アトピーや敏感肌の場合におすすめの紫外線対策はワセリン+UVカットパウダー

肌の老化を引き起こす最大の原因といえば紫外線ですよね。ちゃんと紫外線対策をしようと思っても、肌が弱いと日焼け止めを塗るのも躊躇するもの。特にアトピー性皮膚炎やすぐに肌が荒れてしまう敏感肌の場合、肌に日焼け止めを塗る事での負担と紫外線の負担のどちらの方が大きいか考えてしまいます。
そんな肌が弱い方に最適な紫外線対策方法についてご紹介します。

アトピー性皮膚炎や敏感肌でも紫外線対策は必須!

肌に何かを塗ると痒みや肌荒れを引き起こしやすいアトピー性皮膚炎や敏感肌。出来る限り何もつけたくないのが心情ではありますが、何もつけないで紫外線をそのまま浴びてしまうと、紫外線によって健康な肌の細胞がダメージを受けて、肌のバリア機能が余計に低下してしまいます。
肌が弱っている状態だからこそ、紫外線対策はマスト。極力肌への刺激や負担が無い日焼け止めの使い方をする事が、健康な肌のためには重要です。

肌に刺激となりやすい「紫外線吸収剤」と刺激が弱い「紫外線散乱剤」

日焼け止めに含まれる紫外線ダメージから肌を保護する成分には、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」という2種類があります。

紫外線吸収剤は紫外線が当たると化学変化を起こし、紫外線を無効化して熱エネルギーなどに変換するもの。
紫外線散乱剤は紫外線を鏡のように反射して肌に届かないようにするものです。

一般的に、紫外線吸収剤は肌の上で化学変化を起こすため刺激になりやすく、反射するだけの散乱剤の方が刺激が弱いとされています。

肌が強ければ紫外線吸収剤のメリットも大きい

肌に刺激となりやすい事から近年では避けられがちな紫外線吸収剤ですが、紫外線吸収剤は肌の上で膜を張って隙間なく肌を守りやすいという利点と、色が透明に出来るのでしっかり塗っても目立ちにくいという利点があります。
紫外線散乱剤は小さな鏡のようなイメージなので、どうしても若干の隙間があいて紫外線がそこから微量ではありますが入ってきてしまいやすく、それを防ぐためには厚めに塗る必要があります。
しかし、紫外線散財は光を反射する構造のため透明にする事ができず、厚塗りをすると白浮きしやすいという難点があるのです。
そのため、健康的な肌であれば紫外線吸収剤を利用するメリットが十分にあるのですが、今回のように肌が弱い方向けとしては紫外線散乱剤のみの日焼け止めの方がおすすめとなります。

ただ紫外線散乱剤のものを使うのではなく、ワセリンで薄く膜を張った後の利用が良い

以上のように、紫外線散乱剤のものを選ぶ事でアトピー性皮膚炎や敏感肌のように肌が弱い方でも比較的安心して日焼け止めを利用しやすいのですが、それでもまだ肌への刺激を強く感じるという方も多いと思います。
そんな時は、一度肌にワセリンを塗って膜を張った上から、パウダータイプの日焼け止めを利用すると良いでしょう。

ワセリンは角質層に浸透せず、肌の上に膜となる形で肌を保護するもの。肌への負担がかなり低い事から、医療用の保湿剤としてもよく利用されます。
このワセリンで膜を張った上から、紫外線散乱剤を利用したパウダータイプの日焼け止めをはたく事で、肌への負担がほぼ無く日焼けどめ効果を発揮する事が出来ます。

ワセリンではなくベビーオイルなども良いが肌質を選ぶ

ワセリンと同様、肌に浸透せず保湿する安全な保湿剤としてはベビーオイルが知られています。
ベビーオイルも似たような利点はあるのですが、一点問題があるポイントとしては肌内部の脂に溶けやすい保湿成分を吸着して、肌が乾燥しやすくなる可能性もあるという事。
オイルの方が肌に均等に塗りやすいのですが、肌が弱っている時に余計な乾燥を招くケアは厳禁となりますので、ベビーオイルを使ってみた後の肌の乾燥などが問題ないかどうかを一度確かめてから継続利用するようにしましょう。

ワセリンと日焼け止めを混ぜて使うのは微妙

ワセリンの上からパウダータイプの日焼けどめではなく、ワセリンと液体タイプの日焼け止めを混ぜて塗るというケア方法もありますが、これも肌が弱っている状態には微妙なところ。
この方法では結局のところ日焼け止めの成分が肌に付く事となりますので、日焼け止めを直接塗る時とあまり変わりません。
日焼け止めが強すぎる場合、ワセリンと混ぜてその効果を調整するというくらいの感覚で利用すると良いでしょう。

アトピー肌や敏感肌は日焼け止めの使い方にも注意

日焼け止めというと手にとったものを肌に塗り付けるように広げていくイメージですが、アトピー肌や敏感肌の状態の場合は摩擦刺激が肌への強い負担となりやすいです。
液体タイプのものを利用する場合には多めにとって肌に擦り付けて伸ばしたりしないようにし、パウダータイプの場合は伸ばすのではなく叩いてつけるようにしましょう。

また、日焼け止めを落とす時も摩擦をせずに落とすようにする事。ただ、肌に成分が残ると負担になってしまうのでクレンジングはしっかりと行いましょう。
クレンジングの際の負担という点でも、ワセリンで膜を張ってからパウダータイプを利用するという形で使うと落としやすく安心です。

しっかりと紫外線のダメージから肌を保護して、肌の力を育てましょう。

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

スキンケア > 美白・シミくすみ対策

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録