罪悪感のないチョコ菓子「ブリスボール」手作りレシピ

オーストラリアでは日常にあるお菓子「ブリスボール」
ブリスボールは、基本、砂糖を使わないグルテンフリーの罪悪感のないお菓子!
砂糖も使わないで??と思うかもしれませんが、ブリスボールは、ドライフルーツやナッツ、ココナッツなどを使うので、砂糖は入れなくても甘いのです。

市販のスイーツに比べたら、いいことづくしのブリスボール。今回はちょっと特別なレシピをご用意。

V.Dに是非作ってもらいたい!なので...
仕上げにチョコレートをコーティング。もちろん、チョコレートは「カカオ70%」の大人なチョコをセレクト。

今回の手作りブリスボールは、アーモンド・くるみ・カシューナッツ・レーズン・プルーン・ドライマンゴー・クコの実などなど盛りだくさん。

無い場合は、すり鉢で頑張って潰してもOKです。
次の日筋肉痛になるのを覚悟で潰しましょう。^^

ブリスボール チョコのレシピ

【材料】(約20個分)

  • ☆アーモンド・・・・・・・・・・・・・・1/2カップ
  • ☆カシューナッツ・・・・・・・・・・・・1/2カップ
  • ☆ドライフルーツ プルーン ・・・・・・・50g
  • ☆ドライフルーツ マンゴー ・・・・・・・50g
  • ☆ドライフルーツ
    レーズン(今回はグリーンレーズン使用) ・・50g
  • ☆クコの実・・・・・・・・・・・・・・・10g
  • ☆ココナッツオイル・・・・・・・・・・・小さじ2
  • チョコレート・・・・・・・・・・・・・・適量
  • ココナッツロング・・・・・・・・・・・・適量
  •  
  • アーモンドスライス・・・・・・・・・・・適量
  • ココアパウダー・・・・・・・・・・・・・適量
  • 粉砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・適量

作り方

① クコの実を鍋に入れ、かぶるくらいのお湯で5分程度弱火で煮る

② フードプロセッサーに、☆の食材を入れてよく混ぜる

粉っぽく、硬い場合は、クコの実を戻したお湯を大さじ1弱加える

③ 出来上がった生地を丸くこねて、トッピングをまぶす

④ チョコレートを湯せんにかける

⑤ ③のブリスボールにチョコレートをきれいにかける

完成!

自然が生んだサプリメント

アーモンドに豊富に含まれるビタミンB類は、「肌のためのビタミン」といわれるほど美容に欠かせないビタミンです。血行の促進や、神経の働きの安定、粘膜の炎症を抑えるなどの働きがあり、肌の再生や育毛、肌荒れに効力を発揮します。

カシューナッツは、亜鉛・マグネシウム・鉄・ビタミンなど含んでおり、亜鉛には育毛作用があり、またマグネシウムは骨粗しょう症を防ぐ効果、鉄には女性がなりがちな貧血を予防してくれます。

ドライフルーツは、美活女子ならご存知だと思いますが、「自然が生んだサプリメント」といわれています。種類に限らず、このような特徴があります。

♡栄養素を効率よく摂取できる。
♡噛みごたえがあるのでダイエットにお役立ち
♡疲れた時のエネルギーチャージ

今回使用した、マンゴーはドライした時に失われがちなビタミンCも豊富。つやつやの白いお肌になりたい方には是非

レーズン・プルーンは抗酸化作用があり老化予防はもちろん、さらにお通じも助けてくれます。

そして、漢方でも有名なクコの実。
血管や皮膚、粘膜を強くする免疫力効果・抗酸化力に必要とされるビタミンCがオレンジの約500倍! という驚きのスーパーフルーツなのです。大きいスーパーで購入できますので、私は常備したい食材ベスト10のうちの1つです。

コメント

コメントを書く

お気に入り

5 5

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

グルメ > 自炊・お弁当

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録