日焼け止めは混ぜて使っても良い? 効果はどうなるの?

公開 

うさみ

0 0

日焼けといえば夏。夏と言えば海!
日焼け止めをしっかり塗って海で遊ぼうとしたら、手持ちの日焼け止めが残り少なくて足りなくなってしまった……でも売店は遠い……
なんて、そんな状態になるかどうかは別として、残りが少ない日焼け止めなどを取りあえずほかのものと混ぜて使っちゃえ! なんていう状態になった事はありませんか?
日焼け止めはそもそも混ぜて使っていいものなのか、その場合に効果はどうなるのかなどについて紹介します。

基本的にはあまり混ぜたりしない方が良い

日焼け止めなんてどれも基本同じなんだから混ぜて大丈夫。そう考えている人が多いと思いますが、日焼け止めはあまり混ぜない方が良いというのが結論です。

というのも、日焼け止めはそれぞれ紫外線への防御力と肌への負担の強さが研究されて開発されていて、紫外線を防止する成分の配合などが変わると肌への負担が強くなったり、紫外線への防御力が低下してしまう可能性があるためです。

紫外線防御のための成分は色々なものがある

日焼け止めと一口にいっても、紫外線を防止する効果は「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」という2種類の異なる成分によって発揮されています。

紫外線吸収剤は文字通り紫外線を吸収して無害化するもので、紫外線散乱剤は鏡のように紫外線を跳ね返すというためのもの。
また、紫外線吸収剤の中にも「メトキシケイヒ酸オクチル」や「オクチルトリアゾン」など複数の成分が存在し、散乱剤にも「酸化チタン」や「酸化亜鉛」などの成分が存在しています。
これらの成分は全て単独で効果を発揮しているわけではなく、日焼け止めに配合された他の成分とも影響しあっているため、成分の配合が変われば効果も変わってしまう可能性が高いといえます。

例えば吸収剤と散乱剤の日焼け止めを混ぜると肌への負担が増加

紫外線防止のための成分には色々なものがあるとご紹介しましたが、簡単に特徴を挙げるなら、紫外線吸収剤はUVカット効果が高い分、肌に熱刺激となったり、肌への負担が大きくなったりしやすく、散乱剤は逆にUVカット効果はやや低い反面、肌への刺激は優しいものが多くなっています。
この成分の特徴から、紫外線吸収剤を中心にした日焼け止めは肌を保護する成分が多く配合されている事が多いですし、紫外線散乱剤を中心にした日焼け止めは肌への負担が極力少なくなるような配合のものが多くなっています。

そのため、例えば紫外線吸収剤が主な日焼け止めと、紫外線散乱剤が中心の日焼け止めを混ぜてしまうと、吸収剤による肌のダメージを保護する働きが弱まってしまい肌への負担が増加したり、紫外線を防止する働きが十分に発揮されなくなってしまったりします。

元から両方の種類が入っている商品も数多くありますが、これはそれぞれの成分の働きを計算した上での配合ですので、単純に混ぜた場合とは意味合いが異なるのです。

こうした理由から、基本的には日焼け止めを混ぜて使う事はオススメできません。
もし混ぜる場合は、なるべく近い成分配合の者同士を選ぶようにしましょう。

混ぜて使った場合の効果はどうなるの?

複数の日焼け止めを混ぜて使った場合、理論的にはその効果は混ぜ合わせた日焼け止めの平均値になります。
つまり、SPF10の日焼け止めとSPF50の日焼け止めを同じ量で混ぜれば、SPF30の日焼け止めになるという事です。
混ぜたから両方の効果がプラスされるという事や、効果の高いものが優先されるというようなものではないので注意しましょう。
ただし、混ぜて使うのではなく重ね塗りした場合はその効果が足し算となりますので、理論上はSPF10の日焼け止めの上にSPF50のものを塗ればSPFは合計で60となります。

日焼け止めとBBクリームなどを混ぜても良い?

スキンケア目的のBBクリームなどと日焼け止めの利用についてですが、こちらも基本的には混ぜない方が良いでしょう。
BBクリームなどには肌の保湿などスキンケア効果が高いものが多く、一方で日焼け止めはあくまでも紫外線から肌を守るもの。そもそも期待される効果が異なるものの場合、混ぜても相乗効果を発揮するとはいえません。

基本的に、日焼け止めは紫外線から肌を防御する膜の役割ですので、スキンケア系の商品を塗ったその上から塗るようにした方が、それぞれのアイテムの効果を最大限発揮しやすくなります。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

ライター紹介

うさみ

 

うさみさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

顎の下ニキビはホルモンバランスが影響大 大人の吹き出物ケアと対処法

顎の下ニキビはホルモンバランスが影響大 大人の吹き出物ケアと対処法

大人ニキビの代表的なものとして、顎の下にできるニキビがあります。 何故顎にニキビが出来てしまうのか、その原因と対処法について解説します。 [»続きを読む]

しわの解消に効果的な再生医療ってどんな治療法?

