脱毛の跡に「黒ずみ」が出来る事があるって知ってた? 黒ずみの原因と解消法を紹介

公開 

なぎ

0 0

「毎日のムダ毛処理が面倒」「毛の処理をすると肌があれる」
そんな悩みをスッキリ解決してくれる方法が「永久脱毛」なのですが、脱毛をした後、ちゃんとしたケアをしないと脱毛部位になんだか嫌な「黒ずみ」が出来ちゃう場合があるって知ってました?
せっかくムダ毛が無くなってキレイなツルスベ肌になっても、肌が黒ずんでいたらその喜びも微妙な気持ちになってしまいますよね。
今回は、そんな脱毛後に肌が黒ずんでしまう原因と、その予防&解消法をご紹介します!

そもそも肌の黒ずみはなぜ出来る?

脱毛後の黒ずみを考える前に、そもそも肌の黒ずみって一体何なのでしょうか?
シミのようにクッキリとしているわけでもなく、肌がくすんでいるというよりはもっとはっきりしている黒ずみは一見すると何となく「アザ」のようにも見える場合があります。
それぞれの違いも含めて、黒ずみが出来る原因を説明します。

肌の黒ずみはメラニンの過剰生成が最大の原因

人の肌がシミによって黒くなるのも、日焼けによって茶色くなるのも、そもそも私達日本人の肌が真っ白でないのも、全ては「メラニン」という色素によって色がついているから。
メラニンは肌内部の「メラノサイト」という部分で作られる成分で、肌に色を付ける事で、細胞を破壊してしまう力を持った紫外線が、肌の奥まで到達しないようにバリア機能として働いているもの。メラニンが無ければ、人の細胞は紫外線によってどんどんダメージを受けてしまう事となり、例えばアルビノと呼ばれるメラニンを作る事が出来ない人は、日光を浴びると肌がすぐにダメージを受けてしまうため、外出が制限されたり日常での紫外線対策が必須となったりします。

そんな肌の防御に対して重要なメラニン。通常、私達の肌では毎日一定量が作られ続けているため、肌が完全に真っ白になるという事はありません。
毎日メラニンが作られているならどんどん肌が黒くなる? と疑問に思う方もいるかもしれませんが、作られたメラニンは肌のターンオーバーと一緒に、一定周期で垢となって排出されていくため、肌の色はある程度の状態で落ち着いているのです。

しかし、このメラニンが作られる量は常に一定というわけではありません。
例えば強い紫外線を浴びたり、肌が摩擦などによってダメージを受けたりすると、その刺激から肌を守るために通常よりも多くのメラニンが作られる事になります。
このように沢山メラニンが作られる事で、人は日焼けによる肌の色の変化などが引き起こされるのです。

肌の黒ずみもこのメラニンが大量に作られる事が原因で、一度に沢山のメラニンが作られ、それがターンオーバーによって排出されるまでの間、肌が黒ずんで見えるという事が原因です。
言い換えてみれば、肌の黒ずみは局所的に肌が日焼けしているような状態で、日焼けと同じように時間経過すれば基本的には解消されていきます。

黒ずみと「シミ」の違い

シミもメラニンによるものですが、シミの中でも代表的な「老人性色素斑」と呼ばれる、おでこや手の甲などにポツンとできるものは、メラニンが沢山作られただけではなく、そのメラニンが肌に定着してしまう事で発生します。
前述の通り、メラニンは通常であればターンオーバーと共に自然と排出されていきますが、これはメラニンが健康な「表皮層」にある場合の話。肌のターンオーバーは実は非常に薄く、0.1㎜程しかない「表皮層」という部分で行われているもので、表皮層よりも深い「真皮層」ではターンオーバーが起こりません。
そのため、メラニンがこの肌のターンオーバーが発生している表皮層ではなく真皮層に蓄積されてしまった場合は、中々排出される事が無く、消えないシミとして定着してしまうのです。

なぜメラニンが真皮層に入ってしまうかについては、これも紫外線が大きなカギを握っています。
通常、表皮層と真皮層の間には「基底膜」という膜があって、表皮層で作られたメラニンが真皮層に入っていく事はありません。
しかし、強い紫外線を浴びるとこの基底膜に穴が開いてしまう事があり、この穴からメラニンが真皮層に移動してしまうと、ケアしても中々消えないシミとして残ってしまうのです。
単純にメラニンの過剰生成で肌が黒ずんでしまう状態であれば、ターンオーバーによって自然と解消されていきますが、真皮層にメラニンが定着してしまいシミになった状態は、レーザーなどの治療を受けないと解消が難しくなります。

