加藤紀子の健康美は、手作りの野菜から

ナチュラルビューティが魅力の加藤紀子さん。10年、20年後も美しくいるために将来を見据えたケアを心がけています。きっかけは、16年前の27歳の時のフランス留学。”見た目ではなく、自身のライフスタイルに自信を持てるような生き方”をしている現地の人たちに影響を受け、ノーストレスの自然体で生活するようになったそう。

40代になってからは野菜が中心の食生活を始めました。現在は都内で畑を借りて自分の手で野菜を育てています。野菜を栽培し始めてからは、食べる量が増え、捨てていた皮なども食べるようになりました。
「比較的健康体ではあったんですが、野菜中心の生活にしてからは全然風邪をひかなくりましたね」とのこと。どうやら加藤さんの美と健康の秘密は野菜生活にあるようです。

美と健康に野菜は欠かせません

「野菜には、ビタミンやミネラル、食物繊維といった栄養素がたっぷり含まれています。美容効果としては主に3つ挙げられ、美肌・アンチエイジング・ダイエットが期待できます」

美肌になると体内もキレイに?

栄養素が肌に届くのは体の中で一番最後。体内を回った後に届くのです。そのため肌がキレイだということは体内もキレイだという証拠!たくさん野菜を食べると肌にも栄養が行きわたるというわけです。

また、食物繊維が豊富に含まれているため、便秘の解消に繋がりダイエット効果が期待できます。

野菜はビタミンの宝庫

ビタミンA

視覚作用に効果的で、皮膚や粘膜のターンオーバーを早める働きをすることから美肌や免疫強化に繋がります。緑黄色野菜などに多く含まれます。

ビタミンC

コラーゲンの生成や抗酸化作用の効果で、美肌や風邪予防に良いとされています。柑橘類や緑黄色野菜など、多くの野菜に含まれています。

ビタミンE

抗酸化作用とアンチエイジング効果で体の老化を防ぐ効果があります。モロヘイヤやかぼちゃ、赤ピーマンに多く含まれています。

採れたて新鮮野菜で美への近道を

「採れたての新鮮な野菜は、栄養価が高いので特におすすめです!」
というのも、野菜も生きているため、時間が経つにつて、野菜自身が成長や生きるためのエネルギーに換えてしまって、栄養素を使ってしまうんです。

ですから、時間が経つにつれて栄養素がなくなってしまうので、新鮮な野菜を食す事がおすすめです。

野菜の栄養を効果的に取るコツは旬の野菜を食べること。たったそれだけだったんですね。皆さんも新鮮な野菜を使った野菜生活を始めてみませんか。新鮮野菜のおいしい料理を知っている方は、ぜひビューティレシピをみんなにも教えてくださいね。

コメント

コメントを書く

お気に入り

2 2

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

グルメ > 美容食・栄養

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録