パクチニストも要注意!美肌成分の裏に潜む「ソラレン」

肌を気にする方は意識してビタミン豊富なグレープフルーツやオレンジなどを積極的に摂取していると思いますが、ある成分の影響で時間帯によっては逆効果になってしまうことがあるとご存知ですか?

その原因は光感受性を高める「ソラレン」にあります。紫外線を吸収する性質があるので、シミの原因になってしまうんです。
厄介なことに美肌の味方であるビタミンCが豊富な食材に含まれることが多いのだとか。ソラレンを含む夕方以降に食べた方がいい食材、日中でも摂取できる食材、ポイントをまとめました。

美肌成分の裏に潜む「ソラレン」

美白を築く上で欠かせない成分の筆頭「ビタミンC」は抗酸化作用が強く、活性酸素から肌を守ってくれます。他にもメラニン色素の分解・抑制、他成分と相乗してコラーゲン生成の促進、抗炎症作用など、美肌作りには欠かせない効果がたくさん。

しかしそのような食材には、光感受性を高める働きがある「ソラレン」という成分を含んでいることがあるんです!ソラレンを摂取し、紫外線を浴びると、シミの原因になってしまうなんて……本末転倒じゃないですか!

紫外線を吸収しシミの原因に……

ソラレンは体内に入って2時間ほどで吸収され、その後は約8時間で消失します。朝にソラレンを含む食材をたっぷり摂取すると、日中の紫外線を全部受け止めてしまうんです。なんて恐ろしい……!

皮膚病である白斑、乾癬、アトピー性皮膚炎などの治療は、免疫を弱める作用がある紫外線を皮疹に直接照射します。
その治療に、強い紫外線の吸収性があるソラレンが使用されているほど。
医学的にその効果が認められているんです。

でも大丈夫。そういった食材は日が落ちる夕方以降に摂取すればいいだけ! ソラレンが入っていても、ビタミンCを多く含む食材が美肌に効果的だということに変わりはありません。

美肌の味方・柑橘類は夕方以降に食べて!

朝に食べることも多いフルーツの中でも柑橘類にソラレンは多く含まれているんです!!
日中に摂取するフルーツはしっかり選ばないと紫外線を吸収して、シミの原因になってしまいます。まるごと搾っているジュースにも気を付けてください。

〈ソラレンを多く含むフルーツ〉

  • ・グレープフルーツ
  • ・みかん
  • ・レモン
  • ・ライム
  • ・キウイ

野菜にもソラレンが!“パクチニスト”は要注意!

柑橘類だけじゃありません。野菜にもソラレンを含むモノは多いのです。
パクチー大好き“パクチニスト”も要注意!
栄養価も高くてデトックス、アンチエイジング効果があるけど、ソラレンも含まれているんです。

〈ソラレンを多く含む野菜〉

  • ・パクチー
  • ・セロリ
  • ・パセリ
  • ・三つ葉
  • ・大葉(シソ)
  • ・キュウリ

山盛りパクチーの食事が取り沙汰されていますが、美肌を作るには夕方以降に食べることが無難でしょう。私も大好きですが、夜まで我慢しています……。

日中でも安心して摂取できる食材って?

ソラレンとビタミンCは切っても切れない関係ですが、ソラレンが少なく、ビタミンCが豊富な食材はあります。水溶性で体内に蓄えることができないビタミンCはこまめに摂取するのが効果的なので、朝も昼も取り入れたいですよね。美肌に繋がる成分を多く含むモノを口にしましょう。

以下の食材はどれもビタミンCを含んでいて、ソラレンはごくわずかです。特にイチゴのビタミンCはレモン以上の含有率!100グラムでレモンだと約45ミリグラムに対し、イチゴは約80ミリグラム!たった5~7個ほどの摂取で1日に必要な量を補えます。

〈日中食べてもOK!美肌食材〉

  • ・イチゴ(アントシアニン、食物繊維)
  • ・バナナ(ビタミンB1・B2、ミネラル)
  • ・スイカ(リコピン、カリウム、シトルリン)
  • ・リンゴ(ポリフェノール、ペクチン)
  • ・トマト(リコピン)
  • ・キャベツ(ビタミンC、カリウム、葉酸)

他の栄養成分も上手に取り入れて美肌に近づけたいですね!

サプリも使って上手に補おう

なかなかソラレンを意識できないという方は、サプリでビタミンCを摂取するという手もあります。ただし食品から摂取しているほどの効果は得られないので、あくまで”補う”感覚で使ってください。
ビタミンC含有の化粧品は、成分に注目!ごくまれに柑橘類の果皮に含まれる「リモネン」が入っていることがあります。こちらもソラレン同様の光毒性があるので、しっかり確認しましょう。

シミ知らずの美肌でいられるよう、ソラレンの性質を知って、賢くビタミンCを摂取する生活を心がけたいですね♪

コメント

コメントを書く

お気に入り

1 1

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

グルメ > 美容食・栄養

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録