い回復

プラセンタ注射の注意点

基本的にプラセンタ注射は誰でも手軽に受けられて、特に副作用もありません。
しかし、プラセンタ注射に限らず注射や点滴を受ける場合には、ごくまれに悪寒や発熱の他、発心などのアレルギー症状が出てしまう場合があります。
こうしたトラブルを避けるため、なるべく体調が良好な時に受けるようにしましょう。

プラセンタ注射の効果が持続する期間

プラセンタ注射はビタミン注射と同様、注入した成分が体内で利用されて、その時の状態を少し改善するというもの。
効果の持続という意味では、一定期間の持続を見込むものではありませんので、体調や目的に合わせて利用していけばいいのですが、ある程度安定して効果を得たいという場合には1~2週間に1回程度の注射が推奨されます。

プラセンタは点滴ではうたない

プラセンタは基本的に筋肉注射や皮下注射によって行われ、静脈注射では行われません。
そのため、点滴で行う事は基本的にないのですが、ビタミン注射にプラスという形実施されている場合もあるようです。
ただ、前述の通りプラセンタを静脈注射で行ってショック状態となった例が、4例報告されていると「日本胎盤医療研究会理事会」という機関が2004年にお知らせをだしており問題が出る可能性がゼロではないので、点滴などで受ける場合は医師とよく相談して決めましょう。

プラセンタ配合の美容ドリンク・サプリの選び方

プラセンタを美容ドリンクやサプリメントで取り入れる場合、安全面や効果という面で気を付けたい事がいくつかあります。

なるべく国産の安全性が担保されたプラセンタを選ぶ

プラセンタのドリンクやサプリで危険性が指摘されるものとしては、製造工程で取り除けないまたは紛れ込んでしまう病原体やウィルス。それと、狂牛病の可能性が指摘されています。

狂牛病については牛のプラセンタを利用したものの販売が規制されているため、まず問題ないのですが、牛と同様に狂牛病の危険性が考えられる羊のプラセンタを利用したものは、オーストラリアやニュージーランド産等のサプリで存在しているため、念のため避けておいた方が良いといえます。
また、プラセンタは生体を原料とする事もあり、加工する工場などによっては病原体などが紛れ込んでしまう可能性があります。
こうしたリスクを極力避けるためには、日本健康・栄養食品協会(JHNFA)などの基準を満たしている、国産の安全性が担保された商品を選ぶと良いでしょう。

プラセンタの配合量が多いものを選ぶ

プラセンタに限らず、美容ドリンクやサプリの効果を最大限得るためにはしっかりと必要な成分の配合量・配合割合が多い商品を選ぶ事が必要です。
多くの商品にはプラセンタの配合量が記載されていますので、しっかりと確認して選びましょう。

ただし、プラセンタの場合に一点注意するべき事は、配合量として記載されているものがプラセンタ(粉末)そのものの量ではなく、不純物などを取り除く前のプラセンタエキスの量が記載されている場合があるという点です。
プラセンタは原料となるエキスから水分や不純物を取り除き、効果のある原料分だけを取り出しますので、エキスの分量が多いかどうかで選んでしまっては効果が弱いものを選ぶ形となってしまいます。

この判断をする方法としては、栄養成分を確認してアミノ酸などの数値が高いものを選ぶなどすると、実際に効果を発揮するプラセンタが多く配合されているものを選ぶために役立ちます。

プラセンタ効果をとりいれて健康・美容を手に入れましょう

プラセンタは正しく取り入れる事ができれば、様々な面で健康や美容に良い効果をもたらしてくれる成分です。
目的に合わせてケアに取り入れ、自分磨きに役立てて下さい。

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

スキンケア > 美白・シミくすみ対策

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録