黒ずみと「くすみ」の違い

肌がくすむという状態もメラニンが原因によるものですが、肌のくすみは主に「角質肥厚」といって、表皮層が「厚く」なる事によるもの。
肌の角質には多少なりともメラニンが含まれているため、その層が厚くなっていけばだんだんと色が濃くなり、透明感がなくなっていきますよね。
角質肥厚は加齢や乾燥などによって、肌のターンオーバーが遅くなっていく事が原因です。

ただ、肌のくすみと呼ばれる中にも「茶ぐすみ」などはメラニンが大量に作られる事が原因であったりするので、くすみの種類によっては肌の黒ずみや日焼けと同じものを示している場合もあります。

黒ずみと「アザ」の違い

体をどこかにぶつけたりして出来る「アザ」。
アザの多くは、メラニンではなく内出血によって色がつくものです。
体をぶつけると皮膚の下にある毛細血管が傷つき、そこから出血した血液によって肌が青黒く見えるようになるもので、血管や周辺組織が回復していくと徐々に消えていきます。
ただし、場合によっては周辺組織に色素沈着を引き起こして長期間色がついたままの状態になってしまう事があり、着色部位が深ければレーザーなどによって解消していく必要があります。

脱毛の後は黒ずみが出来やすい

以上のようにメラニンの大量生成によって出来る黒ずみですが、脱毛の後というのは、実は黒ずみが出来やすい条件が揃っているタイミングなのです。

光の刺激によってメラニンが作られる

まず、脱毛はクリニックでの医療レーザー脱毛でもエステサロンの光脱毛でも、肌に強い光を照射して行う方法。
毛が生えて来なくなるくらいに強い刺激の光なので、当然肌はその刺激に反応してバリア機能を引き上げようと、メラニンを大量に作り出そうとします。

細胞のダメージによってメラニンが作られる

脱毛の施術が終わった後は、肌の細胞、特に毛根周辺の細胞が軽いヤケドのようなダメージを負った状態になります。
細胞がダメージを受けて炎症状態になっていると、その部分の肌を守ろうとして、メラニンの生成が増加します。これは肌の状態が回復するまで続きます。

乾燥によって肌が刺激に敏感になる

脱毛の後は毛根周辺の細胞が軽いヤケドをおったような状態になり、同時に水分の保有能力が低下します。これによって、肌はいつもより乾燥しやすい状態となります。
肌は十分な潤いを保つ事で、細菌など外部の刺激から身を守っているため、乾燥した肌の状態では刺激を受けやすくなります。
当然、この刺激から身を守るためにメラニンが沢山作られるようになり、黒ずみが引き起こされやすくなります。

黒ずみを予防するためにはとにかく刺激を抑える

黒ずみは外部からの様々な刺激によって引き起こされるもの。だから、予防するためにはとにかく刺激を抑える事が大切です。
とはいっても脱毛時の光による刺激は抑える事が出来ないので、それ以外の刺激をなるべく減らすようにしましょう。
ポイントとしては「紫外線防御」「乾燥を防ぐ」「摩擦を避ける」の3つです。

紫外線防御

メラニンが作られるのを防ぐだけではなく、メラニンが定着してシミにならないようにするためにも、紫外線の防御は重要です。
脱毛後は特に紫外線による刺激にも敏感になっているため、脱毛箇所を衣服などで覆う事や、肌への刺激になりにくい日焼け止めクリームをしっかり使うようにしましょう。
紫外線が強い時期に脱毛をするとどうしても黒ずみができやすくなるため、脱毛は秋から冬の時期に始めるようにすると、肌のケアとしては最適なタイミングになります。

乾燥を防ぐ

乾燥した肌は、外部からの刺激にとても敏感になります。
脱毛後はいつも以上にしっかりと保湿ケアを行い、肌の潤いが無くならないようにしましょう。一度に沢山の保湿ケアを行うだけではなく、こまめに肌に潤いを追加するようにケアをするとより効果的です。

また、肌の保湿は脱毛の前にも重要。乾燥した肌に光を照射すると肌のダメージが強くなりやすく、光による黒ずみも発生しやすくなるため、しっかりと潤った健康的な肌の状態で脱毛を受けるようにしましょう。

摩擦を避ける

日常生活の中で肌に刺激を与えやすい行為が「摩擦」です。
そんなに肌を擦っているイメージは無いと思いますが、脱毛の後で敏感になっている肌にとっては、体を洗う際の弱い摩擦でも刺激として感じやすく、メラニンの生成を促す行動となります。
まして、ナイロンタオルなどで肌を強くこするような洗い方をしている場合は肌への強い摩擦刺激となってしまい、肌が黒くなる大きな原因に。
体を洗う時はたっぷりの泡で、肌を擦らないように洗うようにするなど、普段の生活の中で摩擦刺激を避けるようにしましょう。

黒ずみを早く解消するためには?

