ダイエットをサポート「タイガーナッツ」の豊富な栄養素と食べ方

流行の兆しを見せるスーパーフードの新星「タイガーナッツ」! 見た目や名前に騙されそうですが、実はナッツではなく野菜の根っこなんです。
酒豪のモデル・道端アンジェリカさんが体型維持のために食事の前に食べているアイテムとして、注目を集め始めました。

タイガーナッツは野菜の一種

ナッツというとアーモンドやマカダミアナッツなどを想像してしまいますが、タイガーナッツは“名前だけ”で、ナッツ(種子)ではありません。見た目がナッツに似ていて、虎のような模様に見えることからタイガーナッツと呼ばれています。
タイガーナッツは「カヤツリグサ」という草の根っこの部分にできる塊で、野菜に分類されます。生姜のようなものをイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。

タイガーナッツを食前に食べると脂肪燃焼&食欲抑制効果に!

美容や健康のため、最初に野菜から食べる「ベジ・ファースト」というのを聞いたことがありますか?
野菜を最初に食べることで、急激な血糖値の上昇を抑えるほか、酵素を取り入れて脂肪燃焼を促したり、満腹中枢を刺激して食べ過ぎを抑制したりという効果を得られる食べ方のことを指します。
道端アンジェリカさんはタイガーナッツを食前に食べることで、ベジ・ファーストの習慣を取り入れることができているのですね♪

豊富な栄養でダイエットと同時にエイジングケア!

また、タイガーナッツはスーパーフードと呼ばれるに相応しく、栄養豊富! 特に豊富な食物繊維やビタミンEを始め、下記のような栄養素が含まれています。

〈ビタミンE〉

含有量が多いと言われるアーモンドの約2.5倍含まれています。
ビタミンEは活性酸素を除去。このことから“若返りビタミン”とも言われていて、エイジングケアには欠かせない成分であると同時に、生活習慣病予防も期待できます。

〈食物繊維〉

含有量はなんとゴボウの約14倍
不溶性食物繊維は腸内で水分を吸収して膨らみ、腸内を刺激して便秘解消を促す効果が期待できます。また血糖値の上昇を抑制する働きもあり、脂肪の蓄積を防ぐとされているんです。

〈オレイン酸〉

タイガーナッツに含まれる脂質の70%ほどがオレイン酸
オレイン酸は、悪玉コレステロールの抑制や、血中コレステロール値を下げる働きがあるほか、皮膚を柔らかくする効果も期待できるため、美肌にもつながります。

〈ミネラル〉

ミネラルの中でも、特に多く含まれているカリウム。その含有量はタイガーナッツ100gあたり710mgで、アボカドに匹敵!
カリウムは体内の余計なナトリウムを排出。細胞の正常化や血圧の調整に働きかけるほか、鉄分やリンなど、多くのミネラルが含まれています。

他にも人体を構成する上で欠かせないタンパク質や、新陳代謝をサポートするビタミンB6などを含有。タイガーナッツの小さい粒には、豊富な栄養素が凝縮されているんです!

タイガーナッツは食前の“ちょい食べ”がベスト!

タイガーナッツを食べるタイミングは、道端アンジェリカさんのように食前がベスト。十分な効果を得るための摂取目安量は、8~10粒ほど。たったこれだけを摂取するだけで、豊富に含まれる食物繊維が血糖値の上昇を抑え、満腹感を与えてくれる効果を取り入れる事が可能です!
タイガーナッツのカロリーは100gあたり約498kcal前後で、1粒が約0.5gなので10粒食べても約25kcalにしかなりません。さらに、タイガーナッツに含まれる糖質は体内に吸収されにくいと言われる「難消化性デンプン(レジスタントスターチ)」というもので、小腸を通過し、大腸まで届きやすい性質があるため、通常のデンプンと比べて半分ほどしか体内に吸収されないんです。

ほんのり甘くて“湿気たキャラメルポップコーン”に似てる!

気になる味ですが「甘さ控えめの湿気たキャラメルポップコーン」に似ている印象です!
ほんのりとした甘さとわずかな酸味が広がった後に“食物繊維”という感じが口に残り、激しく水分を欲してガブガブ飲んじゃいます。(笑)
ちなみに、タイガーナッツの食物繊維は不溶性なので、水分の補給はとても大切。水分が不足すると便秘を誘発してしまうので、意識して水分を摂取しましょう。
数粒食べて、お水をガブガブ飲んだら空腹感も抑えることができますよ。

個人差はあると思いますが、癖になる感じでおいしかったです。スーパーフードにありがちな「食べ続けるのは辛い……」という感覚はありませんでした。

食べ方はそのままパクッとおやつ感覚で!

タイガーナッツの食べ方ですが、基本的にそのままパクッとおやつ感覚で大丈夫です。テレビでは、道端アンジェリカさんが移動中のタクシーでサッと食べているシーンが放送されていました。
タイガーナッツは「皮付き」「皮なし」がありますが、どちらもそのまま食べることが可能です。皮付きのタイガーナッツの方が少し硬めで渋みが若干強いというくらいで、味に大きな違いはありません。食べやすさで言えば皮なしタイプでしょう。
粉末タイプもありますが、気軽に食べるという面では、そのままが一番簡単です。特に手を加える必要はありません。

食べ方のアレンジ法もいっぱい!

「ちょっと食べにくい」「食べ飽きた」と感じるようであれば、アレンジ法もあります!
粉末を料理に使うのもアリですね♪

★トッピングに使用

一番簡単なアレンジ法です。シリアルのように使用しましょう。
ヨーグルトに混ぜたり、サラダにトッピングしたりします。

★ハチミツに漬け込む

「ハニーナッツ」のようにハチミツで漬けこんでおくと便利です。お好みのナッツと一緒に漬けましょう!
アイスクリームやトーストなどにトッピングすると違った味わいが楽しめます。

★タイガーナッツのミルク「オルチャータ」

スペインの伝統的飲料「オルチャータ」を作ることも可能です! オルチャータとは豆乳やアーモンドミルクのような飲み物で、ほのかな甘みがあります。
作り方は一晩水に浸して柔らかくしたタイガーナッツと水をミキサーにかけて、濾すだけでオルチャータの完成です。

搾りかすは料理やお菓子作りに利用可能!
クッキーやパン生地に練り込んだり、ホットケーキにしたりすると無駄なく使用できますよ。豊富な食物繊維を無駄にせず使用しましょう!

販売店舗は増加傾向!

以前はネットでの販売が中心でしたが、最近は成城石井やKALDIなど輸入食材取扱店でも見かけるようになりました!
価格は100g500~1,000円前後とまちまち。タイガーナッツは一度にたくさん食べないので、100gでも2週間くらいはもちます。

食前の“ちょい食べ”で、太りにくい身体を作っていきたいですね。
そのままパクッと食べられるので、是非とも生活習慣に取り入れてみてください♡

参考アイテム紹介

タイガーナッツ 皮無し/LOHAStyle(ロハスタイル)

  • 内容量/100g
  • 参考価格/¥1,080(税込)
Amazonで購入

コメント

コメントを書く

お気に入り

7 7

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

体型・フェイスライン > ダイエット・痩せる

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録