イボコロリでシミを消せる?!その方法と効果とは?

イボを直すための市販薬「イボコロリ」がシミに効くという噂があり、本当に効くのか調べてみました。

紫外線のダメージや加齢によって出来てしまうシミ。
そんなシミを消す方法として、イボや魚の目の解消に役立つ商品「イボコロリ」が有効だという話があります。
イボコロリは本当にシミの解消にも役立つのか、その効果や利用方法を解説します。

イボコロリがシミに効く原理はピーリングと一緒

まず、なぜイボコロリがシミの解消に効果を発揮するといわれているのかについてですが、これは皮膚科で行われているケミカルピーリングと同じような原理だからです。

イボコロリは、イボや魚の目のような「固くなった皮膚」を除去するため、サリチル酸という、皮膚(角質)を柔らかくしてはがれやすくする成分が入っています。

サリチル酸はケミカルピーリングとして利用される薬品そのものですので、当然ではありますがケミカルピーリングと同じような効果を発揮します。

サリチル酸がターンオーバーを促してメラニン(シミの原因)を排出

サリチル酸を塗布して角質が柔らかくなり剥がれ落ちると、その部分の肌を新しく作るためにターンオーバー(肌の生まれ変わり)が促進されます。
シミはメラニンという黒色の物質が肌の内部に留まっている事が原因ですので、ターンオーバーが促進されると、自然と垢となり排出されていきます。
この作用によって、ケミカルピーリングはシミを薄くしていくのですが、同じ現象をイボコロリで起こす事ができるのです。

イボコロリが効果的なシミとそうでないシミがある

以上のように、イボコロリに含まれるサリチル酸でケミカルピーリングと同様の効果を得る事からシミを薄くすることができますが、シミの全てに効果があるというわけではありません。

いわゆるシミ「老人性色素斑」には効果あり

シミの種類のうち、黒くぽつんと顔や手などに出来るものを老人性色素斑と言います。老人性とはいっても老人だけに発生するものではなく、若くても紫外線などのダメージを強くうけると出来るものです。

この老人性色素斑は、肌がダメージを受ける事によってターンオーバーが正常に行われていない事が原因の一つでもあるため、ケミカルピーリングで改善していく事が可能。そのため、イボコロリでも効果を発揮する事が出来ます。

ただ、長年かかっても薄くならないようなシミの場合は色素が肌のより深い場所で定着してしまっている可能性が高く、そもそもターンオーバーを促進しても解消できない場合があります。
この場合、基本的にはレーザーなどで直接メラニンを破壊していかなければシミを消す事は難しいので、レーザー治療の取り扱いなどがある皮膚科の受診などを行うと良いでしょう。

肝斑タイプのシミも効果はあるが防止も重要

両頬、額、下顎、鼻の下のあたりに左右対称に出るシミで、主にホルモンバランス変化によって発生するものを肝斑といいます。
肝斑タイプのシミも基本的にはメラニンが肌に蓄積されている状態ですので、イボコロリによってターンオーバーが促進されれば、メラニンが排出されてシミを薄くしていく事が可能です。

ただし、肝斑と老人性色素斑の違いとして、肝斑はホルモンバランスの変化が原因となっているため、一度シミが薄くなってもすぐに同じ場所でシミが作られてしまうというものがあります。
そのため、肝斑タイプのシミを改善する場合、生活習慣の改善やより強力な紫外線対策でシミの発生を防ぐか、トラネキサム酸などメラニンが作られるのを防止する薬の服用などで、肝斑の再発を防止する対策が重要になります。

イボコロリはケミカルピーリングの代用

以上のように、イボコロリでシミの解消を目指す場合はサリチル酸によるケミカルピーリングの代用として考るものとなります。
ただ、そもそもイボコロリはシミを消すための商品として作られているものではないため、その作用によって使用した部分の肌が荒れてしまう可能性なども、専用に作られた商品などと比べれば高いといえます。
あくまでも代用品として試してみて、肌に合わないようであれば中止するというような考え方で利用してみるといいかもしれません。

今回紹介したアイテム

イボコロリ 6mL

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

スキンケア > 美白・シミくすみ対策

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録