ダイエットしても痩せないのは体の冷えが原因かも!?毎日の〇〇で痩せ体質へ

奥谷千里

夏本番の季節がやってきましたね!
日中はジリジリ太陽の日差しが照りつけて、身体もほてると ついついシャワーで手軽に済ませがち・・・。
だって気温が高いから体温も上昇しているし大丈夫よね?!って思いこんでいる貴女に、ぜひ聞いて欲しいお話があります。

実は、夏こそ体温は下がりがちなんですよ!

「夏に体温がさがるなんて・・・?」とお思いでは?

なぜ夏に体温が下がりがちかというと、どこにいっても冷房はきいているし、その上おしゃれに敏感な美意識が高い女性ほど、肌の露出の多い可愛い洋服を着ることが多いでしょうから、夏とはいえ知らない間に身体は芯から冷え切っているんですよ!

そう、貴女の大切な身体は夏でも冷えと戦っています!

体が冷えると痩せにくくなる

では身体が冷えたら、貴女の体内ではどんなことが起こると思いますか?
健康女性の平均体温 36.5℃から1℃下がると・・・
・基礎代謝が低下するので、消費カロリーが減ってダイエットしても体重が増えやすい
・体内酵素の働きが低下するので栄養の吸収が悪くなる
と言われてるんです。マイナスなことばっかり働きますよね。

基本的に、体温が低い場合は基礎代謝も低いのです。
脂肪が燃えにくく痩せにくい体質だっていうことですね。
だから低体温はダイエットの天敵になってしまうのです。
そして冷えをとって、体が温まると、口から入れた栄養の吸収もよくなり、肌ツヤアップ
にも効果的。
無理な食事制限のダイエットをしなくても、体温アップを意識するだけで、きれいなダイエット成功のサポートにつながるのですね!

「夏でもお風呂」がダイエット成功の鍵

「夏はただでさえ暑くて辛いのに、冷やしてはいけないだなんて…どうすれば?」
そんな夏の悩みをカバーする簡単な方法、お風呂の湯船に浸かることなんです!
一般的に40℃前後のお湯に10~15分浸かるだけで体温は1℃上昇すると言われています。
これを「温熱作用」と言います。

体温が上がるとどんなことが起こるかと言うと・・・・
個人差はありますが、基礎代謝がおおよそ13~15%あがるのです。
(基礎代謝とは、体内の内臓機能を動かすために自然と消費される代謝のことです。)

必ずしもダイエットの失敗の原因が冷えだけにあるとは限らず、食生活などの生活習慣にもかかわってくるのですが、血流や代謝が悪くてはどんなに他を頑張っても、体が勝手に脂肪や老廃物を溜め込んでしまうのです。

お風呂の水圧がむくみのマッサージ効果に

湯船に浸かるプラス作用はまだまだこれだけではありません!
もう一つの効果は「浄水圧作用」と言います。
実は、浴槽に浸かると入ったお湯の重さの圧力が全身にかかってるんです。
みなさん、どのくらいの圧力がかかっているか、想像できますか?

1mの深さで1平方㎝あたり100gの水圧がかかっています。
それは身長170cm・体重60㎏の人が、首まで浸かった場合、全身に約600㎏の水圧がかかっていることになります。
[一般的な浴槽は1mほど深くはないですが、それでもやはり水圧はかなりかかっていることになります。]

水圧がかかることで、体内の静脈血が心臓に押し戻されマッサージ的な効果があります。
そして血管と細胞のあいだは「細胞間液」という水分で満たされていて、これが血流に乗って運ばれてきた栄養分や酸素を各細胞に届ける役目をしてくれています。
そして届けたついでに、老廃物を回収してきて血管に戻しているんです。
しかし、血液の流れが悪くなって血流が落ちると、この老廃物を回収する動きが鈍くなってしまい、身体の各部分で「細胞間液」が滞ってしまうんですね、これがむくみとなります。
だから、湯船に浸かると血流が良くなって、動きが活発になってむくみも取れるっていうことなんですよ!

夏はうっかり体を冷やしてしまいがち。冷えはダイエットの大敵です。夏太りしてしまわないためにも、夏のお風呂習慣を始めてみては。

オリジナルサイトで読む

その他のビューティレシピ

本島彩帆里さんが教える! デスクワークの“太りグセ”解消エクササイズ

5分でシミをなかったことに!2アイテムでシミ消しメイク法

敏感肌&アトピー必見!漢方スクールの薬膳ドリンクレッスンで美肌に

シミとそばかすの違いとは? それぞれの特徴と対処法を解説

シミを自然に隠す!厚塗り感0のファンデーション&コンシーラーテク

ファンケルで糖化測定に挑戦―糖質大好き怠け者が実年齢+20歳に愕然!

みんなのビューティレシピを読む