しわの解消に効果的な再生医療ってどんな治療法?

最近よく聞くようになった再生医療ですが、再生医療と聞くと病気やケガの治療というイメージが先に来る方は多いでしょう。しかし、その再生医療を美容分野にも用いて、お肌のしわを解消できることをご存知ですか? 今回は、再生医療による「しわの解消」についてご紹介していきたいと思います。 [»続きを読む]

しわを脂肪注入で消す事は可能? 治療効果やデメリットとは

しわを脂肪注入で消す事は可能? 治療効果やデメリットとは

若い頃はダイエットをしてもなかなか落ちなかった顔の肉ですが、年齢を重ねるとともにあんなにふっくらしていた頬が段々こけてきて、顔のしわが気になってきた、という経験はありませんか? 若い頃の健康的な肌を取り戻す為に、美容医療の脂肪注入に興味を持つ方もいらっしゃると思います。今回は、 [»続きを読む]

気になる目尻のしわを治療する方法とは? 症状別に解説します!

気になる目尻のしわを治療する方法とは? 症状別に解説します!

年齢とともに気になりだす目尻のしわ。セルフケアで消そうとしても、一度できてしまったしわはそう簡単に薄くなるものではありません。悪化する前に、美容医療の力を借りて若々しい目元を取り戻すのも有効な方法です。そこで今回は、目尻のしわを改善する治療法を症状別に解説します。自分に合った治療 [»続きを読む]

肌を美白に導くための洗顔方法のポイント

肌を美白に導くための洗顔方法のポイント

スキンケア習慣のひとつとして美白に効果があるとされる洗顔料を使っているという人は多いのではないでしょうか。実際にドラッグストアやインターネットでは美白化粧品と並んで肌が美白になることを謳った洗顔料が溢れています。美白を手に入れるには正しい洗顔料選びと、洗顔法が重要です。 そ [»続きを読む]

美白・シミくすみ対策の新着記事

春本番に向けて美白ケアを!おすすめの時短アイテム2選

春本番に向けて美白ケアを!おすすめの時短アイテム2選

本格的に美白ケアをしなければならない時期に突入。とはいえど、その時の肌状態によっては美白ケア以外のことも行いたい時もあるはず。 そこで今回は時短で美白ケアが完了する、おすすめアイテムをご紹介します! [»続きを読む]

美容家

船山葵

【2020春の新作日焼け止め】ベタつき・ザラつきのないアイテム2選

【2020春の新作日焼け止め】ベタつき・ザラつきのないアイテム2選

昔の日焼け止め=ベタつき・きしむ、というイメージを壊してくれるような、優秀な日焼け止めがここ最近多く見られるような気がします。私が日焼け止めを選ぶ際に大事にしているのは、ベタつき・きしみ感のないもの、そして肌が潤い続けてくれるものです。そのためミルク系ではなく、クリーム系の日焼け [»続きを読む]

美容家

船山葵

【読者プレゼント1名さま】シャネルの美白ライン、果たしてその実力は?

【読者プレゼント1名さま】シャネルの美白ライン、果たしてその実力は?

以前、使ってみたら意外と良かったコスメについて記事を書きました。 読んでくださった方なら、そのなかにシャネルのボディークリームがあったことを覚えていらっしゃるかもしれません。 話が少し逸れるのですが、筆者の母は海外に行く度に免税店でシャネルのコスメを買っているのですね。 [»続きを読む]

鈴木のぞ美

沖縄の格安でシミ取りが出来るおすすめ美容外科6選

沖縄の格安でシミ取りが出来るおすすめ美容外科6選

美容意識が高いと言われている沖縄では、那覇市内を中心にレーザーや光治療などによるシミ取りが多くの美容外科や皮膚科で受けられます。 一方で、たくさんある選択肢の中からどのクリニックを選べば良いのかは頭を悩ませる問題です。今回は格安料金のクリニックや、口コミで高評価を得ているクリニ [»続きを読む]

美容リサーチャー

いしだまえ

福岡の格安でシミ取りが出来るおすすめ美容外科7選

福岡の格安でシミ取りが出来るおすすめ美容外科7選

年齢を重ねるにつれて気になるのがシミという人は多いと思います。近年では、シミは美容外科や皮膚科で簡単に治療できると言われていますが、いざ自分も治療をしようと思うとクリニック選びがなかなか大変です。料金で選べば良いのか?口コミを信じて良いのか?効果はあるのか?など心配は尽きませんよ [»続きを読む]

美容リサーチャー

いしだまえ

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録