健康の秘訣・亜麻仁油で心もカラダも元気をチャージ!

小沢真珠さんは現在、第二子を妊娠中ですが、変わらずスリムな体型をキープしています。
「美は食生活から生まれる」と考え、食へのこだわりが人一倍強いそう。
その食生活で欠かさず食べているのは亜麻仁油!

「おいしいから、付けて食べたいから、朝食はパンになった」
というくらいのお気に入り食材です。

分量にすると大さじ1は必ず食べているとか。
「心もカラダも元気になった」秘密を調べてみると、体内で作ることができない成分が豊富に含まれているとわかりました。

亜麻仁油って他のオイルと何が違うのでしょうか?
何に特化しているのか、どういうものか、オイルソムリエのYUKIEさんに聞いてみました。

亜麻仁油は体内で合成できない「オメガ3」を豊富に含む

一番の特徴はα-リノレン酸、EPA、DHAなどの総称「オメガ3」という必須脂肪酸が多く含まれています。人間が体内で合成することができないため、食事から摂取するしかありません。代表的な食材は青魚、クルミ、大豆、えごま油、そして亜麻仁油が挙げられます。
特にこの亜麻仁油は優秀! 中でも「α-リノレン酸」が約 60%を占めています。しかも1日に必要な量は小さじ1ほど。

α-リノレン酸は体内で変身!

α-リノレン酸は必要に応じ体の中でEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)に作り変えられ、血中の善玉コレステロールを増やす働きがあると考えられています。
EPA、DHAにはそれぞれ以下の効果があることがわかっています。

  • ・EPA………血液や血管の健康維持に必要
  • ・DHA………脳の構成成分として成長期の脳や神経の発達に重要

つまりコレステロール値や中性脂肪を下げたり、体脂肪を燃えやすくしたり、血液をサラサラにしたり、健康を保つ要素がたくさん!
そのことによる主な効果は次の通りです。

  • ・高血圧や動脈硬化などの生活習慣病予防や改善
  • ・ダイエット
  • ・記憶力や学習能力が上がる
  • ・肩こりや冷え性の改善
  • ・血栓予防の効果

また過剰となったリノール酸を排出する働きもあります。
リノール酸自体も必須脂肪酸なのですが、多くの人は摂り過ぎ傾向。体内でアラキドン酸というアレルギーを誘発する物質に変わってしまうので、減らす必要があるんです。
α-リノレン酸はリノール酸と対立するような関係があることからリノール酸の排出を促し、アレルギー体質の改善につながってきます。

α-リノレン酸以外にも豊富な成分

亜麻仁油はα-リノレン酸以外にも、カラダにうれしい成分が豊富に含まれています!

アマニリグナン

  • ・強力な抗酸化作用があり、活性酸素を除去
  • ・女性ホルモンを整えてくれる

オレイン酸

・循環器系疾患のリスクを減らす可能性が秘められている

アスリートも注目!

人体は60兆個以上の細胞で構成されています。その細胞を包む“細胞膜”の原料というのがオメガ3のようなオイル。特に血液をサラサラにするEPAは酸素を全身に巡らせることで、持久力アップが見込めます。

さらに、炎症反応を抑える働きがあるオメガ3を運動後に摂取することで、筋線維の微細損傷と炎症によって起こる筋肉痛の軽減や疲労回復を促進させる効果も期待できるんです。
アスリートだけではなく、バテ気味な人も積極的に摂取すると良いでしょう。

亜麻仁油の扱いは繊細に

これほどのパワーを秘めた亜麻仁油ですが、取り扱いや摂取方法に注意をしましょう。 酸化しやすい性質を持っているため、直射日光を避け、開封後は冷暗所で保存することが大切です。せっかくの成分が劣化してしまいます。

そして最も気を付けなければならないのが、温度です!
加熱によって変質し、栄養成分が失われてしまいます。

小沢さんオススメ「亜麻仁油に合うパン」はコレ!

ドレッシングにしたり、納豆や豆腐に加えても合う亜麻仁油ですが、毎日亜麻仁油を摂取している小沢さんが一番合うとオススメするのがパン!
中でも亜麻仁油と相性が良いパンを3種類教えてくれました!

  • 1位 ごま
  • 2位 胚芽
  • 3位 野菜が練り込まれているもの

小沢さんは、より亜麻仁油と合うパンを探し続けているんだとか。
皆さんも亜麻仁油と合うパンを見つけた際には美活メモを活用してぜひ教えてくださいね!

コメント

コメントを書く

お気に入り

1 1

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

美グルメ > レシピ

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録