どれだけ予防に気を付けていても、黒ずみが出来てしまう時はあります。
そんな時になるべく早く黒ずみを解消するためには、肌のターンオーバーを促進してメラニンの排出を早める事と、メラニン色素を薄くしていく事がポイントとなります。
体の中からのケアと外からのケアを含め、早く解消するための方法を紹介します。

シミや黒ずみに有効な栄養素を摂取する

体の中から、メラニンの生成を抑え、またメラニンを還元して色を薄くしていく成分の代表が「L-システイン」です。
ハイチオールCなどシミに対する商品の主成分でもあり、メラニンが作られるのを防ぎ、色を薄くするという作用があるため、黒ずみの予防や解消に効果を発揮します。

その他、メラニンの対策にはビタミンCやリコピンなど高い抗酸化作用を持った栄養素が効果を発揮するため、こうした栄養素を積極的に摂る事も大切です。

ハイドロキノンを利用する

メラニン対策の特効薬ともいえる外用軟膏成分がハイドロキノンです。
ハイドロキノンは、肌の漂白剤とも言われるような作用があり、肌に塗る事でメラニンの生成を抑え、メラニンを分解していくという効果を発揮します。
ただし、肌への刺激にもなるため、一定の濃度以上は医療機関での処方が必要となります。
「肝斑」など、使い方を間違えると肌への刺激によって悪化してしまうシミなどもあるため、利用については一度医師に相談してみた方が良いでしょう。

黒ずみ解消の専用クリームを利用する

市販の商品にも、黒ずみの解消を目的としたものは数多く販売されています。
その多くはたっぷりと保湿成分を配合して肌のバリア機能を高め、同時にビタミンC誘導体などの働きによってメラニンの還元を行っていく事を目的としたものです。
ここでは、コスメ比較サイトなどで評価の高いクリームを3つご紹介します。

アットベリー

黒ずみだけでなく、保湿やニオイ対策にも効果的なオールインワンタイプのクリームです。コラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタ、セラミドなど美肌成分を豊富に含んでおり、60パーセント以上の人が3ヶ月以内に黒ずみが減少したという効果を実感しています。コストパフォーマンスが高いため、初心者にもおすすめのクリームです。

ピューレパール

とくに脇の黒ずみに効果的とされ定番化しているピューレパールは、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸をそれぞれ3種類ずつ配合しており、保湿力が圧倒的に高いクリームです。脇に限らず、VIOゾーンや肘、胸など広範囲にも対応している使い勝手が良いクリームです。

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K、ビタミンC誘導体、米ぬかエキスが配合された黒ずみ専用クリームの定番です。自己処理によって出来た黒ずみの解消にも効果的で、保湿にも役立ちます。脱毛後の黒ずみケアにひとつは持っておきたいクリームです。

まとめ

脱毛の後は黒ずみが発生しやすいタイミングですが、しっかりとケアをすれば黒ずみはちゃんと予防&解消していく事ができます。
永久脱毛でムダ毛のないツルスベ肌を目指すなら、その間しっかりと黒ずみもケアして、白く透明感のある美しい肌を手に入れちゃいましょう!

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

ライター紹介

なぎ

 

なぎさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

【人気コスメ検証】ナチュリエ ハトムギ化粧水の効果と向いている人

【人気コスメ検証】ナチュリエ ハトムギ化粧水の効果と向いている人

ドラッグストアにて低価格で手に入れる事ができて、コスメの口コミサイトなどでも常に高得点の人気商品として紹介される「ナチュリエ ハトムギ化粧水 スキンコンディショナー」。 一体どうしてこんなに人気なのか、その効果とどんな人におすすめかをご紹介します。 [»続きを読む]

自眉毛を太く濃くしたい! おすすめの方法&アイテム

自眉毛を太く濃くしたい! おすすめの方法&アイテム

ちょっと前は細い眉がトレンドでしたが、今やしっかりと太い眉の方がトレンド。 もともと生えている眉を薄くする事は簡単ですが、濃くする事はなかなか難しいので、メイクで太くするも「ベースが無いとちょっと不自然……」な状態になったりしますよね。 今回は、眉毛を元から太くするためのアイ [»続きを読む]

巻き爪がコロナで増加?!その原因と対策法は?

巻き爪がコロナで増加?!その原因と対策法は?

最近、足の爪が食い込んで痛い…そう、巻き爪に悩んでいる方多いのではないでしょうか? 実はこのコロナ禍で巻き爪の人が増えているそうなんです。 その原因と、巻き爪の解消法をご紹介します。 [»続きを読む]

10月1日は「ピンクリボンデー」。今更聞けない乳がん検診Q&A

10月1日は「ピンクリボンデー」。今更聞けない乳がん検診Q&A

突然ですが、皆さんは乳がん検診を定期的に受けていますか? 乳がんの予防や治療を目的としたピンクリボン運動について知っている方は多いと思いますが、毎年10月は1日のピンクリボンデーから始まり、ピンクリボン月間としてピンクリボンの様々なイベントや活動が行われています。 今回は、今 [»続きを読む]

1日3食? それとも1食? ダイエットに最適な食事回数は?

1日3食? それとも1食? ダイエットに最適な食事回数は?

ダイエットの基本はやはり食事。そもそも、ダイエットは医学的には食事療法の事で、痩せるというよりも健康的な食事習慣を行う事が一番の目的と言えます。 そんな食事ですが、痩せるためにはしっかり1日3回食べた方が良いとか、逆に1食の方が良いとか、いやいや5回以上に分けるべきとか、色んな [»続きを読む]

美白・シミくすみ対策の新着記事

ニベアに白い粉を混ぜて美白? ビタブリットCの効果や代替アイテムについて

ニベアに白い粉を混ぜて美白? ビタブリットCの効果や代替アイテムについて

広告などで「ニベアと白い粉を混ぜて使うだけで美白」なんていうもの、見た事ありませんか? 調べてみるとビタブリットCというビタミンCパウダー系のアイテムのようですが、これは本当に効果があるのかどうか、解説します。 [»続きを読む]

やなぎた

マスク焼けを防ぐには〇〇への強さが重要!人気の『アスリズム』がパワーアップして今年も登場!

マスク焼けを防ぐには〇〇への強さが重要!人気の『アスリズム』がパワーアップして今年も登場!

梅雨の真っ只中で雨の日も多いですが、晴れた日には強い紫外線が気になりますよね。今年は外出時には常にマスクを着けていたりと気にすることも増えていますが、だからといって油断できないのがUV対策。紫外線は老化の原因の約8割とも言われているので、しっかりと意識しておきたいところです。 [»続きを読む]

すっぴん美肌をつくる専門家

須田夏美

【読者プレゼント1名様】24時間美白!すっぴんorメイク どっちも使えるIPSAのスキンケアパウダー

【読者プレゼント1名様】24時間美白!すっぴんorメイク どっちも使えるIPSAのスキンケアパウダー

もともと根っこがすぐにズボラになる筆者。 コロナ以前からリモートワークだったのですが、自粛要請が出た途端、急に気が緩み、すっぴん+部屋着という「今日、お休みですか?」と尋ねられても仕方ない状態に突入してしまいました。 好きなだけ仕事をして、一区切りついたらご飯を食べて [»続きを読む]

鈴木のぞ美

【動画】クリニックの美肌治療の効果はどの程度? フォト&RFを編集長が体験レポート

【動画】クリニックの美肌治療の効果はどの程度? フォト&RFを編集長が体験レポート

美容ケアというと、ちょっと前までは化粧水や美容液といったケアが基本で、より美しい肌を目指すならエステサロンに通うというイメージでしたが、最近ではここに新しい選択肢として「美容皮膚科」での美容医療ケアが入ってきていますよね。 でも、美容医療はなんとなく気になっていても、値段も高め [»続きを読む]

jobikai編集長

しゅん

透明感あふれる肌に! 2020年夏におすすめの美白美容液4選

透明感あふれる肌に! 2020年夏におすすめの美白美容液4選

シミやくすみのない明るい肌を手に入れるには、美白ケアが大切です。紫外線のダメージから肌を守るための日焼け止めはマストですが、美白化粧品も毎日のお手入れに加えたいものです。そこで今回は、この夏おすすめの最新美白美容液をご紹介します。 [»続きを読む]

alice

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録